かばるあんぎん

まっ、人生いろいろあります。ゆっくりいきましょう、ご同輩!!

9月はブログの皆勤賞です

2008-09-30 05:20:39 | 無駄なお喋り
          <JR四谷駅、10月行き電車に乗換えです。>

9月も終わりですね。

秋になったとか、秋が始まったというのではなく、いつの間にか秋のど真ん中になってしまって、なんとなく次に来る冬を予感する時期になりました。季節の移り変わりは速いものです。

9月中、この駄文ブログを読んいただいてありごとうございます。ふんっ!と思われた方もいたかもしれませんが、どうにか1ヶ月間お休み無く続けるなんて初めて経験することができました。皆さんのコメント、ありがとうございました。

今月は体調もよかったので、おかげさまで、自転車生活とブログのアップを快調に愉しむことができました。

基本的に自転車はひとりで楽しむことが多いので「腹減ったなあ」とか「なんかネタないかなあ」とか「おっ、タイプの娘」などと考えながら走っているのですが、そんなことをつらつら書いてもしょうがないので、いろいろと屁理屈をつけながら書かせてもらいました。

五十代の少し前辺りから屁理屈をこねるのがうまくなって、そして屁理屈をなかなかいい理屈だと思って他人様に図々しくももっともな顔をしてコネコネするようになりました。歳をとって物分りが悪くなるとか、頑固になるというのはきっとこういうことなでしょうね。

ま、それは置いておいて...


子供のころから自転車に乗ると、何か空想の世界に陥ってしまう、というクセがありまして、自転車をゼロ戦に見立てて戦闘機乗りになったり、とあまり大きくなってから社会の役に、いやフツーな大人になることを期待できそうなこどもではありませんでした。

はずかしい話ですが、そのクセは今でも続いていて、これはさすがに恥ずかしいのでブログにはなかなか書けないのですが、ちょとだけお話しすると「ロックスターになってあのプレーヤーと武道館で競演しちゃう」なんて空想しながら自転車をこぐアタシがいまだにいるわけなのです。

あまり空想ばかりしていると、現実が虚しくなるので、さすがに最近は自粛していますが、その代わりといちゃなんですが、サドルの上でいろいろと考えたり感じたりしているわけなのであります。10月も自転車生活を中心に屁理屈で退屈な生活をヒナリながブログをアップしていきますのでよろしくお願いします。
コメント (6)

かぶりもの

2008-09-29 05:19:28 | 自転車生活
何をかぶってポタリングにお出かけしていますか?

サイクルヘルメット、野球キャップ、ハンチング、などなど、いろいろあってなんでもよいわけなのですが、すこしばかり自転車にこだわっているのでしたら、かぶりものにもこだわりを持ってみたいところですね。

ロードバイクに麦わら帽子をかぶる人がいたらその人のセンスとうか人間性そのものを疑ってしまいますが、ママチャリに乗って荒川土手へ少年野球を見に行く時、ヘルメットをかぶる人はあまりいませんよね。麦わら帽子がピッタシというところですね。

アタシはエスケープR2なんクロスバイクに乗っているわけなんですけど、最近のはポタリングでは自転車に乗っている時間よりも道草ばかりが長くて、そば屋、うどん屋、定食屋、カフェ、ギャラリー、寄席、美術館、博物館、神社仏閣、そんなところで食べたり飲んだり、写真をとったり、昼寝したり、とブラブラしているのです。

それに、後退しているとうか成長していると言ったらいいのか、ペダルをこぐ速度も、30km/h前後から25km/h、そして最近は20km/h前後とママチャリレベルに遅くなっています。

ん~これは...、速球派のピッチャーが歳を重ねて技巧派に変身して、なかなか深みのあるピッチングをするようにサイクリストも年齢とともにそのスタイルを変化させて、深みのあるポタリングをするようになることだとアタシは考えるわけです。

スイマセン!

