かばるあんぎん

まっ、人生いろいろあります。ゆっくりいきましょう、ご同輩!!

不治の病ダス

2015-11-26 15:11:51 | カメラ

 RIKENON 50mm/f2 with PENTAX Km

絞り開放、激安レンズとしてはあまりうるさくならずそれなり美しいボケ味です。

先週、二日間の前立腺癌の入院検査後、ドクターの「安静にしてなさい」という言いつけを無視、遊んだ罰に感染症による前立腺炎をなんて素敵なプレゼントを頂きまして、計8日間入院。でもって昨日退院でした。 今日は前回の反省も込めて「おうちでよゐこ」であります。

入院中に我が愛する息子がお見舞でくれたジャンクな銀塩MF一眼レフ RICOH XR500。(なんとネットで800円で落札したそうです)。これで多発性物欲脳炎が再発しました。

1979年頃に発売されたXRα先行のXR-1の廉価版として作られRIKENON 50mm/f2とケース付きで39800円という破格値。CMで漫才のセントルイスが「サンキュッパッ」てやってた、ナツカシイ。当時の一眼の主流は高性能、高機能化へまっしぐら。無謀と思える割り切り方で機能を絞り込んでこの価格。なにしろ最高シャッター速度は1/500秒しかないもんね。 だからXR500というらしい。 こんなん売れるのかね?と当時は思いましたが、かなりヒットしたらしい。

まボディの話しは置くとしてレンズのほうは(RIKENON 50mm/f2当時の価格は9、000円程)和製ズミクロン伝説の持ち主。このレンズには前期型、後期型があって後期モデルは前期のほうが造りがよいらしい。だいたいこの手のものは前期モデルがよくて後期モデルは評判がよくはない。両者の違いは、前期モデルは金属鏡胴、最短撮影距離は0.45m。後期モデルはプラスチック鏡胴、最短撮影距離は0.6m、ということは手に入れたのは後期モデルか。 ガラス玉は同じものを使っているのだからそんなに大差はないのではないか、と思う。

解像度を見るには鉄のようなツルツルの質感にその善し悪しがあらわれるようです。解像度が高いレンズはヌメリのようなものが綺麗に描写できるです。 レンズ評価で立体的なという表現は解像とグラデーションの描写の差から由来するんでしょうね。 

RIKENON 50mm/f2 with PENTAX Km

いいですねぇ。絞りf5.6ホナーspecial20のヌメリ感が特にいい感じです。  

なるほど、解像感はなかなか良いみたいですね。800円として上出来です。さて、下の写真は最新のレンズで撮った例ですが比較してみてどうだろうか。ちょと違いがあるね。

ZUIKODIGITAL 25mm F1.8(35mm換算50mm)with lumix GSM1

この写真は40,000円程で購入した現代のレンズで撮りました。お金じゃなくて、好き嫌いが基準だから趣味の世界はヤヤコシイ。

なんだか、RIKENON、よさげですね。面白いです。このレンズを早く持って散歩に行きたいです。そのためには高価な最新デジカメのボディの購入が必須。800円のレンズに最新のAPSCサイズの一眼レフが一セット買えてしまうお金をつぎ込むか悩みどころです。 それに 最近はオールドレンズの価格も高騰、一本4,5万~10万は覚悟しなけらばならない。

ん~、悩みどころです。しかし、アレコレ悩んで、ホシイ、ホシイと思う状態が気持ちよいイイ、いいのですけど、 実際に買うかどうかは別問題。やっぱりホシイホシイ病は不治の病みたいです。(^o^)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カメラの話

2015-05-31 18:23:08 | カメラ

 

昨日よりもカラリと晴れた気持ちのよい日曜日。休日は自宅滞在が許されていないので天気がよいと非常にうれしい気持ちになるのであります。長年の懸案であった休日のお小遣い問題も昨年他界した母が残した少しばかりのお金でほぼ解決。週末はお気楽な日和下駄を満喫しております。


一人歩きといっても、外見は人相の悪い怪しい還暦オジン。世間様に怪しまれぬようそれなりの準備は必要です。 ははあ、このひとは散策を楽しんでいるのだな、と好意的に受け入れてもらうには、休日いえども髭は剃る、Tシャツで外にでない、アイロンしたシャツを着る、短パンははかない、ハンケチをつねに持つ、鼻水をたらさない、涎を流さない、等々身だしなみには気を配ります。


