泣き笑い人生のつれづれに

足をのばせば田舎が一杯。散歩の道すがら見たこと聞いたこと気づいたこと、時には歌などできたら、お話したいと思います。

日常生活に戻りました

2018-05-23 14:07:26 | 独り言

5月8日と15日に、右・左と白内障の手術をしました。

手術は、手術室の前で待っており次々と、まるで工場のように淡々と進められました。ベルトコンベアに乗せられて流れていく品物を連想させられました。

しかし、無事に終わって、今は通常通りの生活ができています。

良く見えるようになりました。手術に踏み切って良かったと思います。

がしかし、今まで見えずにシレッとしていた髪の毛が落ちてるのまでしっかり見えて、お掃除が大変。

若いころ、高齢になるにつれ体力は落ちるから、体力に見合うだけ見えるように(掃除で疲れすぎないように)だんだん視力が落ちるのだと聞いたことがありました。

体力に会わぬほど見えれば、アラ困った!フーフー言いながら掃除に励まねばならなくなりそう。

粘着クリーナーをもってコロコロしています。

ではまた、お会いしましょう

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

クリニック主催ウォーキング

2018-05-04 16:06:30 | 自然 お出かけ

5月3日は、高脂血症で通っているクリニック主催のウォーキングに参加した。

年1回の開催だが、今回は鹿児島市内の甲突河畔ウォーキング。川下に向かって歩き、川口近くの橋を渡り、また上流へ向かって戻るというコースだった。

それぞれ自分のペースで歩く。

川沿いの散歩コースを行きながら、今年はカメラも準備していたので写真も撮った。

階段を上り、公園を進むと家族連れで遊ぶ人たちも多かった。

途中、明治時代に第4代と第6代の総理大臣になった松方正義の銅像のところで一旦集合、体力によって、此処から予定よりショートカットして対岸へ渡り戻る人、もっと下流まで行く人と別れる。

私は、頑張ってもっと下り天保山橋で対岸へ渡り、今度は遡って行った。

 戻ってからは、折りしも開催されていたナポリ祭をみてブラブラした。

鹿児島市はナポリと姉妹都市盟約を結んでいてナポリ通りと言うのがあり、今年は58周年を迎えている。

今回バスを止めたところがその通りで、ナポリを思わす出店は勿論、音楽もあり賑やかだった。

午後は、NHKの大河ドラマにちなんで造られた「西郷どん大河ドラマ館」を見た。ロケ風景やセットの模様など展示されていた。

今年も楽しいコースを選んでもらって、満足して帰ることだった。

ではまた、お会いしましょう

 

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

霧音(Muon)コンサート

2018-04-29 09:39:08 | Weblog

昨日は、友達と「霧音(muon)コンサート」に行った。

我が街で音楽活動をしている方たちのオペラを聞くことができた。

鹿児島オペラ協会会員、県文化振興財団アーティストバンク登録アーティスト、全日本ピアノ指導者協会会員など、多くの方が出演、楽しかった。

週1回の運動仲間の一人が音楽教室を主宰している人で、ソプラノ担当で出演されていた。

私はこの方とお話しているうちにチケットを頂けることになった。

聞きに行くのは、数年前に一度行ったきりで2回目だったが、この会そのものは27回を数えていた。

一緒に行った友人は、始めて「聞いた」と喜んでいた。

音楽には一般人のカラオケくらいしか縁のない日常で、偶に、こんな素晴らしい音楽を聞くと心が洗われる。

今回は、若い人たちを育てる目的もあり、中学生のクラリネット、バスクラリネットも参加してもらっていた。

最後に、恒例だと言っていたが、「夏は来ぬ」を皆で合唱して終わった。ジャンルに関係なく、音楽は心豊かになる。

良い一日となった。

ではまた、お会いしましょう

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

香り

2018-04-21 09:54:25 | 独り言

夕方、ウォーキングしていて近所の方と一緒になった。私よりウンと遠回りしての途中だった。

此処から一緒に行きましょうと、最近のニュースなど話題になった。あまり、良くないニュースも今月は世間を騒がせた。そのうえ、近所の人が登場したりで、忌まわしい話題が身近で起きた。

