日々記

ひびき

グラッペリの似合う午後

2018-04-29 | Weblog
連休の初日は大方あれもこれも用事を済ませてしまって
あとはのんびりしたいという気持ちになってくる。
のんびりしたいというのは、ごろんとしたいわけじゃない。
これでも老後に退屈しないように以前からいろいろと趣味でやっている。
それをゆっくりやりたいと思った。
昨日はカミさんの実家の水道の蛇口を取り換えたり薪仕事に追われたりした。
トマトの苗を買ってきて、止せというのにメロンの苗にまでカミさんは手を出した。
「メロンなんて上手に育つのか。不精なおれらにはミニトマトでたくさんだよ」
「二百円の苗でメロンが食べれるかも知れないのよ」
カミさんがそんなにメロンに執着するとは思ってもみなかった。
あとは日除けにゴーヤを植えて小庭の草を毟った。
少ない髪を散髪して図書館へ本の返却に行き、夕食の買い物に行く。
普段通りに夫婦喧嘩らしきことをして一日が終わる。

今日は朝からのんびりしていた。
ゆっくり散歩をして、気持ちに余裕があったからか野鳥がよく目に止まった。
普段忙しいときなんかは他人の女にしか目が行かないのに自然はいい。
昼間は期限の切れかかったソーメンと太巻を食べてうとうとした。
青葉からこぼれる光りが穏やかだった。
ステファングラッペリが何て似合う午後なんだろうかと思った。
まだ明日一日のんびり出来る時間がある。
歳のせいか、だいぶ時間の使い方が慣れてきたような気がする。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
«  | トップ | 気休め »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事