不妊症・婦人科疾患等専門田園都市線青葉台駅徒歩4分 鍼灸マッサージ治療室ラピュール

妊活・不妊・不育症対策・婦人科疾患・冷え性・体質改善・自律神経失調症・肩こり・腰痛・頭痛等女性専門鍼灸マッサージ治療室。

女性に置きやすい睡眠障害

2021-09-10 20:08:43 | ブログ(健康・美容)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


リモートや外出自粛で運動不足気味の今日この頃、よい睡眠取れていますか?リモート、運動不足以外にも、女性特有の生理(月経)、妊娠・出産、更年期などに関連した睡眠障害もあります。

 妊娠中にも眠気は強くなります。妊娠中に大量に分泌されるプロゲステロンやエストロゲンや、母乳分泌を促進するプロラクチンなどが原因と言われています。
妊娠後期には、赤ちゃんが大きくなり、腹部を圧迫するので 仰向けで寝るのが困難になりやすくなります。夜間のおトイレ、睡眠中のこむら返り、レストレスレッグス症候群(脚のムズムズ感による不眠)なども睡眠の質の低下を招きます。

 また、産前や産後にはいろいろな不安から、不眠が悪化することもあります。これはマタニティーブルーと言われるものです。不眠が強い女性はさらに症状が強まり産後うつに陥りやすいことも分かっています。
更年期障害でも、ほてりやのぼせ、汗かきなどのほか、更年期障害を訴える女性の半数以上が、寝つきの悪さ(入眠困難)や夜中の目覚め(中途覚醒)などの不眠症状に悩まされます。

このように、女性は成長、妊娠・出産、加齢の各ライフステージで特有の睡眠障害に悩まされています。(睡眠時間は男性より短いのだそうです)
睡眠は覚醒の後にやって来ます。

なんとなく眠気が取れず、一日中非活動的にすごしていると、いつまでもボーっとした状態のままになりがちです。
もし、運動ができるのでしたら、ウォーキングでもラジオ体操でもヨガやストレッチでも構いません。体を動かしてみましょう。軽くでもOK!朝はヨガ、暑さが和らぐ夜にウォーキングやラジオ体操、寝る前にストレッチのように組み合わせたら、最高です!
水分補給も忘れずに!!
それでもダメでしたら、鍼灸施術を~


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

がん治療とワクチン接種

2021-09-07 19:59:42 | ブログ(健康・美容)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


新型コロナウイルスのワクチン接種率が順調に上がってきています。
副反応が心配でまだ接種をためらっている方は、受けた方がいいと思います。
また、病気加療中でワクチン接種ができるのかどうかわからない方は、面倒がらずに担当医に相談しましょう。

病気加療中のなかには、がん患者さんも多いと思います。
治療で気分が晴れない中、副反応の心配で「受けたくない」と思われるかもしれません。
ほかに「抗がん剤・ホルモン療法・放射線治療・手術などを行っているまたは予定」で、受けない方がいいと思っている方もおられるのではないでしょうか?
専門家によれば
『ワクチン接種をしない方がいい人はほとんどいない』
ということですから、接種を受ける方向で担当医に相談しましょう。

ポイントは
・抗がん剤によって、また吐き気を抑えるためのステロイドなどはワクチン効果が減弱する可能性があります。
・白血球が最も下がるときは接種を避けた方がよいようです。
以上のことから「接種してもよいのか」「どのタイミングでワクチンを接種した方がよいのか」を聞きましょう。

また副反応の発熱・倦怠感は1~2日で治まることが多いようですが
・ワクチン接種は抗がん剤投与日の前後2日ほどは避け、合間で体調の良い日を選ぶ。
・分子標的治療薬、免疫チェックポイント阻害薬、内服の抗がん剤、ホルモン療法などでは、副作用が起きたときを考え、病院に行く予定の日の直前は避ける。
・手術の予定がある場合は直前の接種は避けた方がよい。
とのことです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