クロスバイクでママチャリのおばちゃんに抜かれるのがくやしくて変な言い訳をしているだけなので、ここのところはあまり本気で読まないでくださいね。、まったく、幾つになっても素直でなれない性格ですねぇ。

脱線につぐ脱線をしてしまいましたが、話はかぶりものです。
いつものように屁理屈をクネクネしましたが、アタシの場合、ロングライドやSCでひた走るにはヘルメット、軽ーい朝ポタはヘルメットかキャップ、ぶらぶら日中の街ポタはハンチングとなっています。安全面&マナーを考えるとやはりヘルメットがいちばんなのでしょうが、R2を限りなくママチャリに近い乗り方をしているアタシ的にTPOを考えてかぶりものを選ぶようにしています。

同じような楽しみかたをされている人も多いことと想像します。これは自転車に乗る時の気分がそのままかぶりものに反映されているということなのでしょうね。


コメント (2)

おはよう日曜日のポタリング

2008-09-28 14:16:22 | 自転車生活
 <勝鬨橋からの永代橋方面、なんとなく冬の気配が...>

今朝は5時半に起きて朝ポタに出発しました。

ちょと寒くて薄暗い朝を走るのはツライものですね。出発から10分もしないうちに24時間営業のファミレスに避難、甘い匂いのするパンケーキと暖かいコヒーを注文してすっかり幸せな気分となったアタシでした。これで終りにしてもよかったのですが、もう少し粘るのがおとなのポタリングというものです。なにをいいたいのかよく意味がわかりませんけど...。

ファミレスを出て満ち足りたココロで、さらにポタリングを続けることにしました。そういえば、この日はどこに行こうか決めていませんでした。六本木ヒルズなんて言葉がひらめいて新宿から六本木へ向かうことにしました。

六本木は7時前だというのに結構な人がいましたが、よーく見ると朝まで遊んでいた子たちが家に帰るところだったのですね。

若さのパワーは恐ろしいものです。ほんと、減るばっかりのパワーをいとおしんで、ちびちび貯金しているアタシと違って、後先を考えずにパワーの無駄使いができるってすごいことですよねぇ。そのパワーを少しだけ分けてもらえばペダルも快調に回せるのにモッタイナイ。

結局、若さって、パワーの正しい使い方や節約方法を知らずに無駄に消費することなのですね。ウラヤマシイ。

これって、資源使い放題の高度成長期から地球的規模で資源の節約を考えなければイケナイ現代と似ています。どちらも無知識、無計画の限りをつくしたそれまでの放蕩生活のつけが回ってきたようなもんですから、残されたものを大切に自分の楽しみとしてチビチビ使っていくしかないのですね。

んー、自転車って環境問題から人生の楽しみかたまで学べるマシンだったのでねぇ、おどろきです。

屁理屈をクネクネと考えていると東京タワーが目の前に登場、そこから浜松町、浜離宮、築地を回って勝鬨橋を渡り相生橋を越えて深川富岡八幡さまにお参りして朝ポタは終わりました。

さーて、今日は長い一日になりそうだな。


両国橋>人形町>江戸橋>皇居前>竹橋>四谷>明治神宮外苑>青山>六本木>高輪>芝>浜松町>浜離宮>築地>勝鬨橋>相生橋>門前仲町>木場公園
パンケーキパワーでいつもよりちょと長めのポタコースでした。

(要時間)2時間35分 (走行距離)30.67km(累積走行距離)823.6km

よろしかったらクリックお願いしますね。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ






コメント (2)

ウィークエンド

2008-09-27 02:24:55 | 無駄なお喋り
やっとウィークエンドですね。

今週は仕事、ホントに疲れました。
休日の公園でみなさんの楽しいそうな表情を拝見するだけで、Weekdayの疲れが癒されます。

職場では何にもしてない!という声もいただききますが、PCのディスプレイの前で居眠りをないように頑張っているので疲れるのです。

麻生さんは疲労した日本を再生させるには「週休三日制」がもっとも効果的だから政策目標として今後2年以内に実現の目処をつけたいと密かに考えているとか...

なーんて、ことにあるわけないか。
コメント (4)

早起きは三文の得

2008-09-26 05:25:50 | 自転車生活
木場公園橋から空を見上げると絵の具を溶かしたような空模様でした。

こんな朝の空も、やっぱり気持ちがいいです。
「早起きは三文の得」といいますが、スイスイとクロスバイクで朝の街を走ると、ちょとばかり、得したような気持ちになります。

朝ポタ定番コース、両国橋>浜町公園>新大橋>万年橋>ピカソ通り>木場公園、をグルッと回って、最後は公園で、おじいさん、おばあさんとラヂヲ体操イッチ、ニッ、サン、シッー

ん~、スポーツしてるなぁ

ポ~ニョ、ポタ、ポタ、楽しいな~♪鼻歌を歌いながら、愉快な朝の40分間でした。
コメント (4)

