Diary

渡辺家のファミリー日記です。

カーターファミリー覚書

2020年06月24日 01時03分58秒 | ブルーグラス

Facebook で「アルバム10枚10日連続10人運動」というのをしました。
毎日1枚ずつ、10日連続でお気に入りのアルバムを紹介するという企画です。
10枚を選ぶのはとても厳しかった~ 少なくとも、あと Kitty Wells 、デリア・ベル、モリィ・オディは紹介したかったです。。。
その企画でカーターファミリーも取り上げたくて、いろいろ調べたりもしたのですが、やはり枠におさまりきれない気がして外しました。Box CDでまとめて紹介しようかとも思いましたが、このBoxセットだけでも CD12枚、200ページを超えるブックレットというものすごいボリュームですから。

BCD 15865 LK   The Carter Family 「In The Shadow of Clinch Mountain」



調べたこと、どこかにまとめておかないと時間が経つと忘れてしまうので、自分のための『覚書』としてここに残します。

◇家族関係




◇AP と サラ の出会い

https://www.udiscovermusic.jp/features/a-family-affair

<以下 引用>
訪問販売のセールスマンだったアルヴィン・カーターは、ヴァージニア州のある一軒の家の前庭に足を踏み入れた時、5バーのオートハープ(訳注:19世紀にドイツ人のツィマーマンが発明したと言われる楽器。日本の琴に似た構造の板状楽器だが、コードバーと呼ばれる棒状の木が横に、弦がタテに張られており、コードバーの数でプレイできるコードの種類が決まる。コード名の書かれたボタンを押し、弦をかき鳴らしてリュートのようにプレイする)を弾きながら、機関車の事故を描いた定番曲「Engine 143」を歌うティーンエイジャーのサラ・ドハーティーという娘に出逢った。この1914年の偶然の出会い、そして一年後の彼らの結婚が、その後一世紀以上にわたるカントリー・ミュージックの歴史の中で連綿と受け継がれることになった音楽一家の出発点だった。

◇AP と サラ の別れ

参考URL    http://sasayuri-net.jp/users/seata-28/12_Carter.html

APが歌を探す旅に出て不在になることが多くなった時期、サラを助けるよう父方のいとこのコーイ・ベイに留守番を頼みます。が、そのコーイ・ベイとサラが恋に落ちてしまいました。APはショックを受け、周りの親戚は2人を離した方がいいとしてコーイ・ベイはカリフォルニアに越します。(1933年)
その後、1936年に離婚成立。カーターファミリーとして音楽活動を続ける中、1939年2月に「次の曲をカリフォルニアにいる、コーイ・ベイに捧げます」とAPの目の前でサラは語って「I'm Thinking Tonight of My Blue Eyes」を歌ったそうです。。。

◇AP の埋葬地

Mt. Vernon Methodist Church

アメリカ合衆国バージニア州メイススプリングにある歴史的なメソジスト教会

4977 A.P. Carter Hwy Hiltons VA 24258 United States




Carter Family Fold と Mt. Vernon Methodist Church は同じ APカーター・ハイウェイ沿いにあります。


History Of Country Music 01 Carter Family

 

コメント

梅酒とチェリー酒

2020年06月09日 17時29分23秒 | Weblog

6月に入って、今年も庭の紫陽花が綺麗に咲きました。



作れば作っただけ飲んでしまうから・・・と昨年は仕込みませんでしたが、今年は時間に余裕があるので梅酒を作りました。





初めてアメリカンチェリーも仕込んでみました。軸ごと漬けてしまったのですが、取った方がいいみたいですね・・・
今から取り出しても大丈夫かしら。



追記
割り箸で取り出して軸をとりました。6/7(日)に仕込んだのでまだ2日ですが、すでに色が出始めてます


 

 

 

コメント

「カノン」テレワークで弾いてみた

2020年05月13日 17時42分06秒 | Weblog

クラッシックのバイオリン演奏は聴かないのですが、これは素敵
元気をもらえます。生で聴いたら凄いんでしょうね~

高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト「カノン」テレワークで弾いてみた

コメント

アルスラーン戦記

2020年05月06日 21時14分35秒 | コミック

連休のおうち時間を利用して「アルスラーン戦記」の一気読みをしました。
別冊少年マガジンで連載中で最新13巻が5/8に発売予定。

「パルス」という強国とその周りの国々との戦いが中世騎士のような世界観の中で繰り広げられて行きます。
武器は剣や弓で、戦闘は騎馬戦(一部の国は象にも乗ります)や城をめぐる攻防。
登場人物がかなり多いのですが、そのキャラクターがそれぞれ皆魅力いっぱい荒川弘の作画も素晴らしくて、追いかけたい作品の1つになりました。