感染妊婦、この症状なら迷わず119番

2021-08-23 20:19:13 | ブログ(妊娠・出産)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


先日、新型コロナウイルスに感染した妊婦さんが早産し、新生児が死亡するという痛ましいことが起きてしまいました。
この話を聞いた妊婦さんは、大変怖く思ったことと思います。
同様のことは身近に起きている、ただ自分の耳に入っていないだけ…と思った方良いと思います。
こちら横浜でも、感染した妊婦さんがかかりつけの産科で受診することができず別の病院に搬送されたという話を複数件聞いています。
もし、妊娠された方、妊活の方、移植を予定されている方で、ワクチン接種を悩んでいるのでしたら、受けることをお勧めします。
「陽性で健診を受けられず、赤ちゃんがとても心配だった」
リモートワークで買い物も最小限にし細心の注意を払っていた方の言葉です。それでも感染してしまうのです。
ワクチンで感染を防ぐことはできませんが、重症化はしないと言われています。デルタ株は、私たちが思っているより強力です。
重症化しないよう、備えも必要です。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゴルゴ13も接種済み

2021-08-15 19:53:10 | ブログ(健康・美容)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


副反応やいかに!?


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

妊婦さんのワクチン接種

2021-08-14 19:40:59 | ブログ(妊娠・出産)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


8月1日(日)に2回目のワクチンを接種してきました。
1回目の時は、注射部分のみ痛みが出た程度で大した副反応はありませんでしたので、
2回目もでないだろうと根拠のない自信で,
翌月曜も月曜も通常通りご予約を賜っておりました。

しかし、屈強な体の友人が「2回目で頭痛・発熱・悪寒」とSNSで言っていたので、急に自身がなくなり、
月曜にご予約をいただいた患者様には事情を話し、急遽変更をお願いしました。
お蔭様で、何事もなく過ごすことができました。
ご変更していただきましたみなさま、ご迷惑をおかけしました。
ありがとうございました。

ところで、こちらの治療室のご懐妊・移植待ちの患者さんたちは、
7月初めくらいでしたら「出産してから接種します」という方がほとんどでしたが、
7月中旬あたりから「移植の前に打っておこうかと…」との考えに変わり、
現在、接種できるところを探しておられます。
実際に「陽性反応がでてしまったので、妊婦健診に行けなかった」というお話を耳にしたり、
「陽性だったので入院できなかった」というネット記事を見て、
患者さんには「ワクチン接種を考えてもいいかもしれませんね」とお話をしておりました。

今日いらしたご懐妊の患者さんは、病院の方から「接種をするように」との連絡があり、
病院でワクチン接種を済ませそうです。
接種できる機会がありましたら、受けておくことをお勧めします。 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチン注射1本目、接種してきました!

2021-07-13 20:35:03 | ブログ(健康・美容)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


先日、予約した新型コロナウイルスワクチン1本目を接種してきました。
クリニックでの個別接種でしたので、待合室や接種後の待機も少人数で安心でした。
鎮痛解熱剤も無料で配布で配布され、至れり尽くせり。
で、ワクチン接種はどう言う感じだったかと言うと…


注射はいわゆるフツーの注射で、特別痛い!とかはなし。
副反応も数時間後から肩に違和感を感じはじめ、洋服の脱ぎ着時など動かすときに打ち身のような痛みを感じ、その時に「そうだ、注射したんだった」と思い出す程度で、生活に支障はありません。


発熱も倦怠感もなく、翌日は全く普通に仕事ができ、接種後1日半経って、ようやく肩の打ち身のような痛みが和らぎ始めた感じです。
私の場合はそんな感じでしたが、副反応は人それぞれですので、心配な方は翌日お休みをしたほうがいいかもしれません。


