日々記

ひびき

春の匂い

2018-04-14 | Weblog
今朝、いつもの河川敷を散歩したら
染井吉野は大方葉桜になって花をつけてないのも目立ってきた。
枝垂桜が散り際で小さな花弁が風に揺れてきれいだった。
今は八重桜が満開だが、自分としては色見がうるさくってあんまり好かない。
あちこちで小鳥が囀り、忙しなく枝から枝へ移動していた。
気になっていたヒメリンゴが可憐な花を咲かせ藤の花も目立ってきた。
「いいぞいいぞ、らしくなってきた。」
恐る恐るマスクを外して思い切り深呼吸してみる。
「うまいうまい、いい匂いがする」
花粉症もそろそろ終わりそうだ。
川風もいい匂いがする。
休みの間中、花の匂いでも嗅いでやろうか。
そういえば季節柄暖かくなってきて
事務員さんがいつもの強力な消臭剤を買ってきた。
焼け石に水なような気もするが、
エチケットを促す意味もあるんだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 冤罪のはじまり | トップ | リンゴの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事