ここからはネタバレになるので、ネタバレ反対の方は避けてください。


12巻まで一気に読んで、「戦記」ですからストーリーが盛り上がってくるにつれて戦いの結末がとても気になります。
この「アルスラーン戦記」は原作小説があって、そちらは既に完結してると知ったので“あら筋”と“結末”をチェックしてしまいました。
原作小説の著者は田中芳樹。1986年8月の第1巻発売から最終の第16巻まで、なんと31年をかけて完結したそうです。
2部構成で、14歳のアルスラーンの初陣から王都の陥落、そして奪還までを描いた原作1~7巻が第1部。国王となったアルスラーンの治世と、それを脅かす魔族との戦いを描いた8~16巻が第2部。
ショックだったのは、著者は「皆殺しの田中」とファンから呼ばれるほど、主役・脇役に関係なくキャラクターを死なせてしまうそうで、最終巻ではほぼ全員が命を落としているそうなんです・・・
最強の剣士ドリューンも、天才軍師ナルサスも対人間だからこそ最強で天才でいられるけれど、空から飛んでくる魔族のモンスターに対してはどうにもなりないようで。主人公のアルスラーンも19歳という若さで死んでしまうそうで、大好きになったキャラクター達を追いかけようーーーと楽しみにしていた私には悲し過ぎる展開。「戦記」ですから戦いの中で命を落としてしまうのはある程度しかたのないことなのですが。。。

自分の気持ちが元気で世の中の状況が落ち着いている時なら、次々と登場人物が命を落としていく展開もそれなりに受け止められますが、今のウィルス禍の状況では気持ちが負けてしまいそうです。

王都エクバターナを奪還し、アルスラーンが王に即位する原作第1部までを見届けて、第2部は知らなかったことにしようと決めました。

今日で今年の連休はおしまい。明日からまたお仕事です。


コメント

おうちで飲もう

2020年04月26日 10時15分07秒 | Weblog

外出自粛で外飲みが出来なくなってから家で飲んでるいろいろ。

黒帯 悠々 特別純米 金沢のお酒

近くのイオン系スーパーで安値で購入。チリワイン i8  白

私の還暦誕生日に長男が買ってきてくれたフロンテラ。「赤」のチリワイン

ダンナが買ってきてくれた不二家のケーキを缶チューハイでいただいた後、チリワインの歌を聴きながら飲みました。

チリワインの歌

アマレット。杏仁豆腐のような香りがする甘~いリキュール。ロックでいただくとデザートを飲んでるみたい。

樽に3年仕込んだ芋焼酎 田苑 エンヴェレシーダ。焼酎なのにウィスキーのような色。

前に美味しく飲んだアイスワインをリピート。アイスワインは寒冷地で自然凍結されたブドウの実だけで造るワイン。濃厚・芳醇です。

 

 

 

 

コメント

あまびえちゃん 編みぐるみ

2020年04月21日 23時15分45秒 | お針部屋

疫病退散の御利益があるという妖怪「あまびえ」、今度は編みぐるみを作ってみました。
前回の反省を活かして髪はストレート、お肌は色白にしました。
4/7の緊急事態宣言から2週間。そろそろ都内の感染者数が減少を見せてほしいですね。
川口市では済生会川口総合病院、工業病院と身近な所で感染者が出てしまったようです。今、病院へ行くのが一番怖いかもしれません。

コメント

あまびえちゃん

2020年04月11日 23時08分06秒 | お針部屋

「あまびえ」--- 江戸時代、熊本の海に現れ「疫病が流行ったら私の写し絵を早々に人々に見せよ」と言って海中に姿を消した妖怪。新型コロナウィルスの感染が拡大している今、疫病退散のお守りに、と話題になってます。とがったくちばしに、ぎょろっとした目、うろこだらけの人魚のような姿で水木しげるさんも描いてます。

https://maidonanews.jp/article/13241786

「コルウス」に使ったビーズの残りで作ってみました。

ボディのウロコの部分にスパンコールを使って、こんな感じに仕上がりました。後から見つけたお友達のお嬢さんが描いたあまびえちゃんがとてもキュートで、あんな風に作れれば良かったと反省。髪はサラサラのストレートで顔の色はベージュか肌色にすればもっと可愛くなったかしら。
こちらのタワーレコードのギャラリーにいろんなあまびえちゃんが並んでます。

https://tower.jp/site/gallery/amabie?kid=psgw12

ブローチに仕立ててトートバッグにつけました。お守りとして持ち歩くのが目的なのでこれで良しとします~

コメント

大寒桜 

2020年04月08日 17時49分23秒 | Weblog

ホワイトデーにといただいた桜のカクテルキット。乾燥した桜の花、葉、シナモン、パイナップルなどがセットされた瓶に日本酒を注ぎます。冷蔵庫で冷やして4時間、角砂糖が溶けたら出来上がり。

