てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

クズハキリバチ

2017年08月13日 19時14分01秒 | 日記

 

 

 

そろそろ盛りを過ぎたサッコウフジ(別名ムラサキナツフジ)の花にいろいろの虫が来ていた。

このハチは、大型で一見オオハキリバチではと思ったが、どうも様子がおかしい。約17-20 mm。

スコパに花粉をためている。

体を上に反らす習性がある。

腹部にも黄色い毛が生えている等、オオハキリバチとは違う。

調べてみるとクズハキリバチだという。

オオハキリバチ (Chalicodoma sculpturalis) によく似ている。竹筒や枯木の孔にクズの葉を持ち込んで巣作りする。

等とある。

初記録だった。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオセイボウ | トップ | オオズ クロメバエの産卵管 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事