でも、いちばん大事なのがカメラです。なぜなら、ははあ、このおじさんは散歩の途中で素敵な一瞬をカメラに収めてるんだなあ、よい趣味だな、きっと性格も温厚で仕事もできてお金もあって…、だから安全な人、と思うかもしれないからです。 そんなわけで、カメラはできるだけ高価なものがよいのです。かといって、カメラ小僧のように高機能でガンダムみたいなゴツイのはいけません。相手を威嚇しちゃいます。この辺が難しいんです。


ところで、世の中にはオールドレンズファンといって何十年も前のくたびれたレンズに大枚なお金をつぎ込んでいる人たちがいます。そうやってぼやけた写真を撮り、おお、さすが時代ものレンズだ、いい味だしてる、と喜ぶ、常人には理解不能なすこし変態チックな人たちです。

この手のレンズは総じて愛らしくて懐かしい形していますから、カメラを知らない人は、思わずそのカメラかわいいですね、と声をかけてしまうレンズなのです。その場をなごませてくれる魔法のレンズといえましょう。 散策好きの還暦オジサンの必需品でもあります。ただ、奥が深くて一度はまると抜け出せなくなるのが問題で、お金をたくさんつぎ込んでしまうことになります。これにはまってしまった人たちは、レンズ沼地獄、と呼んでまだ地獄にはまっていない人の戒めとしてます。


散歩を理由に沼に片足を取られたわたしです。今のところ片足だけですんでますが…、どうなることやら。

(佃島にて)M.ZUIKO f1.8/25mm オリンパスペンEP1M

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

止まらない

2014-12-28 15:27:57 | カメラ

 

注文してあったオリンパスのデジカメをとりに行くついでに、やっぱりレンズは50mmに始まって50mmに終わるんだよね、なんて言い訳して、またもやオリンパスの25mmF1.8(35mm換算50mm)、を買ってしまいましたです。 財布の口が開っきぱなしでちょとコワイ気もしますが、世間に遅れるところ約20年、ワタクシにバブルがやってきたようで、もう散財が止まらない。 愚かな行為ですがお金が使ってあげないと寂しがるそうですから行くところろまでいってしましょう、と思ってます。

さて、バブル以前からチビチビと少ないお小遣いをためてジャンク品ばかり集めてきた結果がこの通り。 手に余る品の数々、不器用なりに手を加えていちようは使えるようにはしてあるのですが、休日はこの子たちをつれてたっぷりと歩き回らないと「引き出しの奥は淋しいわ、アナタと一緒に出かけたい」」 とみんな文句を言う。 それにこの子たちはデート代がかさむんですゎ、なんせフィルムカメラは現像代ちょとツライ。

年末休みはこの子たちに油をさしたり手を加えたりして、少しご機嫌をなだめてあげることにします。 今年は忙しかったもの、来年は少しは暇になって、この子たちとデートする時間が少し持てるようになったらいいんだけどんなぁ。。。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レンズ買った

2014-11-23 22:16:35 | カメラ

 

 

夕暮れ時の錦糸町です。

ここはオシャレな町になりましたね。ロシア、アフリカ、フィリピン、中国、韓国、いろんな方が集まっております。 八百屋さんも広尾のインターナショナルマーケット並に様々な食材が置いてあって、まさにグローバル、時代はTPPであります。 夜のお仕事系のグローバル・スタンダードは錦糸町なんてね。 ~:-P

衝動買いしたLUMIX 20mm f1.7。 作戦とおり資金を集めて目的のカメラを買いに行ったんですけど、結局、目的のカメラは買わずに買ったのはこのレンズ。思わぬ出費をしてしまいました。お金があると節操がなくなりますね。

でも、うれしくてねぇ。カメラ屋さんの隣の喫茶店で飛び込んでカメラにこのレンズを取り付けて試し撮り。ボケ味がウンヌンという評判ですが、解放だとボケボケでもうなんだかわからない。ワタクシの写真はピンボケでレンズの性能と関係ないので参考にはしないように...。 写真はお金をかければ良くなるものではない、ということがよーくわかりました。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

暮れ時の散歩

2014-11-15 22:21:35 | カメラ

ここのところ、どうにも忙しくてゆっくり休みがとれない。休みが取れたとしても法事だの、なんだのと所用が多くてまるっと一日アソビにでることができない。まったく困った状態であります。

土日のどちらかで出勤した時は早めに仕事を切り上げ、アルコールを注入。気分上々、カメラをもってぶらっと東京のどこかを俳諧します。

午後の遅い時間のスタートはどうしても夕暮れ時の散歩になるわけであります。 夕暮は人恋しくて恋しくて、..アタシのココロがふるえてるぅ...