さて前回少しお話しした、過去に受けた筋肉注射での副反応のお話。
それは20年ほど前に受けたインフルエンザワクチン。
通常は静脈注射なのですが、先生に「筋注と静注、どっちがいい?」と聞かれ、
何の考えもなく「じゃ、筋注で💉」と言ってみたはいいのですが、
この時の副反応がヒドかった…


まず、注射後の痛み、つまり肩の痛みが時間が経つにつれ強まってきました。
「翌日には治まるだろう」と思っていたのですが、発痛と発赤が翌日翌々日まで続き、
発痛は肩のみならず腕や首・耳まで及び、いやーまいりました💦
でも、寝込むこともなく3日目には完全に回復。


そんな経験をしてましたから、今回のコロナワクチンも同様かと思っていましたが、全く問題なし。
ですが1本目より2本目の方が副反応が出やすいらしいので、覚悟はしたままです。
早く2本目を済ませ、患者様にも安心安全な施術を心がけたいと思います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

もうすぐワクチン接種

2021-07-10 20:43:57 | ブログ(健康・美容)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com

高齢者以外のワクチン接種が始まりましたね。
我が家では、高齢の母が先日無事に無事に2本目の接種が済みました。
翌朝、母に副反応について聞きましたら
「なーんにも(ない)。これからかもしれないけど」と申していました。
母は幸いにも、副反応は出ないタイプのようです。
(高齢者には副反応が出にくいとの情報もありますね)
もし痛みや発熱があっても、鎮痛解熱剤を常備してあり、
それを飲むよう言ってありますので、特に心配はないようです。

さて、私にも接種券が届きまして予約をしました。
日曜日も接種できるとのことで、仕事を休まずに受けられるのはありがたいことです。
こういう仕事ですからずっと接種を望んでいましたので、ちょっとわくわくしています。
副反応はだいたい想像できます。
20年ほど前に似たような経験をしていますから…
そのことはまた追って…
では、日曜日行って参ります(^^♪


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自己判断は危険!妊娠中のお薬

2021-06-19 20:57:45 | ブログ(妊娠・出産)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com

このコロナ禍ですが、当治療室での不妊鍼灸を受けた方たちのご懐妊が重なりうれしい限り。
不妊クリニックをご卒業し、次は産科をどこにしようか迷われている方たちに水を差すようですが、必ずお伝えすることがあります。
「お薬に気をつけて!」と。

つい妊娠前の習慣で、いつも通り市販薬を利用したりしてしまう方が案外多いので言わせていただいているのです。
ここに簡単ですが気をつけたいことを列挙すると…

・妊娠中期以降のロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬。胎児の動脈管収縮などの報告があり、使用が制限されている。
・抗生物質は、ニューキノロン系以外は安全と言われている。
・市販薬は、同じ名前でも含有成分が異なる場合がある。
・ヨードを含んだうがい薬や噴霧薬での予防は、胎児の甲状腺機能に異常をきたす可能性があるのでやめる。
・てんかんの持病がある人は、妊娠前に主治医に相談する。
・抗不安薬を服用している人は、出産前に産科医に伝えること。新生児に震えなどの離脱症状が出る場合がある。

などです。
できるだけ主治医や産科医に薬を処方してもらい、やむを得ない場合はネットなどの情報に振り回されず、主治医や産科医に相談しましょう。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

睡眠負債に気をつけて!

2021-06-16 19:53:03 | ブログ(健康・美容)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


昨夜、久しぶりに7時間も寝てしまいました。
ぐっすり眠り問題なく起床できたのでいいのですが、7時間も寝たのは何年ぶりか…というくらい、私はショートスリーパーなのです。
いつもはだいたい3時間から3時間半くらい。4時間寝ると「良く寝たな」と言う感じです。
ひどいと2時間半が続くこともあります。
これ、自慢してるわけではありません。
絶対に健康よくありません。自分で心配になってしまいます。
そのせいでしょうか?血圧が高くなってきました。
今のところその程度で済んでいますが、脳や心臓、内臓に絶対に悪影響を及ぼすこと必至です。仕事に支障を来すのではないかとそのことも心配です。
先ほど“ショートスリーパーです”と言いましたが、ショートスリーパーでも健康に害を及ぼさない方もいらっしゃるそうなので、私の場合は“睡眠負債者です”が正解かもしれません。
よく『睡眠は量でなく質』といいますが、私は寝つきが悪く寝ている間も頭の中では何かしら思い巡らせているので脳は休んでおらず、量だけでなく質も悪い状態です。健康に害を及ぼさないショートスリーパーは、睡眠の質がいいのでしょうね。

