かばるあんぎん

まっ、人生いろいろあります。ゆっくりいきましょう、ご同輩!!

うだうだ

2010-02-28 17:36:06 | 無駄なお喋り
このまま暖かくなるかと思いきや朝から冷たい雨の日曜日でしたね。
オリンピックのアイスホッケーをぼけーっとみたり、本を読んだりして意味のない一日を過ごしてしまった。ま、雨だし寒いししょうがない。

残されたお楽しみは... 夕飯ですね!、おいしく頂くことにしましょう。

<ヤシカエレクトロ35GS>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

墨田川下り

2010-02-27 16:55:23 | 東京の水辺
すっきりしない天気の土曜日、ソファの上でごろごろとしてしながら、墨田川を河口までゆっくりとポタリングをしてみようかな、と考えています。

隅田川から支流のようなタテ、ヨコの川に囲まれているところで育ったアタシにとって故郷というと東京っていうより隅田川って感じなんです。荒川や多摩川のように土手がなくても、水がきれいだろうが汚かろうが、すべてコンクリートの堤防で囲まれていても、この海までたった約23kmの川がやっぱりどの川よりも本音で流れてるようで面白くて好きだなあ。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

トウキョーケンブツ

2010-02-26 07:17:29 | 東京の水辺

Voncouverから友人が東京に来たので、水、木、とカイシャをお休みして東京を案内することになりました。アタシにできるのは浅草と向島界隈、それにグレート・スミダ・リバーぐらいなものです。ちょと偏りすぎてますね。さて、彼らはいったいどんな東京のイメージを持ったのでしょうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最近の自転車生活は...

2010-02-25 17:16:17 | 自転車生活
自転車に乗って20分、あとはぶらぶら歩いて2時間のポタリング(というのでしょうかね?)のパターンが多くなっています。歩く早さでなけらば見えないことがある、などと屁理屈をこねて開き直ってへこへこペダルを漕いで大通りのその脇道のその路地のそのまた先を俳諧しております。

こんな状態だったらクロススバイクでなくて便利なママチャリに乗り換えたほうがいいのかな...考えてしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都鳥

2010-02-25 06:53:48 | 東京の水辺
 


 
隅田川水のうえにもふる雪の消え残るは都鳥かも

江戸名所花歴のなかではユリカモメは都鳥とよばれていて冬の季語となって歌われています。

日曜の隅田川テラス、空はなんだか暗く重くて冷たい川風吹いていました。けれども風にはわずかな湿気があってなんとなく春を感じた朝でありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お茶の水から秋葉原

2010-02-24 08:48:12 | 東京の水辺


御茶ノ水から線路沿いに坂を下ってきました。昌平橋から御茶ノ水方面をみたところです。 神田川にかかる昌平橋はなにやら歴史がありそうな橋ですね。

寛政二年(1790年)、当時漢学を学ぶために孔子の故郷の名をとった昌平坂学問所が十一代将軍徳川家斉のときにつくられたのが、そもそものこの地名の由来のようです。それでもって昌平坂学問所というのは一万一千六百坪ほどの広大な敷地.を持っていて、ウンヌンカンヌン....。

いやいやウンチクはこのぐらいにして、実はちょうど司馬遼太郎さんの「街道を行く」の第36巻本所深川散歩神田川界隈を読んでいるところでして、そんなふうにことが書かれていたのでした。



司馬さんはヤバイですね。「街道を行く」だけでも第36巻あって、ほかにも面白そうな長編小説がたくさんある、ハマってしまうとずーっと司馬さんの本ばかり読むことになってしまいしょうです。んー、注意しないとイケナイですね。なんてことを考えながら散歩は終わりにして、今日は、このへんで家に帰りましょうか。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

神保町から御茶ノ水

2010-02-23 07:26:23 | 千代田区

  
神保町から明治大学裏のゆるい坂を上がって御茶ノ水まで歩きました。主役のいない学生街の緑の裏通り静かでははなかなか落ち着いたたたずまいでした。 平坦な下町に住んでいると坂道というものにわけもなくロマンを感じてしまいます。



このあたりは学生時代に親しんだ町ですが、あらためてゆっくり散歩する古い建物があったりしてとなんとなくココロがほっくりしてきます。

  

あらためて歩いてみると、どこか知らない外国の街をあるいているような感じになりますね。



つかれたのでひと休みです。

傾いた日射しが喫茶店の窓から入り込んで長い影をひきはじめました。坂を下ってアキバまで歩いて本日の散歩を終わりにしましょう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