そんなことも話し乍ら、帰りつくとき、「何か咲いてる」と鼻をクンクンなさる。そう言えばそうだ。「奥さん、鼻がいいねぇ」と言いつつ見まわすと、あった!ダイダイの花が咲いていて匂っていた。近づいて、意識して嗅いだり…柑橘類の香りはいい。

これが、やがてダイダイになり酢のものに使われる。年末には、我が家にも回ってくる。

この香りで、嫌な話題の嫌な気分も少しは良くなった。

先日は殺風景な我が家にもシャクヤクが色を添えた。それも良い。 

ではまた、お会いしましょう

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

同窓会

2018-04-14 10:06:39 | 自然 お出かけ

11日12日の1泊で高校の同窓会のために大阪に行ってきた。

本県からは6人参加、新幹線で新大阪につくと迎えが来ていて、ツアーの添乗員さんに従うように、ついて歩いた。 川沿いのホテルに到着。

会場では卒業以来、始めて会う人たちもいて楽しいひと時を過ごし、その後、会場近くの造幣局の桜の通り抜けに行った。花見客の多さは、話通りだった。脇のズラリと並んだお店からはいい香りがして食欲もくすぐられたが、無視。イヤ違った。チラ見した。

外国人の言葉も飛び交うので、私たちも素知らぬ顔で方言丸出し。平気だった。

それにしても同窓会の度に思うことは、何十年ぶりに会っても、すぐ元の高校時代に戻って普通に話せることがいい。会わなかった時間と言うのはすっ飛んでしまう。だから毎回出席している。

2日目は、大阪城に行くことにしてあったようだが、それはもういいと、アベノハルカスに行きたいとの要望で、変更した。

ナントカホド高いところに上りたがるからねぇー。かく言う私もその一人。

お天気にも恵まれた。エレベーターの早いこと。グルーッと360度の展望を満喫した。  

霞んでいたのは残念だったが仕方ない。

疲れてチョイ下り、2階ほど下りたかで休んだ。 迷路の遊び場の横で休んだ。高齢者は疲れるのダ しばらく休んだのち、サー、お土産の買い出しタイムだ。

誰にも話さず出かければいいものを、自分の口が「行ってくる」と吹聴している。お土産の数は増えるばかり。マー、それも良いかな。お付き合いしてくださる人が多いということだから…

<金持ちより人持ち>この歳になれば一層その思いは強く感じる。かくして重い荷物を引っ張ることになったのであった。一巻の終わり。

ではまた、お会いしましょう

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

真冬に逆戻り

2018-04-07 08:24:27 | 独り言

(今日は、コメント欄には鍵を掛けます)

昨夜から、どんどん気温が下がって今朝は真冬に逆戻り。

一旦、夏のような暑さを経験してから急にこの寒さは身に答える。風が冷たい。黄砂も多いということだったが、今のところ未だ向かいの山ははっきりしている。

こんな日だけど、先日からSDカードが悪くなってるのがあり、いよいよ買いに行かねばならない。午前中に済ませよう。

空の色も私の心も今日はブルブル。ガンバレ紅!

ではまた、お会いしましょう

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天草への1泊旅行

2018-03-31 13:45:42 | 自然 お出かけ

27・28の両日で天草へ遊びに行った。

天草市の崎津集落に立ち寄った。ここは世界文化遺産候補、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として12の構成遺産候補地の一つであるそうだ。

私は全く予備知識はなかった。行ってみて初めて知った。

キリスト教が禁じられている中で、長崎と天草地方において日本の伝統的宗教や一般社会と共生しながら信仰を続けた潜伏キリシタンの信仰継続にかかわる遺産群と言うことだった。

身近なものを信心具として代用し、漁村特有の形態で信仰を続けたとあった。昔からあった建物が昭和11年から旅館となり、近年それを使える資材はそのまま使って崎津資料館として、開館し、昔を偲べるようになっていた。 

集落ごとをまとめて遺産候補としているそうだ。

潜伏キリシタンと言っても、別にその点は驚かなかった。長崎や天草地方の離島や半島には点在していると書かれていたが、かつて私が住んでいた甑島にも隠れキリシタンはあった。各地のキリスト教信者は弾圧を受けていた間、(甑島の場合は仏教徒のふりをして)自分たちの信仰を守ったのだ。

旅館への途中、道路脇の田の中に、案山子の大群を見た。その多さに驚き、車をとめた。案山子も最近は、よく見かけるし驚かなくなっていたが、ここの案山子には吃驚!!