と、これを読んで皆さんの睡眠はいかがでしょうか?
海外の研究で、6時間睡眠の生活が2週間続いた時の脳の機能は、2日徹夜した後と同程度まで下がることがわかっています。
睡眠負債の蓄積が、がんや糖尿病、高血圧、心筋 梗塞こうそく 、うつ病、認知症など多くの病気の発症リスクを高めるそうで、私の高血圧もどうも睡眠負債が関係してるようです。
睡眠不足を休日などで寝だめして「負債を返済してる」とお思いの方、そのために睡眠の質を低下させ睡眠不足を招いて悪循環になっているかもしれません。
質の良い睡眠を確保するため、眠気のリズムに合わせて生活するように暮らしの工夫をしていきましょう。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナワクチンの筋肉注射って…?

2021-05-31 20:20:07 | ブログ(健康・美容)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


コロナワクチンの接種が始まりましたね。
我が家でも、80代の母が明日集団接種を受ける予定です。

さて、コロナワクチンの接種でよく「筋肉注射」という言葉を聞くと思います。
インフルエンザワクチンの注射は皮膚の下の皮下脂肪に注射する「皮下注射」ですが、
今回のコロナワクチンの注射は、肩の付け根の三角筋の皮膚の下の皮下脂肪のさらに下の筋肉に注射をします。
インフルエンザワクチンより深い目です。

筋肉注射には「筋肉には血管が多く、薬液の吸収が速い」というメリットがあります。
注射後は、副反応の経過観察をします。
副反応の重症は「アナフィラキシー」です。接種後15~30分後に現れるそうです。
「痛み」は9割「赤み」「腫れ」はおよそ1割に人にみられそうですが、2日ほどで治まるそうです。
2回目の接種では「発熱」3割「倦怠感」6割と、その傾向が強く出るそうですが、
これらの症状は、体内で免疫ができるための反応ですから、
仕事などは休める状態にした方がいいかもしれません。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

妊婦さんにおすすめローズヒップティー♪

2021-05-15 20:25:26 | ブログ(妊娠・出産)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


妊娠中の体調の変化や心の安定のケアに悩んだら…そんな時はさまざまなハーブティーが役立ちます。
中でも、体の変化や栄養バランスに配慮したい妊娠中期におすすめしたいのが、
『ローズヒップティー』🌹
ローズヒップには次のような栄養があります。
【主な栄養分】
・ビタミンC(レモンの約20倍以上)
・ビタミンP
・ビタミンE
・ビタミンA(ほうれん草の約2倍以上)
・ビタミンB1・B2
・食物繊維
・鉄分(ほうれん草の約2倍以上)
・カルシウム(牛乳の約8倍以上)
・ポリフェノール(ほうれん草の2倍以上)
・リコピン(トマトの約8倍以上)
・βカロテン(トマトの約20倍以上)
・マンガン(わかめの約2倍以上)
・ナトリウム
・ペクチン
・フラボノイド
栄養豊富、すごいですね♪
またローズヒップには次のような効果があります。

1.美肌効果
コラーゲン生成に欠かせない豊富なビタミンCが、シミ・シワをできにくい肌へと導きます。
ビタミンCに加え、ビタミンA・ビタミンE・リコピンなど抗酸化作用をもつ成分が豊富に含まれており、肌のターンオーバーを促進して健康な状態を維持します。
さらにビタミンEには、紫外線から肌を守る効果もあります。

