てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

キノコの分解水

2017年06月15日 09時59分32秒 | 日記

ヤマグワの木にキツツキがあけたらしい穴があった。

中で何かが動いたのでストロボ撮影。

光っている汗のようなものは、キノコの分解水と呼ばれるもので、キノコが原木の栄養を吸った結果出来たものだという。

動いたものはカマドウマだった。


 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒメキマダラセセリ メス | トップ | キスジセアカカギバラバチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事