一瞬に永遠が刻まれて

風景/鉄道/日本の旧街道の写真が中心のブログです。

鉄道撮影地ガイド(東海道新幹線 東京-新横浜間)

2014-01-13 16:25:00 | 鉄道撮影地ガイド
現在、私が趣味としている鉄道撮影ですが、2009年の新幹線500系の沿線撮影以来行った場所も増えてきたので、自身の備忘も兼ねて撮影地ガイドとしてまとめてみたいと思います。
※これまでは鉄道撮影の記事ひとつひとつに撮影地を書いていましたが、今後はこの撮影地ガイドに書くこととし、個別記事への記載はやめたいと思います。

初回は東海道新幹線の撮影地ガイドです。
東京-新横浜間の撮影地となります。
--------------------------------------------------
【東京駅】
適するレンズ:自由
順光時間:なし
許容人数:特になし(ホーム先端は1面あたり10名ほど)
コメント:
東京駅は東海道・山陽新幹線のターミナル駅であり、たくさんの新幹線を手軽に見れます。
長時間停車する列車も多いので、車両細部の観察にも向いています。
編成写真を撮影するには障害物の少ない15~19番線ホームが向いています。
ただし、終日逆光ですし、時期によってはビル影も入りやすいため、曇りのほうがいいでしょう。
なお、東海道新幹線の駅共通のこととして、駅での三脚類や脚立の使用は原則禁止なので、撮影の際はご配慮をお願いします。

作例は18番線ホームに入線するドクターイエローを17番線ホーム先端から広角気味に捕えたものです。

Canon EOS 5D Mark II + Tamron A007 (70mm)
1/320sec F3.2 ISO2500
2013.07.08

--------------------------------------------------
【東京-品川間(交通会館)】
適するレンズ:広角~標準
順光時間:午前
許容人数:10名ほど
撮影地の地図
コメント:
JR有楽町駅の東側すぐにある交通会館にはテラスがあり、新幹線が目の前を通過します。
速度もゆっくりですので比較的撮りやすい場所といえます。
私は交通会館にはあまり昼間に行ったことがないので、昼間の写真はこのぐらいです。

Canon EOS 5D Mark II + Zeiss Distagon T* 2/28 ZE
1/2000sec F4.5 ISO160
2013.05.18

夜の写真になりますが、定番の構図に近いのはこちらでしょうか。
この写真はテラスではなく、南側にあるらせん階段の踊り場から撮影したものになります。

JR東海道新幹線 東京-品川間 (交通会館らせん階段)
Canon EOS 5D Mark II + Zeiss Distagon T* 2/28 ZE
1/125sec F2.2 ISO3200
2012.01.17

--------------------------------------------------
【東京-品川間(JR田町駅自由通路脇)】
適するレンズ:広角~中望遠
順光時間:午前
許容人数:10名ほど
撮影地の地図
コメント:
JR田町駅の改札を出ると東西にわたる自由通路がありますが、その自由通路にある階段から新幹線を撮影できます。
作例は縦アングルにしていますが、編成を入れるなら横アングルのほうがいいでしょう。
車両の顔だけに注目して流し撮りも面白いと思います。

Canon EOS 50D + EF 17-40mm F4L USM (35mm)
1/500sec F6.3 ISO100
2009.09.05

--------------------------------------------------
【品川駅】
適するレンズ:自由(編成撮影は超望遠推奨)
順光時間:午前
許容人数:特になし(ホーム先端は1面あたり5名ほど)
コメント:
品川駅は比較的写真を撮りにくい駅のため、ご参考程度に…
作例は下りホーム先端から撮影した、夕刻に上るドクターイエロー。

Canon EOS 5D Mark II + EF 70-200mm F4L IS USM
(Extender EF 1.4x II使用 = 254mm)
1/200sec F5.6 ISO2500