2.便秘解消・腸内環境を整える
ローズヒップには、腸への効能を期待できる、食物繊維などの栄養分がたっぷり。
便通を促し、腸内環境を整えるのに役立ちます。

3.ホルモンバランスを整える
女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの材料になるのが、ビタミンE です。
ビタミンE は女性ホルモンのバランスを整え、生理痛の軽減や月経トラブルの改善などに役立ちます。
またビタミン・カルシウムにはストレスを抑える効果があり、生理時のイライラ軽減にも効果的です。

4.貧血予防
ローズヒップは貧血予防に欠かせない鉄も含んでいて、豊富なビタミンcとともに吸収されるので効率が良いです。
貧血予防だけでなく、お肌のキメを整えるコラーゲンの合成も促進されやすくなります。
 
5.疲労回復・風邪予防
豊富なビタミンCが、疲労の回復を早めてくれます。
また免疫力・殺菌力を高める栄養分も豊富。
風邪予防にも効果を発揮し、体内の新陳代謝もよくしてくれます。

6.骨を丈夫にする
豊富に含まれているカルシウムが、骨を丈夫にしてくれます。

7.利尿作用
利用作用のあるペクチンやフラボノイドにより、むくみを改善するだけではなく、体内の老廃物を排出するデトックス効果も期待できます。

ローズヒップには豊富なビタミン群だけではなく、不足しがちな鉄分やミネラルなども含まれています。
これらの豊富な栄養分には、美肌を目指せる美容効果とともに、妊娠中に起こりがちな便秘を解消したり、免疫力を高めてくれたりする効果も期待できるのです。
さらにストレスの軽減にも効果を発揮。
ローズヒップティーは妊娠中の体のケアはもちろん、心のケアもしてくれるのです。
ローズヒップティーはノンカフェインなので、妊娠中でも安心して飲めますよ。

飲んだ後の残った実の方には70~80%もの栄養が残ってますから、ぜひ柔らかくなった実もいっしょに食べましょう。
1日3杯程度、3か月ほど続けると効果が表れるそうですよ。

なお、飲み過ぎはお腹を下したり腎臓に負担がかかることがありますので、くれぐれも注意してください。

この記事を書いていたら、私のローズヒップティーがいい塩梅に蒸れてきたようです。
では、私もいただきます。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

それ、お薬のせいかも…?

2021-05-12 20:11:35 | ブログ(妊活・体づくり)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


不妊治療で使うお薬で『エストラーナテープ』という貼り薬があります。
体外受精で胚移植を行うときによく使われます。

卵胞ホルモンの働きにより、月経周期の前半は子宮内膜を厚くして受精卵の着床の準備、月経周期の後半は黄体ホルモンとともに働いて子宮内膜を受精卵が着床できる状態を維持するために、使われます。
この貼り薬『エストラーナテープ』ですが、ほとんどの方には起こらないようですが、実は副作用があります。

当治療室で、『エストラーナテープ』使用中の患者さんにこむら返りのような症状が出てしまい「担当医に相談してみて」と言ったところ、「それは気のせい」と言われてしまったそう。
やはり同じ症状が出た患者さんも担当医に言ったところ「そういうのは聞いたことがない」とそれ以上はわからずじまい。しかし、ご自分で調べたところ『エストラーナテープ』には“片方の足の急激な痛みや腫れ”や“手足のまひやしびれ”“胸の痛み””呼吸困難”などの副作用があることがわかり、ご自分に起こっていることもこの副作用であることがわかり、安心されたとのこと。

この一件がありましたので、ほかの『エストラーナテープ』を使っている患者さんに聞いてみたところ、案外このこむら返りのような症状を自覚されている方が多く、「副作用の一つのようですよ」とお伝えすると、みなさん安心されます。