出勤

2008-09-25 05:53:28 | カメラ
            <朝からお疲れ様です。>

7日ぶりに出勤してみると、仕事もどっさり、問題もどっさり、やるきだけがちょっぴり。

月末だし、四半期の〆だし、監査はあるし、忙しかったなぁ、ストレス溜まるなぁ、

イカン、イカン、明日は朝ポタして気分をリフレッシュします。

(OLYMPUS TRIP 35)


コメント

道草ポタリング

2008-09-24 05:34:58 | 無駄なお喋り
   <スタバで道草>

昨日は寄り道だったので、今日は道草です。

寄り道と道草、似たような言葉ですがちょと考えてみるとかなり違うことに気がつきますね。
ますは新明解国語辞典によると(【寄り道】目的の場所へ行く途中で、他の所へ立ち寄ること。【道草】目的地へ行く途中で他の事に時間を使うこと。)だそうです。どちらも目的地とか本道に対して使われる言葉で、寄り道をするといつか目的地には到達するけど遅刻しそうな感じで、道草しちゃうとといつまでたっても目的地にいけそうじゃないって感じですよね。

大きな過ちを犯した時に「まぁ、君も人生、寄り道をしたと思えばいいじゃないか」とよく友人、上司、先生は慰めてくれますが、「まぁ、君も人生、道草をしたと思えばいいじゃないか」とは言いません。むしろ「アイツは道草なん食いやがって!」とオシカリを受けることが多いようです。

ポタリングの場合は、目的地への到達が重要で、途中で予定外のところに立ち寄るのが寄り道ポタで、目的地は決めないで、自分の好みに思うに任せて、食べ歩いたり、写真を撮ったり、絵を描いたり、昼寝したりすることに比重を置くのが道草ポタというところでしょうか。道草ポタリングすると、「今日のポタリングはそれなりに思い出深いもにになっただなぁ」なんて思うわけです。

実際の人生って、生きる目的は何だ、なんて難しいことは考えていないですよね。。フツーのヒトはとりあえず、お金を稼いで、美味しい食べて、家族が笑顔でいられるようにして、周りのヒトと仲良くして、最後に自分もちょとだけヒミツの遊びができえれば、それだけで満足ですよね。

そう考えると人生も道草ポタと似たものらしくて、結局は、なんとなく自分の好みにしたがってした道草の積み重ねが自分の生き方を形にしているのかなと思ったりします。

スイマセン、へんな哲学しちゃってますね。

目的、目標、成績はチラっと横目で見るぐらいにして道草していれば、人生ってだいたいそれなりに愉しくやっていけそうですね。道草こそが愉しい生活のもとになるものなんですね、きっと。そう考えると寄り道とまた違った意味で道草ってすごーく大切なんですね。

道草ポタをしっかり食べてフツーに愉しく生活する力にしたいですね。



無理なまとめかたをしちゃってスイマセンでした。引き続きこのブログをよろしくお願いします。


よろしかったらクリックお願いしますね。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ



コメント (2)

寄り道ポタリング

2008-09-23 02:56:17 | 無駄なお喋り
      <秋の影法師>

クロスバイクを買ってから約1年が過ぎました。
途中病気というアクシデントはありましましたがこの1年は30年ぶりに「自転車が趣味です」という生活を送ってきたわけであります。

学生時代に自転車はじめて以降、余暇を自転車にずっと捧げていたとしたら、尊敬する門岡 淳さん(ツーリング再生計画)までとは行かないにしろ、いろんなツーリンルートや自転車についてもう少し詳しくなっていたことでしょうね。周りの人たちと趣味の話になって、自転車の話になると「昔からやっていてのですか」とよく聞かれます。最新の自転車に乗るのは若い人たちだけという固定観念があるのでしょうかね。

20代初めにひょんなことからに買った深紅のエンペラーとは味わいのある旅をたくさんしたものです。ランドナーとの暮らしは派手さはありませんでしたが、それはそれで今のアタシの遊び方の好き嫌いを判断する基準の一部になっているように感じます。

就職してお金が入るようになると、いやいやさらに悪いことにしばらくするとバブリーな時代が重なったのですが、スキューバー、ウィンドサーフィン、にオートバイと金満系アウトドアが大流行して、気がつくとアタシもバブルの波の上で贅沢サーフィン三昧という時代がありました。アレは何だったのでしょうかね。

そんなわけで自転車とは疎遠になったのですけど、しかし、その間も細々と自転車に乗っていたのはやはり自転車が好きだったからでしょう。50代になって再び自転車とめぐり合えて愉快に生活できるのは趣味の寄り道をしてきたおかげなのかもしれません。

真っ直ぐ、早くだけでなくて、寄り道もときには必要なんですね。



コメント (2)

休日の早朝ポタリング

2008-09-22 19:08:38 | 自転車生活
雨が降りはじめるまでになんとか走りたい!