--------------------------------------------------
【品川-新横浜間(御殿山公園)】
適するレンズ:標準~望遠
順光時間:午前(近くの陸橋から下りを撮るなら昼~午後)
許容人数:5名ほど
撮影地の地図
コメント:
京急北品川駅から至近の御殿山公園は、品川駅に進入しようと車体をくねらせる姿を撮れます。
ここは金網越しの撮影となりますので、レンズの小さなコンパクトデジカメや望遠レンズを使用する方が良いでしょう。

JR東海道新幹線 新横浜-品川間 (御殿山公園)
Canon EOS 5D Mark II + EF 70-200mm F4L IS USM (200mm)
1/800sec F5.6 ISO250
2012.09.29

御殿山公園に入る手前、近くの陸橋からは下り列車を撮れます。ここも金網越しになります。
道幅が狭いので、通行人や自動車等に迷惑がかからないようにしましょう。
JR東海道新幹線 新横浜-品川間 (御殿山公園)

Canon EOS 5D Mark II + EF 70-200mm F4L IS USM (200mm)
1/1000sec F8 ISO200
2013.05.18

--------------------------------------------------
【品川-新横浜間(西馬込跨線橋)】
適するレンズ:望遠
順光時間:午後
許容人数:作例の構図は3名ほど
撮影地の地図
コメント:
背後に馬込橋が印象的に入るポイント。
作例のように撮るには踏み台があった方がよいでしょう。
また、跨線橋から金網越しに新幹線を見下ろしたり、線路西側から超望遠で抜き取ることもできます。

Canon EOS 5D Mark II + EF 70-200mm F4L IS USM(183mm)
1/1000sec F8 ISO200
2012.01.04

--------------------------------------------------
【品川-新横浜間(密蔵院跨線橋)】
適するレンズ:望遠
順光時間:午前ですが午後も光線良好
許容人数:3名
撮影地の地図
コメント:
数ある新幹線の跨線橋からのアングルでも、ここは線路がくねっている関係で動きのある写真が撮れます。
金網越しとなりますし、設備の関係で許容人数は少ないです。

Canon EOS 5D Mark II + Zeiss Tele-Tessar T* 4/300 MMJ
(Mutar T* III 1.4x使用 = 420mm)
1/500sec F5.6(実効F8) ISO100
2014.01.12

また、ここは夕陽がよく当たる場所でもあり、印象的な情景が目の前に現れます。

Canon EOS 5D Mark II + Zeiss Tele-Tessar T* 4/300 MMJ
(Mutar T* II 2x使用 = 600mm)
1/500sec F4(実効F8) ISO100

冬場ですと日没間際に真っ赤に染まります。
(作例はトーンを強めています)

Canon EOS 5D Mark II + Zeiss Tele-Tessar T* 4/300 MMJ
(Mutar T* II 2x使用 = 600mm)
1/640sec F4(実効F8) ISO320

--------------------------------------------------
【品川-新横浜間(多摩川)】
適するレンズ:自由
順光時間:夏場の夕方
許容人数:特になし
撮影地の地図
コメント:
多摩川河川敷での撮影になります。立ち位置や背景の入れ方で多数のバリエーションが作れます。
作例は夏の夕暮れに川に寄って撮影。夕陽が新幹線と水面に反射し印象的な絵に。

Canon EOS 5D Mark II + EF 70-200mm F4L IS USM (78mm)
1/2000sec F6.3 ISO200
2011.07.16

--------------------------------------------------
【品川-新横浜間(武蔵小杉駅南の踏切を渡る歩道橋)】
適するレンズ:自由
順光時間:午前10時ごろまで
許容人数:特になし
撮影地の地図
コメント:
発展続ける武蔵小杉の街を背景に撮れます。
ここは歩道橋によじ登って撮る格好になるので、バランスを崩しての落下事故や衣服の汚れに注意。

Canon EOS 5D Mark II + Zeiss Distagon T* 2/28 ZE
1/2500sec F4.5 ISO200
2012.01.04

--------------------------------------------------
【新横浜駅】
適するレンズ:自由
順光時間:昼以降
許容人数:特になし
コメント:
新横浜駅は新幹線に寄れるうえ、全列車が停車するため撮りやすい駅です。
作例は下りホームから下り検測のドクターイエローを超広角で引きつけたものです。
上りホームからは望遠レンズを使用すれば編成写真を撮れます。