ほかに、副作用が原因とみられる「不整脈治療薬を飲み始めたらめまいを起こし始めた」「口の中が苦いので逆流性食道炎を疑い胃酸を抑える薬を服用、改善が見られず、その後眼科で処方された点眼薬が原因と判明」など、一見別の病気を併発したようでも、お薬を替えたら症状が治まることがあるようです。

もし何かのお薬を服用し別の症状を自覚したら、薬の副作用について専門性の高い薬剤師さんに相談してみましょう。
お薬は少ないほうが、副作用の危険が減ります。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夢見が悪い時は…

2021-05-10 20:29:56 | ブログ(健康・美容)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


今年も我慢のGWでしたね…。
4月から環境が変わり、リモートワークでもそうでなくても、
日々のストレスを、本当でしたらGWで発散して、
心新たに仕事に勉強に臨みたいところですが、かないそうにないようです。
昼間は緊張していても、夜ぐっすり眠れればすこしはストレスを緩和できますが、実は私はそれができません。

この仕事を16年以上続けていますが、患者さんのお身体に関わることですから、
緊張を強いられますし、プライベートでも(いやこちらの方がより強く)なんやかんやとストレスが溜まります。
夜ベッドに入り目をつむると、いろいろなことを思い出してなかなか寝付けませんし、
寝ても眠りが浅いので朝は「はぁ、しんど…」。
患者さんとお会いすると元気になりますが、うちに帰り夜は寝付けない…の繰り返しです。
たまに寝ても、変な夢を見てしまいます。
そんな時は目が覚めていつも思うのです、「夢くらいいいのを見させてよ…」

さて、私のグチはこれくらいにして、
悪い夢に悩まさせているのでしたら、次のことを試してみてください。

①緊張で凝り固まった体をほぐす
「ぬるめのお風呂に入る」「ゆるゆるストレッチまたはヨガをする」とカラダがほぐれて気持ちよくなります。ストレッチとヨガは、元々体が硬い方は少し伸ばす程度で、痛みが感じるのは伸ばしすぎで、逆効果。布団に入る前1分程度で効果ありますよ。

②楽しいこと、うれしいことを考える
過去に経験した、うれしかったこと・楽しかったことを思い出したり、私なんかは「こうなればいいな」「ああいうことをしてみたいな」など“妄想”してみます。憧れの船旅をしてみたい、もしも宝くじに当たったら…みたいな感じです。

③嫌な感情を断ち切る
布団に入るといろいろなことを思い出しますが、夜は特にネガティブは感情が起こるそうで、気に病むことが多くなります。その「いろいろなことを思い出す」ことを断ち切る習慣をつけましょう。これは訓練が必要になるかもしれません。ちょっと前に流行った「マインドフルネス」を実行するといいようです。私は息を吸う時ゆっくり「吸ーうー」と吐くときもゆっくり「吐ーくー」と心の中で静かにつぶやいています。これをすると嫌なことを思い出すことがなくなるので、いつの間にか眠ることができるようです。

嫌なことをズルズルと引きずり考えると、どうしても眠りが浅かったり、変な夢を見てしまったりします。上記のことを行って、緊張で固まってしまったカラダとココロをほぐし、よい睡眠を取るよう心がけましょう。
失敗してしまって眠れない時は「今度は失敗しませんように」
腹が立って眠れない時は「誰かが私の代わりに敵を取ってくれますように」
と願ってみる
怖くて眠れない、不安で眠れない時は、紙に文章でも言葉でも書き出してみる
悲しくて眠れない時は支えてくれる人たちを思い出し「ありがとう」と言ってみる
などなど、やってみるといいかもしれません。

「怖い」や「不安」は書き出したことを誰かに相談すると解決できるかもしれませんし、最後の「ありがとう」は腹が立った時も有効です、「あなたのようになっちゃいけないと教えてくれて『ありがとう』」みたいな…

なお、神経伝達物質に関係する薬を飲んでいる場合には、副作用で悪い夢をみることがあるので、主治医に相談してください。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワクチンで予防、子宮頸がん

