日々記

ひびき

父の顔

2013-04-30 | Weblog
先日、スーパーへ行くと子供が描いた絵が展示してあった。
三歳未満と思われるが、いろんなパパの顔があった。
たくさんな中で二枚だけどうしても面白いのがあったので思わず携帯で写真に撮った。
どうしてこんな素晴らしい作品が美術館に展示されないのか不思議に思った。
またその絵を見て触発されて、自分でも描きたいと思った。
こんな絵を見ると、二人に子供が授からなかったことを寂しく思うことがある。
その日、親父のところへ顔を出すとちょうど散歩に出かけるところだった。
太陽がひどく眩しいからサングラスが欲しいというので
車の中にあった自分のサングラスを親父にプレゼントしてやった。
「あら、お父さんがかけたほうが似合うわ」とカミさんは言ったがお袋はゲラゲラ笑っていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 散歩 | トップ | 耳をすませば »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (ちゃま)
2013-05-02 05:59:53
お邪魔しているのですがなかなかコメントせずにすみません。
ぜひ、お父様を書いてあげてくださいね。
それを見てお父様、また面白いことおっしゃるかな^^


Unknown (わしや)
2013-05-02 22:37:15
いつもありがとうございます。
ジジイの似顔絵が並んでいる展覧会も面白そう

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事