ぶらり東京~23区巡り~

東京23区をぶらりと歩いた記録です。
が他にもいろいろ出歩いてますけど

凸凹ビル

2006年07月20日 | 中央区
ほとんどの道路脇にはビルが林立しています。
そしてその中の大半は何の特徴もないオフィスビルかと思いますが
中には珍しい形・色をしたビルを発見する事もあるでしょう。

キモイと思わず口ずさんでしまう形状のビルを見つけました。
なんか夢に出てきてうなされるくらいに印象が強いです。
(関係者の方には大変失礼ですが)


四角いブロックが凸凹になっていて、丸窓が目のようにも見えます。
気になったのでネットで検索をすると
「中銀カプセルタワービル」
用途は集合住宅でした、って事は人が住んでいるみたいです。
竣工は1972年
周囲は再開発が盛んに行われている事を考えると古参のビルと言えるでしょうね。
中銀カプセルタワービル
気になる点は他にもあったので再度訪れた時に記事にしたいですね♪

人気blogランキングへ
楽しめたら↑クリック↑お願いします。



コメント (12)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 山の上ホテル | トップ | 雁木・三年坂 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おぉ! (東京絵具)
2006-07-20 21:44:01
ホームズで物件を探していた時に偶然見つけて、

いつか行ってみたかったところです。

各部屋の蛍光灯が違えば、夜は綺麗なマンションに

なりそうですね(*^_^*)

カプセルタワー (東京人)
2006-07-21 21:48:06
>東京絵具さん



銀座・汐留とかに行った時についでに行くといいかもしれないですね。

実物には圧倒される存在感はあると思います。



上層階をよーく見ると赤と白の対照的な蛍光灯が見えますね

インパクトがあります (下町ウォーカー)
2006-07-22 12:01:09
こんにちは、東京人さん。



大工さんの息子殿が設計した建物ですね。

前衛的なデザインで、すご~く!インパクトがあります。

ホント、デザインには脱帽です。

わたしもいつも見入ってしまいます。



解体の話もあるのですが、

設計したご本人は、

「貴重な建物だからいつまでも残せ!」とダダをこね

ています(笑)

いつまで見られるのでしょうか!
解体? (東京人)
2006-07-23 07:17:26
下町ウォーカーさん、こんにちは!



へぇー解体話が出てるんですか

確かにこんな貴重なデザインの建造物ですから

ずっと保存してほしいでうね。

銀座って土地がネックになりそうです、解体→建て直しをすれば収益が上がりそうだし。



因みに、この建物をつい最近初めて知りました

偶然空を見上げたら「なんだアレ!」って感じに(笑)
船室 (mai)
2006-07-23 14:57:21
いつだったかテレビで、

『○万円で銀座に住めるマンション!』

みたいな題目で紹介されてた建物な気がします

(他に間違えようがないか)



中は4畳くらい、窓が丸いからまるで船室のようでしたよ

飛び出た部分、住むのにはちょっと怖くないのかな。。。?
正に船室 (東京人)
2006-07-23 15:33:39
maiさん、こんにちは!



絶対にそのTVのと同一物件だと思いますよ。

今時銀座に6万5千円(ネット情報)で住めるなんて夢のようです。

下町の某駅1Rの我家より安いです

飛び出した部屋でダンスダンスレボリューションするには勇気がいりそうです(笑)
すごい (旅人)
2006-07-23 15:50:25
夜の撮影だからさらに不気味が拍車をかけるのでしょうか。

確かに気持ち悪いビル・・・とはいっても人が住んでいるんですよね。

1972年竣工だったら、その当時は斬新なデザインのビルだったんでしょうね。
斬新さ (東京人)
2006-07-23 21:05:20
旅人さん、こんばんは!



ホント何度見ても不気味なフォルムです。

まさかマンションだなんて想像も出来ません。

当時も斬新だし現在でも色褪せてない斬新さがありますよね。

カプセル! (夜景専科)
2006-07-25 18:54:44
10㎡足らずの小さなお部屋ですね。

オフィスにしたりしている人もいるみたいです。

住むには、ちょっと狭いですよねー。

ちなみに一階に、中身が見える展示用の

部屋があります。



ただし、今話題のアスベストが使われているらしく

その関係で建て替え騒動が起こっているようですね。

変わった建物なので、自分的にはちょっと好きです。
愛着が湧く (東京人)
2006-07-25 21:07:39
夜景専科さん、こんばんは!



あの狭いカプセルに住むには根性が要ると思います。

きっと建物に惚れた人々でないと息苦しくなりそうです。

一階の展示部屋は行って来ましたが中々興味深い物でしたよ。

最初は不気味で目を背けていましたが見ていくうちに愛着が湧いてきたので建替え話には残念です。

コメントを投稿

中央区」カテゴリの最新記事

トラックバック

奇抜なカプセルマンションも消える運命なのか? (ナナシ的エンタメすたいるNet)
銀座八丁目の外れというより汐留の目の鼻の先に 近未来のようなインパクト絶大のビルがあります。 鳥の巣箱のような形状が積み重ねたような 特異な外見のビル名は「中銀カプセルタワービル」。 建築家・黒川紀章の設計によって1972(昭和47)年に完成したビルで、 ...