かばるあんぎん

まっ、人生いろいろあります。ゆっくりいきましょう、ご同輩!!

上弦ノ月ダッタネ

2012-11-30 23:53:49 | 無駄なお喋り

樫の木のはるか上の方には上弦の月

いや下弦の月かな、どちらでもよいが谷中墓地で観た月はトトロの森でみたような綺麗なお月様。

やっぱり気になるので調べてみると、写真を撮った先週11月24日は下弦の月。弓に見立て弦の部分が上にあるから上弦の月と思ったのは間違えということになる。月は回転しているので、月の出る時間、入る時間で弦にあたる位置がは上下に入れ替わる。ということは時間帯によって上弦の月、下弦の月が同じ日にあることになる。

で、さらに調べると太陽暦では月の前半の時期を「上」,半ばを「中」,後半を「下」と言い、さらに昔は半月を弦と呼んだそうだ。だから月の「上」の時に見える月は上弦の月、「下」の時期に見える月は下弦の月と呼び、月を弓に見立て弦の位置の上下をして上弦、下弦の月というのではないらしい。

ま、月が綺麗ならそんなことどうでもいいか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

11月は終わります

2012-11-29 00:58:45 | 無駄なお喋り

10月と12月に挟まれてなんとなく影の薄い11月
12月にバトンを渡して11月は静かに去っていきます。

慌ただしい12月がやってきます。
片付けるべきことがやまほどあります。
困ったな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんだかなぁの水曜日

2012-11-28 02:31:31 | サラリーマン生活
さわやかな出勤風景

出勤が楽しい人っているのかなぁ?
いないよね...。

早いものでもう水曜日
先週に勃発した大事件、上長への報告はまだしていない
だから今週の仕事方面は大荒れなるはずだったけど平和な滑り出し
もう、上司への報告はやめて来週にしておこう
とりあえず今週が無事に終わればいい
いやなことは明日にまわせってね
なんだかなぁ...です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

谷中

2012-11-25 10:48:07 | 台東区













谷中を歩きます。
日暮里駅のとんがり帽子の改札を出て右に折れると谷中の高台に出る。そこの左側の坂をあがると谷中霊園。静かな墓地の中を進むと昔ながらの作りの花屋「花重」がある。さらに進むと言問通り。その角にあるのがカバヤ珈琲。大正5年の創業から姿を変えることなく平成18年まで約70年間谷中のシンボルとして親しまれたがオーナーの死去によって閉店。平成20年に当時の外観をそのまま残し、店内はモダンにリニュール。休日は谷中を散策するカップルや女性グループでいっぱい。オトーサンは入ってみたい気もするがちょと気恥ずかしい。

そのかわりといってはなナンですが、ふらりとたくさんあるお寺のひとつに入ってみる。車の往来の激しい言問通りとは別世界。仕事も奥様のこともしばし忘れて静かな時間はオトーサンの大切な栄養の源。

新旧の折衷が谷中の興味深いところで、同じ下町でもヤボな川向う(墨田川の東)とは違います。古いお店が並ぶ通りに、東急ハンズなどで売られている若者に人気の自転車メーカTOKYO BAIKがあります。「山を気持ち良く走るのがマウンテンバイクなら東京を気持ちよく笑顔で走るのがトキョーバイク」のコンセプトで生まれたオシャレな自転車たち。物欲がフツフツと湧いて来ます。ちなみにレンタサイクルがあって土日祝は10:00~18:00を1000円で貸し出してくれるとのこと。これがあれば、谷中-上野-本郷の周遊は楽しい。

おっと、日が落ちるとぐっと冷えてきました。川向うのスカイツリーが見えます。谷中墓地から日暮里駅、そして上野で降りてアメ横の立ち飲み屋さんで体を温めて今日の散歩を終わります。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日暮里

2012-11-24 21:28:50 | 荒川区


























上野台地の境目を走る京浜東北線、山の手線、京成線、これらをまたぐ鉄橋(もみじ橋)の上にある日暮里駅改札を東に出ると台地の下に位置する繊維街、西は台地の上にある谷中墓地。

さて、今日は繊維の街を歩来ます。布地のメッカと呼ばれるだけあって東口改札は女性の連れが多い。バス停のある駅前広場を抜けると尾久橋通りの交差点に出る。この辺りが日暮里繊維街のはじまりです。メインの日暮里中央通りには布地やボタン、その他衣料品の店やアクセサリー、店がすらりと並んでいて歩いると楽しくなってきます。

日暮里が繊維の街の歴史をググってみる。

繊維の街の始まりは大正初期浅草方面で営業していた古繊維や栽落業者が日暮里、 三河島周辺に集団移動。神田(岩本町)、浅草(寿町)にある大問屋から出るハギレ、裁落、2等品、 余剰反等を仕入れて売ったたことからこの街は発展してきたとのこと。そういえば、作家吉村昭さんの随筆に吉村家が日暮里の駅前で繊維業を営んでいことが書いてあった。

日暮里は小さな衣料品雑貨店がたくさんあっておもしろい。ちょと浅草橋に近い雰囲気だが、こちらは布地や洋裁材料などの専門店が多いのが特徴。洋裁好きなうちの奥さんはこの街をまわってお気に入りの布地を見つけるのがたのしいという。洋裁好きな女性たちにはお宝の街なんでしょうねぇ、きっと。