Canon EOS 5D Mark II + Zeiss Distagon T* 2.8/21 ZE
1/3200sec F5 ISO125
2012.08.17

ホームに停車する列車を編成で撮ることも可能です。
夜間に撮影する場合、完全に停車してしまうと車両の顔が暗いホーム端に来てしまうため、停車直前を狙った方がいいかもしれません。

Canon EOS 5D Mark II + Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE
1/100sec F2.8 ISO800
2012.02.17
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 琥珀色の輝き | トップ | 鉄道撮影地ガイド(東海道新幹... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スゴいです。 (majestey 5sj)
2014-11-02 09:25:12

初めまして
撮影地が変わることで、様々な容姿をみせる新幹線を上手く使いこなしていますね。
東海道新幹線は、基本的に白色の部分が多い車両ですから、(ドクターイエローは除きます)
露出値に大変苦労されたのでは無いですか?

私も東海道新幹線を撮影地しているので、お気に入り撮影地を持っていますが、編成撮影出来る
撮影地が、年々少なくなって来てます。
しかしながら、撮影時間を変えて夕焼けに染まる頃合いに、出かけたりしています。
幸いにして、白色の車体が綺麗に染まり上がり、ネイチャー撮影で、富士山を撮影していた頃を
思い出しました。(笑)
Re: スゴいです。 (WarkingRyu)
2014-11-02 22:17:24
majestey 5sjさん、はじめまして。
そしてコメントありがとうございます。

お褒めいただきありがとうございます。新幹線は様々な容姿を見せてくれますから、それぞれを記録していきたくなりますよね。
東海道新幹線は白色ですから、背景との露出差が大きくバランスに悩みますね…白をどれだけ飛ばして問題ないかは注意していますね。

東海道新幹線を撮影されているのですね。
綺麗に編成が撮れる場所が減っているのは同感です。駅撮りですと落ち着いて撮れませんし…
東海道新幹線の白色の車体はいわばキャンバスでしょうかね(笑) 冠雪の富士山もそのような面がありますね。
再びのコメントですみません。 (majestey 5sj)
2014-11-03 23:38:30
こんばんは。
近年300系が退役して、少々気分が落ち込みました。
それまで、300系が大好きで、地元の品川駅周辺で、毎週末には撮影してました。
今は、N700系が主力ですが、次期モデルがどんな形で出て来るのか楽しみです。

リニア鉄道も気がかりですが、こちらはまだ先の話ですかね。
でも、ヘタにカラーリングでお茶を濁すなら、白色の車体が良いですね。
今は、4~5人のグループで撮影していますが、彼らはモノサクがホームグランドなので僕
としては、内心文句タラタラですが、流し撮りやズーム流し撮りで遊ぶ所と割り切ってます。(笑)
仲間に言い訳しても通りそうには、無いですからね…

また、新しい作例が有りましたら是非見てみたいです。
Re:再びのコメントですみません。 (warkingryu)
2014-11-04 19:50:20
majestey 5sjさん、こんばんは。
再びのコメントありがとうございます。

300系は素直にカッコいい!と思わせるフォルムですよね。
私も300系にはお世話になったこともあり、引退前に騒ぎになる前から少しずつ撮っていました。
700系が全車引退となる頃にはN700系も初期車が寿命と見られますから、後継車はその頃でしょうか。

リニアは予定通りなら2027年ですのでまだ先ですが、建設も始まりそうですし意外と早く見れるかもしれません。カラーは…白のほうが東海道の伝統を継ぐ印象でしょうね。

仲間との撮影は楽しいですし発見も多いですが、自由度とは引き換えですね。
むしろmajestey 5sjさんから新幹線に引き込む方向もありなのでは(笑)

最近は東海道新幹線は撮影の機会が減っていますが、また撮れたらアップさせていただきますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鉄道撮影地ガイド」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事