神保町の本屋さんにて

2010-02-22 07:27:34 | 千代田区


最近の英国の研究で読書がストレス解消に効果的であることが明らかになったそうです。ストレス解消方法といってもいろいろありますが、その効果を英国の大学で検証したところ、読書は68%・音楽は61%、コーヒータイ ムが54%、散歩は42%、テレビゲームが21%のストレス解消効果があるそうです。んー、散歩の数字がちょと低いのが信用できませんがそうゆうことなのだそうです。



本を読むこと自体が効果的なのではなく、本を読んでいる時間は現実世界を忘れて本の内容に没頭しないとると効果がでないとのことだそうです。アタシのように「宝くじが当たれば」とか「突然大発明をして大金持ちになる」なんて空想の世界にいつもいる人間は本を読むとストレスはどうなってしまうのでしょうか。(モットモ、オ前にストレスガアルノカトイウ意見モアリマスガ...)



確かに面白い本を読みはじめると家庭も仕事も上の空になってしまうものです。まあ、面白い本との出合いはいわゆるひとつの人生のヨロコビなのであります。



神保町で見かけた素敵な本の虫さんたちはここで出会えた本たちと、さて、どんなシアワセな時間を過すのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神田神保町

2010-02-21 00:39:36 | 千代田区


神田神保町、御茶ノ水を歩いてきました。このあたりは古い建物があったりしてなかなかオモムキのある町なのです。



神田神保町は古本屋の町として有名で、本のレパートリーが豊富でつい時間を忘れてしまうほど面白いところなのであります。




古本屋めぐりもディープな世界があるようでしてたくさんの本の虫さんたちが捜し求めている本との出会いをもとめて集まっておりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日記

2010-02-20 11:20:09 | サラリーマン生活
2月の誕生日の週は実世界のほうでいろいろとありまして、いつものように夢うつつではなく少しは現実というものに目をむけなければなりませんでした。そんなわけでブログをお休みしたかわりに日記というカタチでボウビロク的にまとめて出来事をアップしました。こうしてみると日常生活のほうも自分が思っているより不真面目なんですね。



たいした仕事もしなかったのに今年度は部下のガンバリで営業目標はほぼ達成、その上大きなトラブルもなくすべて順調。まあ、こんなにうまくいくわけないけどこんなもんか、などとあまいことを思っている、.ドカンときました。大規模システムの納品直前に設計ミスが発覚して今年度いちばんの大きな問題なりそうな気配。機関車トーマスの言うように「「調子に乗っていると事故はおきるさ」というのがどうやら世の法則らしいのです。

報告書をまとめ、一報をお客へ説明に伺いました。大きな会議室のテーブルの向こう側に座る客先の苦りきった顔をみていたら、胃がチクリと痛みました。



 別のある日のこと、長い間お世話になっていた取引先の方が退職されるというので挨拶にみえました。 

 昨年九月に奥様を亡くしてから体調をくずしたうえ、仕事のモチベーションも上がりそうにないので60歳の定年にはまだ少し先があるが切がよいので3月末からひとやすみしするというのが理由だそうです。
 奥様が大きく体調くずした7月ごろからなれない家事を自分でしなくてはならず、ご苦労をされているとのこと。それまで奥様がおこなっていた衣替えは夏以来はしてなくて、箪笥なかの夏物が時間が止まったようにそのままになっているそうです。

 「身の回りのことは家内にぜんぶまかせていたので、自分ではなにもできないのです」とその方は淋しそうに笑っていました。



 また別のある日のこと、2009年12月25日消印のバンクーバーの知人からのクリスマスカードが今になって届きました。 国際郵便が遅れるということはよくあることで別に驚きもしないのですが、知人の弟が2月10日から26日まで日本に遊びに来るので、23日か24日に東京に行くから面倒を見てくれ、連絡は弟がGmailをホテルのインターネットでチェックするから大丈夫、なんてことが書かれていました。 彼女の弟にメールをするとさっそく携帯に電話がかかってきて、25日、26日に東京に滞在し27日に成田からバンクバーへ発つ計画とのこと。

 トラブル気味の仕事を気に留めつつ、来週の水曜日木曜日と休みをとるのは気が重い。オフィシャルテキにはこの二日間は後遺症による病に臥していることにしておきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加