てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

2017 伊豆沼・蕪栗沼探訪記 オオハクチョウ

2017年12月14日 21時48分53秒 | 日記

 

 

 

 

 

載せるものがないので在庫から。

11月28日撮影。

 

 

コメント

オオマシコ ③

2017年12月14日 21時02分53秒 | 日記

 

 

 

 

12日に撮ったつづき。

 

 

コメント

つむじ風?

2017年12月14日 20時29分53秒 | 日記

これはつむじ風でいいだろうか?

枯葉が渦を巻いて舞い上がる。

 

 

コメント

アオクサカメムシ

2017年12月14日 19時39分31秒 | 日記

アオクサカメムシは寒さに強い。

他の虫がすべて姿を消したが、今日平然と歩いていた。

 

コメント

センダンの実

2017年12月14日 18時56分09秒 | 日記

 

 

 

 

イイギリの実がなくなると、ヒヨドリが今度はセンダンの実を食べ始めた。


果実は果肉が少なくが大きい。たまにヒヨドリなどが食べに訪れる。しかしサポニンを多く含むため、人、犬が食べると中毒を起こし摂取量が多いと死に至る。

葉や木材には弱い芳香がある。背が高い上に、新芽・開花・実生・落葉と季節ごとの見かけの変化も大きく、森林内でも目立ちやすい。

等とある。




コメント

シメ ♀

2017年12月14日 18時51分34秒 | 日記

 

 

 

 

今季初めてのシメ。

水を飲みに来た。

 

コメント

ジョウビタキ ♀

2017年12月14日 18時43分00秒 | 日記

 

 

 

 

今日、裏山で出会った人懐っこいジョウビタキの♀。

器用にハエのようなものを捕まえた。



 

コメント

マユミの果実の味

2017年12月14日 17時10分52秒 | 日記

 

 

 

 

 

 

あまりにもメジロが美味そうに食べるので、自分も食べてみた。

甘くもすっぱくもなく殆ど無味。95%は硬い種子だった。



コメント

フタスジクリイロハマキ

2017年12月14日 09時47分42秒 | 日記

フタスジクリイロハマキは初めての記録。

スノキ、ネジキ、ソヨゴ、アラカシ、ヤマツツジ、レンゲツツジ、ツツジを食べるという。

この虫のいない時期に初見の蛾を見つけたのは得をした気分。

開帳16-21mmと小さい。



コメント

スミレモンキリガ → ヤマノモンキリガ

2017年12月14日 09時17分45秒 | 日記

スミレモンキリガは、スギタニモンキリガやヤマノモンキリガと似ていて紛らわしいという。

やさしいガの図鑑様に詳しい解説がある。

この解説で見ると、この蛾はスミレモンキリガでいいと思う。

以前は同一種とされていたという。

今回で2度目の記録。

----------------------------

虫博士のK君からメールで、この蛾はヤマノモンキリガだと教えて頂いた。

「スミレモンは、地色がもっと白っぽく、また褐色の斑点が散らばるのが特徴です。スギタニモンやヤマノモンと比べて小さいのも区別点のひとつと言えます。

スミレモンはおそらく狭山丘陵周辺には生息していません。スギタニモンとヤマノモンはこの辺りでも個体数が多い普通種です・・・。

スミレモンは分布や採集例を見ると房総半島以南の太平洋側に偏っているように思います。きっと南方系の種なのでしょう。いつか自己採集したいキリガのひとつです。

との事。

k君いつも有難う!!

               2015年12月14日に伊東市のコンビニで撮ったスミレモンキリガ。確かに房総半島以南の太平洋側だ。

               さらに、褐色の斑点が散らばっている。

                


 

 171214


 昨日 閲覧数2,716 訪問者数465

コメント