日々記

ひびき

みかん

2017-12-23 | Weblog
今年の三月に湯河原の友達へ会いに行ったとき、
町中を車で走っていると蜜柑を販売している看板が目についた。
「持って帰りたいから適当なところへ寄ってくれ」というと
早速、農園を営んでいる後輩のところへ連絡して連れていってくれた。
もう時期は終わっているとかで、友達の顔もあって格安でどっさり譲ってくれた。
蜜柑好きだから、自分はもうこれだけで湯河原へ来た甲斐があったような気がした。
宿に着いてから一つ食べ、豪華な朝食にも蜜柑が数個付いていたので口に入れた。
帰りの車の中でも三つ四つと口に入れ「そんなに蜜柑好きやったんか」と同行の友人を呆れさせた。
その時、湯河原の友達が時期が来たらまた送るよ、と言ってくれて
つい先日ゆうパックでみかん箱が送られてきた。
ここ最近で、こんなに嬉しかったことはない。
みかん箱だし中身は蜜柑に決まっているがワクワクしながら開封した。
手始めに一つ食べ、ご飯のあとにまた一つ食べた。
朝、起きて土間に置いておいたみかん箱を見てにやつき、起きがけに一つ食べた。
友達のFacebookを覗いたらみかん畑で収穫のお手伝いをしている写真や、
よく晴れ渡った青い空の下に映るみかん畑がアップされていた。
「そうか~この蜜柑のどれかはあいつがもぎ取ったものなのか」と感心した。
夕べは、友人やカミさんの実家、おふくろにも分けてやるかと思っていたが
段々と減っていくのを眺めていると「へんっ、誰にも渡してなるものか」と心の声が聞こえた気がした。
けれども今日は実家へ行くんだし、いつも貰ってばかりだからお裾分けしようと思っている。
湯河原の友達にも何かお礼しなきゃとあれこれ考えた。
ありきたりのものじゃ、あいつも喜ばないだろうし
「雪だるま」を送るよとメールしたら「それ、いいねー」と返信してきた。

湯河原町 うおきさんの朝食 友人四人と「朝食でこんなにうまいなら夜なんかは相当なもんだろうな」と目を合わせた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 今年の雪すかし | トップ | 古い友人 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほーぢ)
2017-12-26 10:02:08
嬉しい日記♪
喜んで貰えてよかった~

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事