最近はすっかりやる気モードなんです。
そんなわけで、今朝のポタは骨太なコースとなりました。
両国橋>市谷>曙橋>新宿>代々木>参宮橋>代々木公園>表参道>外苑前>青山一丁目>赤坂>桜田門>大手町>日本橋>水天宮、そして新大橋からスタート地点にもどる、全行程約30kmのロングランな朝ポタとなりました。


いつも思いつきでハンドルを切っているわけなので、それゆえに新しい発見ってことがあるのが楽しみです。新宿では鳥森神社に遭遇、例によって今日が良い日であることをお願いしてさらにペダルを回すと代々木公園に行きあたりました。

しばらくはお上品なジョガーさんたちと一緒に公園をグルグルしてから、人の未だいない静かな表参道をサーッと流して青山通りに出ると大手町まで一気にスパートです。大手町から日々谷にかけては牛さんのオブジェクトをアート仕上げにしたawParadeというイベントが開催されていて、はたくさんの牛さんオブジェクトが街角に佇んでいました。

なんとなくせわしない朝でしたが、「朝いちで大切な用事を済ませてしまった」という余裕からでしょうか、といっても朝ポタ以外はなんにもしなかったアタシでしたが、日曜日ははなんとなくカラダもココロも充実した一日となりました。

(所要時間)2時間2分(走行距離)31.59km(累積走行距離)753.9km


よろしかったらクリックお願いしますね。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
コメント

荒川SC

2008-09-21 04:59:49 | 自転車生活
関東地方は台風13号の影響はをあまり受けなかったようですね。被害も無くほっとされている方も多いのではないかと思います。

アタシは夕方からのそりとポタリングに出かけました。なんとなく都心のほうへ気分は向いていななかったので久しぶりに先荒川SCを走ることにしました。

猿江恩賜公園からスタートして竪川親水公園>もみじ橋>江戸川公園>荒川SC河口付近を上流へ堀切駅まで進み折り返してきした。河口側の荒川SCはコンクリート堤防と河川側に群生するセイタカアワダチソウにはさまれている単調なコースなので、寄り道派のアタシには今日はちょと退屈でした。しかし、上流の四つ木橋あたりは週末ならば少年サッカーや野球で大賑わいです。これはいいですよ。

アチラへ行くと子供たちのゲームにひっかかってしまい、気がつくと1,2時間潰してしまうことが多いのでこのSCでは距離が出ません。無計画系の寄り道、道草がポタリングの真髄とはいえ困ったものです。

野球やサッカーをする子供たちの表情は真剣で子供たちの未来と同じようにピカピカしています。、最近は子供たちを取り巻く環境は厳しくて、いろいろと問題が多いようですが、ピチピチした小魚のような子供たちを見ていると子供はまっすぐで、今も昔もそんな変わっていないような気がします。

良くも悪くも大人が作る環境が子供たちの未来を決めてしまうのは大人なんだなぁ なんて大人の責任についてアレコレ考えてしまうアタシです。なんたって、あの子達はアタシたちがほとんど食べつくしてしまった「未来」を沢山持っているんですねぇ。これからいろんなことに挑戦してほしいものです。

少年野球で子供の未来を考えたりしてトロトロ、ポタポタしているアタシの脇をレーシングウェアで身を固めたローディさんたちが、修行僧のような表情でSCを走り抜けていきます。かっこいいですねぇ。

こちらの真剣な表情は、自堕落な自転車乗りのアタシの身を引き締めてくれてありがとうと言いたいところですが、なんとなく「荒川自転車道場」という言葉がピッタリな荒川SCで、ヨタヨタのアタシが皆さんの邪魔をしていなければよいのだがと気になります。

白いエスケープR3を見たら遠慮なくグーンと抜き去ってくださいね。よろしくお願いします。


(所要時間)1時間32分(走行距離)27.51km(累積走行距離)722.3km





よろしかったらクリックお願いしますね。
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車寄り道へ
コメント (4)