てなことはまったくなて、夕暮れ時の問題は写真が手ぶれてしまうとうことなんですね。 それに低い確度の陽はレンズにキビシイ逆光、暗いところの撮影はノイズが載る等々の悪条件が重なる。 うっかりしていると気づかぬうちに性能の良いカメラ、レンズが物色しているというのがのがいわゆるワタシ的な夕暮れ問題。 

なんですかねぇ。暇があってあちらこちら出かけることが多くて、カメラの出動回数が多い時は、アレコレ新しいレンズがほしいとは思わないんですけど、逆にカメラを使うことが少ないと新しいものが欲しくなって散財してしまう。 やっぱり、忙しいことはいけませんね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M42

2012-09-12 05:39:13 | カメラ


アタシの使っているレンズがほとんどが古いM42レンズ、中にはフジノンとかリコーのM42もあるけど、基本はペンタックス。理由は安くいから。

ねじ径が42mmだからM42、別名プラクチカマウントとかスクリューマウントいろいろあるけど、カメラにレンズを取り付けるときは水道管をつなぐみたいにグリグリ回して取り付けるちょとやっかいで楽しいレンズであります。


SMC55mmf1.8

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カメラって

2012-09-11 05:16:41 | カメラ


なんだろうね、カメラって
デジタル時代になって新製品のサイクルがどんどん早くなっているし
多くの人がネットでカメラの性能や機能、その設計哲学にまで踏み込んで語っております。
どれもみな正解。カメラを選ぶ時、ありがたいお言葉に優柔不断なアタシは惑うわけであります。

しかし、ですよ。
どれか選ぶとしたら、性能はあまり関係はないみたいですねぇ。
大事なのは相性だろうね。結局のところ使ってみて気持ちがいいとか、そんなところ。
でも、これを前もって知るのは結婚と一緒で難しい。失敗したと思ったら我慢する。
一緒にいるうち相性がよくなります。成田離婚はいけません。貧乏になるだけですから。

アタシの場合、昔ながらの使い方のほうが安心するのかな。
三年前に中古で手に入れた3万円のペンタックスKmに20年前のアナログレンズで使うのがいいね。

このM42レンズにしたって、三千円もだせば程度の良いのが手に入るしね。
写った絵をみるてね、やっぱり、最新のカメラよりこのカメラのほうが気持ちが入っているように感じるのはなぜだろうかね。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フイルムカメラ

2012-07-08 08:23:16 | カメラ

息子がフイルムカメラを使いたいというので Canonet G-III QL17をプレゼント。1965年に誕生したカメラ。ジャンク品として千円ぐらいでフリマで買ったヤツです。

今の高校生はフイルムカメラが珍しいらしい。使い方がワカラナイ???
フイルムの装填方法、巻き上げ、ピント露出の合わせ方をひとおとり教えました。
そうそうDP店に持って行くこともね。

さて、出来上がったのは奥さんの実家のお母さんをお見舞いに行ったとき写真。彼からするとおばあさんの写真。孫が撮る写真は義母の表情がとても自然で穏やかな感じ。それを年代もののカメラでパチリ。お見せできないのが残念です。
かわりに義母の愛用していたミシン、なんだか切なくて、淋しい、彼の気持ちがうつてっいるような...、とアタシには思えるのです。いいねぇ、これ。

やはり、素人写真はなんにも考えないで撮るのがいいのかな。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

買ちゃった!

2012-05-03 18:33:34 | カメラ
買ちゃった!

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 単焦点レンズ

ズームってやつはめんどくさい

単焦点レンズが好きという、訳の分からん理由で衝動買いです。

ストレス発散には無駄な買い物が良い薬となるようでありますが、

日本の財政なみとなったへそくり残高。

当分の間はビンボー生活です。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

初デート

2012-01-30 09:00:37 | カメラ

といってもペンEPL1Sとの初デートです。

典型的な冬型の土曜日、国立近代美術館から皇居周辺を歩きます。アタシは寒くさで震えながらシャッターを押すと、小柄で機敏なこの娘はテキパキときれいな絵を撮ってくれます。

時代に取り残されそうなオトーさんは、この娘の素早い動作について行くのがやっとで四苦八苦です。

「昔はねぇ、ヘリコイドをぐりぐり回して、露出を検討してから、シャッターを切っていたんだよ、ほら、こんな風にね。」
なんて時たまマニュアル設定で写真を撮っておりましたが、結局、すべてこの娘にまかせてiオートとう設定にしたら楽にできることを発見しました。

歳をとると古いやりかたに固執しまいがち。若い子たちの話を聞いて気楽に彼ら彼女らのマネして肩の力を抜くと面白いことが起こるかもねぇ。そんなことをカメラから教えてもらいました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加