2021-04-30 20:08:17 | ブログ(健康・美容)
閲覧ありがとうございます 
妊活・不妊症・冷え性・婦人科疾患専門 鍼灸マッサージ治療室ラピュール(HP) です 
お問い合わせはお気軽に ☎080-1256-4813 または lapure20050502@gmail.com


日本では年間約1万人の女性がかかり、約2900人が死亡する子宮頸がん。
原因の95%はHPV感染によるものとされています。
これは、1日当たり約8名が子宮頸がんで命を落としていることになります。亡くならないまでも、治療のために多くの女性が子宮摘出を余儀なくされています。最近は20~30代の子宮頸がんが増えており、このため妊娠や出産ができなくなる方も少なくありません。
この子宮頸がんを含むHPV感染症を予防するのがHPVワクチンです。

これまで多くの研究から、HPVワクチン接種がHPV感染を予防することが分かっています。2020年10月に発表されたスウェーデンの研究から、ワクチン接種により子宮頸がんのリスクが63%低下する(かかるリスクが1/3になる)ことが報告されました。特に17歳以下で接種した場合にはリスクが88%低下(かかるリスクが約1/10)と、非常に効果が高いことも分かりました。

またHPV感染症は子宮頸がんだけでなく、咽頭がんなどの原因にもなっています。このなかで特に中咽頭がんはHPVが大きく関わっているとされていますが、このがんは圧倒的に男性にできやすいのです。海外では学童女児だけでなく、男子も定期接種となっている国(ニュージーランド)もあります。男性にも接種することで、女性にHPVを感染させることを予防するだけでなく、男性のがんも防ぐ効果があるのですね。

自分の体に打つ予防接種。よく知らなければ打とうと思えないのは当然です。「まずは正確な知識を知る」ことが第一歩だと思います。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

妊婦さんの便秘予防

2021-04-26 19:47:59 | ブログ(健康・美容)
妊娠中に起きるトラブルはさまざまですが、便秘もその1つ。
その原因は
・ホルモンバランスの変化。分泌が盛んになるプロゲステロンが腸のぜん動運動の抑制するため便秘を引き起こす。
・つわりにより食事や水分が十分に摂れないため。
・運動不足のため大腸の活動が低下。
・大きくなった子宮が大腸を圧迫し動きを鈍化してしまう。

そうなるまえに次のことでぜひ予防を!
・こまめな水分補給
食物が腸を通りやすくするために、食事しながら水分を補給します。スープやお味噌汁を飲んだら、お水を軽く一口。冷たいものは内臓の働きを鈍らせるので温かいものを。塩分・糖分の過剰摂取を防ぐためにも、お水を飲みましょう。
・食物繊維、発酵食品の摂取
海藻類、果物類、きのこ類などに多く含まれる『水溶性食物繊維』は、水を吸収することで便の体積を増やし、便通を促します。なお海藻類には水溶性食物繊維が含まれている一方で、「ヨウ素」が含まれているため注意が必要です
また大麦や玄米、さつま芋、ごぼう、にんじん、ほうれんそう、小松菜などに含まれる『不溶性食物繊維』は多く含む食材を摂りすぎると逆効果となることがあるので注意しましょう。
腸内環境を整えるヨーグルトなどの発酵食品もおすすめです。
・適度な運動
無理のない範囲で軽いウォーキングやジョギング、ヨガやピラティス、マタニティビクスなどの体操もおすすめです。腹式呼吸を取り入れながらリラックスしておこなうのがコツです。運動前と後には、必ず水分補給をしてくださいね。
・腰やお腹を温める
濡れたバスタオルビニール袋に入れレンチンし、腰やお腹に置いて温めてるのもおススメです。

便秘が解消できない場合は、産婦人科でお薬を処方してもらいましょう。くれぐれも自己判断で服薬したり浣腸を使用したりしませんように。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする