てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

2017伊豆沼・蕪栗沼探訪記 カリガネとマガンの飛び出し ①

2017年11月30日 14時54分26秒 | 日記

 

 

 

 

 二泊三日で恒例の伊豆沼・蕪栗沼の探鳥会に参加した。

天候に恵まれ、3日とも晴天で風もなく温かい快適な探鳥会だった。


カリガネはカモ目カモ科マガン属に分類される鳥類。マガンよりも少し小さい。

日本には冬季に越冬のため主に伊豆沼に少数飛来する(冬鳥)[3][5]

額から頭頂にかけての羽衣は白く、眼瞼は黄色[2][3][4]。嘴は小型で短く[4]、色彩はピンク色[2][3][5]。後肢の色彩は橙色[3]

 

 

日本では1978年多摩動物公園が初めて飼育下繁殖に成功した[4]

等とある。


腹部の不明瞭な黒い横縞はマガンよりは目立たない。

カリガネを探すのは容易なことでないが、お仲間が2羽のカリガネをついに見つけた。

観察していると、間もなく何かに驚いたのか飛び出した。

額の白い部分に注目されたし。

つづく。


171129


昨日 閲覧数1,349 訪問者数133

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 明日から30日頃まで、観察会... | トップ | 2017伊豆沼・蕪栗沼探訪記 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
伊豆沼 (あかねさん)
2017-12-01 07:21:26
天気にめぐまれ、シャッターチャンスも冴えてますね!カリガネの様々な飛翔が素晴らしい。
多摩動物園で観察した事があります。ここで真近で見る頭部は理解を深めます。動物園もいいものです。
偶然の産物 (てんとう虫)
2017-12-01 19:57:43
あかねさん様

こんばんは。
運よく、カメラで覗いていたら飛び出しました。
つまり偶然の産物でした。

ともかくも、マガンと対比できる写真が撮れたのはラッキーでした。
動物園でも見られるのですね。


コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事