日々記

ひびき

フルーツ

2012-09-26 | Weblog
子供の頃は果物をいろいろ食べたが
取分け桃への愛着は相当なものだった。
自分で買ったりはしないから、
「ああ、また誰かが桃をくれないかな」と子供心に思った。
成人するにつれて、果物を口にするのが面倒になってあまり食べなくなった。
甘いものに興味がなくなったのと、菓子類ばかり食べていたせいかも知らない。
ところが中年期に入ってから、果物をよく口にするようになった。
貰い物が多いが、自分でも時々買って食べることが多くなった。
バナナ、キウイ、オレンジなんかは年中あるし、
キウイはこの夏によく口にした。
この頃は、蜜柑や梨を食後に食べている。
デザートなんて洒落た感じではないが
飲んだあとに少し口に入れるとさっぱりしていい。
そういえば先日は無花果を食べた。
これからは、柿がおいしい季節だ。
いつだったが、桃がよくスーバーに出ていた頃
「ちぇっ、食いたいなあ。」と思ってみたが
一個が二百円も三百円もすると手が出ない。
貧乏性がこんなところにも出てきて、
「これ一個で、豆腐もキャベツも買えるもんな」と
どうしたってそっちを選んでしまう。
コメント (2)

夏の終わり

2012-09-21 | Weblog
お天気に誘われ、自転車で美術館に行ってきた。
水墨画展と、日本和紙絵画というのを観てきた。
ここでは、分かったような顔をして批評なんかしたくないし
適当な褒め言葉も知らないので率直に、すごい、が感想だった。
カミさんも「すごいね」「ふうん」「へぇ」というような感じだった。
和紙絵画で心に染み込んできた作品が一つあった。
「からまつの林」というタイトルだったと思うが、
からまつの並木に道がずっと続いているというものだった。
観ていて、北原白秋の「落葉松」を思い出した。
女流展なのでみんな女性が創作したものだが、
こんなしとやかな作品を創るのはどんな女性だろうかと思った。
帰り道に、別な場所で香炉などの作品が展示してあるのも観てきた。
お香なんかも売っていて、ふんわりいい匂いが漂っていた。
遅い昼飯に洋食屋へ入って、自分はカレー、カミさんはオムライスを注文した。
注文してからそういえば、密かに「オリジナルカレー」と言われている人のことを思い出した。
独自の加齢というわけだ。
このごろ、本当に朝晩は寒いなと思うほどになった。
処暑は遠に過ぎたが、それでも二三日前蝉が鳴くのを不意に聞いたから
今年はどうかしているに違いないぞと思った。



コメント

私のアイドル

2012-09-18 | Weblog
古いスクラップブックを整理していたら
三十年くらい前の切り抜きが出てきた。
そういえばと思って、当時友達とコンサートを隠し撮りした
カセットテープを引っ張り出して聴いてみた。
ちょっと信じられない話だが、
当時はウォークマンも持っていなかったので
それは大きなラジカセをロングコートに隠して持っていった。
そのおかげて録音状態は良かったが、
自分たちのうっとりしていてる声もしきりに入っている。
数枚の切り抜きはどれも懐かしかったが、
あれだけ熱を上げていた小泉今日子の切り抜きは一枚もファイルしてなかった。
コメント

2012-09-17 | Weblog
昨夜は貰い物の松茸で炊き込みご飯をして、
新物の秋刀魚が安価だったので秋らしくまとめた。
昨日、一昨日と酒は止めて飯をたらふく腹に詰め込んだ。
腹だけが何キロも太ったような気がしたので、
今朝は早くに起きて散歩をすることにした。
「少しも歩かないよりは少しくらい歩いたほうがいい」
何となく重たい足取りを自分自身で慰めながら歩いた。
河川敷を歩いていると、七十も過ぎた太公望が竿を垂れている。
他人が聞くと、荒々しいような方言でお喋りして笑い合っている。
釣れたかどうかは知らないが、見ているだけで安心な気持ちになってくる。
自分がまだ、今の背丈の半分くらいしかなかったころ
やっぱりこの場所で祖父が投網をしていたのを思い出す。
川の匂いと、爺さんたちの笑い声で帰り道の足取りが嘘みたいに軽くなった。
コメント

おでん屋

2012-09-16 | Weblog
友人に誘われて近所のおでん屋こ行った。
窓を開けていると、いい風が入ってきて酒がうまかった。
大根、はんぺん、つみれ、こんにゃく、ふきなど
定番のものをいただいて二時間ほどおしゃべりした。
も少し、ということで寄り道をした。
薬局屋で画家のМさんに会って、昼間に描いたデッサンを一枚貰った。
短パンを履いた女の子が自転車にまたがっている後姿を描いてあった。
すうっと伸びたアスパラガスのような細い足が今時の女の子をよく表している。
この人は身近な現実を瞬時に切り取って絵にしてしまう。
写真と違って、いろいろと想像させられるからいい。
自分もそんなふうにして、おでん屋の女将さんを描きたいと思った。
割烹着姿で、湯気の向こうではんぺんをつまんでいる姿がいいと思った。


コメント

のび太ラーメン

2012-09-12 | Weblog
どうということはないが、出来立てのラーメンよりも
しばらく放ったらかしておいたラーメンが好きだ。
猫舌ということもあるかも知れないが。
コメント

にわか雨

2012-09-05 | Weblog
先日、友人と東山魁夷展を観てきた。
帰り道、喫茶店で雑談していると雨が降ってきた。
二人とも傘を持たなかったので、しばらく待った。
だんだんと店内が雨宿りの恋人たちであふれてきたので席を譲った。
「軒下伝いに走るか」と土砂降りの中をふたりして駈けた。
僅かに走っただけで二人はずぶ濡れになった。
叩きつけるような雨を見て、友人が「魁夷の絵みたいやな」と呟いた。
その時一枚の絵を思い出していて、自分らは点景人物になっていると思った。
日曜の夕暮れ近くのことで、どちらからというわけでもなく「飲むか」
ということになって、まだ灯ったばかりの赤提灯へ入った。
コメント