オット、大事なことを思い出しまった! ン十年もの昔、うちの奥様が日暮里のホテル・ ラングウッド で結婚式を挙げた時ウェディング・ドレスを自作したらしいのですが、そのときの布地もこの街で見つけたらしい。(大切ナコト、忘レテゴメンナサイ)。ちなみに彼女が結婚式を挙げたホテル・ ラングウッドは吉村家の工場の跡地にあります。

 ハンドメイドが大好きな方はこの街に来ればたいていの材料は手に入ってしまうのでしょう。手を動かして作るってことは、楽しいですね。

洋裁学校の使徒たちらしい一団が派手な布地の衣装をまとって歩いていておりました。彼らもまた手作りの喜びをしっているのでしょうね。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

池上本門寺

2012-11-24 10:35:19 | 大田区
連休初日の金曜日は冷たい雨

木曜日の夜から始めたユーザシステム更改がどうも上手くいかない、と金曜日の明け方に電話をもらった。朝食を済まして大田区の現場に急行、一日仕事となった。

新システム不調の原因がどうもはっきりしない。少しも進まない状況に現場の連中はヒートアップ。「困りましたねぇ」のレベルをはるかに越えて「どしよう」状態。「少し休んで頭をリセットしよう」と誰かが言い出した。

外に出て気分転換。小雨の降る空を見上げると小高い丘の上で黄色い銀杏と赤く色付いた桜の葉が見えた。ああ、あの丘は池上本門寺か...

山門をくぐり石段を上がる。石段の脇には雨に濡れて深みを増している色付いた紅葉や桜の葉。白乳色の曇り空との紺トラスコントラストが美しい。広々とした境内の濡れた石畳がも美しい。雨も止んだようだ。
遅い七五三を祝う親子連れがうれしそうな笑い声が人影がまばらな境内にこだました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ボヤッキー

2012-11-23 11:32:30 | 現地から携帯で
心待ちにしていた三連休。

昨日のユーザさんシステム切り替えが不調に終わり、朝から支援で現場入り。上手くいかない時に謝るのはアタシの仕事だもんね。仕方ない。でも、早い時間にメドつけてほしいです。
明日は栃木のお客さんのシステム切り替え、あっちはうまくいってほしいな。

三連休一日ぐらいはやすみたいです。:-(
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

時には政治を語る

2012-11-18 09:53:48 | 無駄なお喋り

ピッリリとした、よい朝です。
庭の柿の木は冬を迎える準備


ピッリリとしない政治家さん、12月の選挙にむけて準備で大変だ。

「オトさん、今日、学校に野田総理がきたよ、今、忙しいんじゃないの?」
「どじょうだもの...」

昨日、野田さん(「さん」付けで呼ぶほど親しくはないのですが、まあ文章のアヤです)が息子が通う高校に視察に来たそうな。
この位のコメントしかできない父親。
息子よ、許してくれ。

衆議院解散、12月は選挙。となると仕事方面に影響がでるご同輩は多くいらしゃるのでは。いやはやお疲れ様でございます。

併せて東京は「太陽の塔」だか、「太陽の季節の党」だか党名にご自分の小説を彷彿させる名前をつけて印税アップを狙う元知事さんのわがままからのダブル選挙。:-p

しかしねぇ、ダッチロールこの国の5年後はどうなってるのでしょ。大丈夫?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Night They Drove Old Dixie Down

2012-11-17 15:14:20 | 無駄なお喋り
奥さんはお出かけ、子供たちは学校がある。今朝は7時半に起こされた。先週の職場はいろいろと忙しくて心身ともに疲れました。ほんとはゆっくり寝てたいところだけど仕方がない。

雨の土曜日の留守番。朝食をすませるとすることもない。そんな日はCDを聞きながらソファで読書。雨の日はこれに限ります。

ところでこのCD、THE BAND。

高校生の頃初めて聞いてときから、好きだなあ。
特にThe Night They Drove Old Dixie Down、南北戦争で仕事を追われた南部の鉄道員の悲しみを歌った唄はジョーン・バエズによって有名になりました。

THE BANDって、ファンの方は多けれどね。
もし、いつからファンになったの?聞いたとしたら、かならず最初から好きだった、て答えるにちがいないだろうなあとそんな気がします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

立冬

2012-11-11 10:09:37 | 無駄なお喋り


おお、寒い! もう立冬だってね。

これから寒くなるのはつらいね。北国の人はどうしているのだろうか。

スキーもスケートもやらないナマケモノにとっては冬の楽しみは少ない。
あっ、湯豆腐があるじゃん。昆布と鱈と豆腐、このシンプルさがいいね。好きだな。

寒い日曜の朝、ちょと早起きして大川端ジョギングこれもいいだろうなあ。
走っているうちに体が暖まってきていつしか寒さを忘れてしまう。

それにキリッとした冬の水辺の心地よさ。
森林浴効果っていうのがあるけど、水辺にもそれに似たものがあるようだ。

けどね、これはアタシには無理、日曜日は布団のなかで
うだうだ、ぬくぬくしていたほうがやはり好きだねぇ...




コメント
この記事をはてなブックマークに追加