桜の花と葉がほんのり塩漬けだったようで、桜餅を呑んでるような味わいでした









埼玉高速鉄道・川口元郷駅周辺の大寒桜。毎年早い時期から咲きますが、今年は2月の20日過ぎから花がほころび始めました。

2/23 咲き始めの頃。

3/5の仕事帰り。満開。


コメント

運河の紅カモメ@おーるどタイム

2020年04月05日 01時33分17秒 | Weblog

3/3(火)「運河の紅カモメ」1st CD 『Corvus』発売記念ライブを聴きに、「おーるどタイム」へ行って来ました。

小松崎健さん・ハンマーダルシマー、浜田隆史さん・ギター、三好紅(はな)さん・ヴィオラのトリオです。



CD収録全15曲のうち、小松崎さん作曲が4曲で浜田さん作曲が9曲。紅さんはアレンジとジャケットデザインをされてます。3人が3人とも高い音楽スキルを持ってらっしゃるから、聴かせてくれる楽曲の1つ1つがどれも全て上質な仕上がり。「虎杖(イタドリ)」という曲は浜田さん作曲で「運河のカモメ」でもやっていたけれど、今回聴いてるとまるで最初からヴィオラのために書いた曲のよう。「能見台」も、もともとお洒落でシャンソンっぽい雰囲気の曲でしたが、紅さんが加わったら彩り鮮やかなヨーロッパの街並みが映像で浮かんでくるようでした。マイクやアンプを通さない生音の響きも心地良くて、素晴らしいライブでした。

皆さんからサインをゲット。



ジャケットデザインのビーズ刺繍も完成したので、直接ケンさんに渡せました。デザインした紅さん、このジャケット画の中に収録15曲を全て描いたそうです(スゴイ)。カブトガニをボタンで表したのはデザイナーさんの意図とは違ってしまったかな。。。すみません。でも、「おーるどタイム」の後もツアーが続いたのですが、ずっとその後の会場にもこのビーズコルウスを飾ってくれてました。嬉しかったです。ありがとう~



こちらは紅さん専用。紅色カモメのバッチです。



ビース刺繍制作の途中経過、You Tube にアップしたのでリンクします。BGMは当日演奏の「コルウス」です。

1st CDの発売おめでとうございます そして素敵な演奏をありがとうございました

ビーズcorus

コメント

ハーツ&フラワー ミニライブ

2020年03月30日 01時44分44秒 | ブルーグラス

3/1(日) NTセレンディピティさんとジョイントライブを予定していましたが、ウィルス感染が懸念される状況下のため残念ですが中止とさせていただきました。


替わりに身近な音楽仲間の皆さんに声をかけ、ハーツ&フラワー単独でミニライブとジャム会を行いました。
ハーツで当日演奏予定だった曲目を演奏、その後お越しくださった皆さんに演奏していただきました

2月に北欧伝承歌のライブに行った時、歌詞と日本語訳を掲載した小冊子がとても良かったので自分のライブをやれる時があったら私も用意してみよう---と思っていたのですが、今回は時間が足りず、3曲しか用意出来ませんでした。次回、機会があったら予定演奏曲目の完全版を準備したいな。。。

当日集まってくれた音楽仲間の皆さん。



以下2枚のお写真はリーダーのFacebook投稿分からいただいてます。
小平から来てくださったM雪さんと The Green Rolling Hills of West Virginia を一緒に歌いました。嬉しかったです。ありがとう~ 是非また御一緒しましょうね



そしてこの日一番嬉しかったのが、いつも仲良くしていただいてる大好きな音楽仲間の皆さんと一緒に『桜の樹の下で』を演奏出来たこと  いろいろ不安な状況の中、楽器を持って来てくれて一緒に演奏してくれて本当にありがとうございました。3月のこの時期に「桜」を歌えて幸せでした。

「おーるどタイム」で出会った人、出会った曲---1人ずつ1曲ずつが積み重なってずいぶん増えました。どれもみんな大事な宝物。『桜の樹の下で』も「おーるどタイム」と関わってなければ出会ってませんでした。出会いの場所を開いてくれてるマスターとママ、そこに集う素敵な音楽仲間の皆さんにあらためて感謝です。

桜の樹の下で 

コメント