かばるあんぎん

まっ、人生いろいろあります。ゆっくりいきましょう、ご同輩!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おじさんの夢

2016-05-22 22:31:18 | 無駄なお喋り

コレ作りたかったんですね。

神保町のS書店で薬瓶の鉱石ジオラマが展示してあってほしいなぁ、と思ったら4千円とか6千円なんて値が付いていてあきらめた。 ウチに薬瓶があるから自分で作れば楽しくて安上がりじゃん! 早速、浅草橋のビーズ屋で鉱石のカケラを買ってアキバの模型屋に通って研究、そして100均で材料そろえました。約半月の準備、費用7千円、製作3時間、結局、プロが創ったモノを買った方が安い。(>_<)

でもね、自分でつくるから楽しいんだよね。ちなみにこのアメジストは100円、ワタクシの誕生石だし、それに「愛の守護神」「真実の愛を守り抜く」な~んてワタクシとはマギャクの意味があるらしい。 パワーストーンとかいうスピリチュアル系の怪しいほうでは、とすぐ感情的になる性格を直し、冷静な人間になりたい、クリエイティブな能力や集中力、理解力を高めたい、結婚に繋がるような運命的な出会いが欲しい、とかいう人にお勧めだとか、いいですねぇ、ただし、「結婚に繋がるような運命的な出会いが欲しい」はもうゴメンですけどね。 さらに、肉体的効果もあるらしい、二日酔いやアルコール依存症に効果があると言われてる、そうな...、これはよろしい、と思ったけど、そんなワケないよね。

さて、この瓶の中の学生服の二人の物語。 二人はなんとなく気の合う同級生。学校の裏手には森がある。森には大きなアメジストがあると噂されてるが誰も見たことがない。ある日の放課後、学校裏で待ち合わせて一緒に帰る約束をした二人は、その日、なんとなく森抜けて帰る道を選んだ。しかし、おしゃべりに夢中になって二人は道に迷う。 歩き疲れた二人は森の中のがひらける場所に出る。そこには、まぼろしのアメジスト不思議なひかりを放っていた。。 石の力に魔法をかけたれた二人は道に迷っていることも忘れ、日が暮れるまで二人のこれからの未来を語りあう。 あれから40年、もう、あの娘の声、顔はおぼろげにしか覚えていない。あの出来事は夢だったのだろう。 その後、どうやって家まで帰ってきたのか記憶がない。夢だとしてもかまわない、あの日のあの娘と話したあの数時間は、私ににとってずっと大きな意味を持ち続けたことは事実なのだから...。

なんてね、夢見るポエムおじさんでした。

 

 


 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 柳橋をあるいたこと | トップ | 水無月 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KIKO)
2016-05-27 09:52:21
よいですね(≧∇≦)

わたしこういう細かい仕事大好きでー

お金と場所があったら

模型鉄になりたいくらいなんです(笑)

これだと一つ作ったら満足できそうでよいですね(*^_^*)

やってみたーい。

しかも

純文学てきな妄想(^_^;)

かわい過ぎます(笑)
Unknown (わるたわん)
2016-05-31 23:56:04
>KIKOさん

瓶のなかは小さいので、妄想がどんどん大きくなります。

ひとつ、創ってみてはいかがですか?

瓶ジオラマを見ながら空想するのって、たのしいですよ~

コメントを投稿

無駄なお喋り」カテゴリの最新記事