様々な農機具を使う姿や、お祭りの行列、それを見る人、昔行われていた土つきの様子など、ウワ ウワ ウワと目を見張る。

 

法被も揃えて、土つき歌に合わせて土つき、している様子、如何にも人のようだ。

旅館でテレビを見ていたら、この案山子祭りのニュースが映った。土つきの案山子だけでも40体だそうだ。大きくない川の土手から、見てる人たちも、アラアラ案山子だ。

反対側には秋の取り入れの様子。

田植えの時の様子から、田車押し、昔あった道具を使って当時を再現してあった。

お祭りの行列があれば、一方には遊んでいる様など、写真もたくさん撮ったが、全部UPするわけにもいかぬ。私も、見てくださる方も疲れてしまいまする。それでも、もう二枚。

後方に見える人らしいのは全て、案山子。テレビニュースによれば、370体もあるらしい。

今回は、全く遊び。案山子の精巧さと数の多さにに驚くという予期せぬ出会いの旅だった。

ではまた、お会いしましょう

 

 

 

 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

今は昔 出身地は誇らしいのです

2018-03-21 13:30:22 | 思い出

近年と言いましょうか、地方の言葉を敢えて使う人を見かけるようになりました。

テレビを見ていても、歌手さんが出身地の言葉を隠さず使っています。先日は、わざわざ出身地のイントネーションで出身地を語っていました。むしろ、地方出身を誇っているようです。

そこで思い出したことがあります。(本当は忘れることは無かった)

私が、上京して1年目。私の仕事では、夕方には、学生のアルバイトさんたちが待っていて車の掃除をするのです。

ある日、掃除に乗り込んできた学生が、出身地の細かい町名を聞きました。私の返答を聞いたとたんに彼は笑いだしました。とっても腹が立ちました。

それで、お前さんは何処の出身なんだ?と言いたくなりました。思うに、彼も地方出身だったに違いありません。だから、共感の裏返し、コンプレックスだったのではないか。そう思いましたね。

当時は、地方出身を馬鹿にする風潮がありました。55年も前の話です。未だに、そのことは思い出しますし、現在のように出身地を誇らしく話す時代を・その人たちを、羨ましい気持で聞いています。

あの時の学生は、今、何処にいて何をしてるのか、今のような時代をどう思うか、聞いてみたいと思います。

いつか、吐き出したいトラウマでした。

これだけでは淋しいので、今朝の風雨に耐えた吾亦紅家の岩躑躅を撮ってみました。

ではまた、お会いしましょう

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

乗車券とれて一安心

2018-03-15 22:24:38 | Weblog

今年は同窓会が開かれる。花の季節に行おうとの幹事の発案らしく来月に決まっている。

今回は地元ではなく、こちらから出かけるので、できるだけ割安で乗れる新幹線を利用しようと調べた。JRに「早や得21」というのがあり1ヶ月前に取ると随分お得に買えることが分かった。

インターネットで買わねばならない。何回も駅まで足を運んだが、良く分からない。駅の人は「検索すれば出てきます」というのみで教えてくれない。と言うより、彼らも良く分からないのだということが分かった。

とにかくやってみようと試みた。途中で躓いたので、困った。ウ~ン・腕組みして考えた。画面が変わらない。JR西日本に電話してみたら、良く分かるように説明してくれた。

「予約する」をクリックするだけの所まで、何回も練習した。1ヶ月前の10時以降予約受付と言うので、クリック競争に負けないように、絶対に買えるようにと必死だった。

そして予約できる初日10時、初体験にはやる心を抑え乍ら挑戦!!

予約を受け付けてもらえて、「しばらくお待ちください」の画面から、予約番号やQRコードが送られてくるまで、交通事故の時のスローモーションになったように時間を長く感じた。

(追突された経験があるのでスローモーションは経験済みだ。)実際は、そんなに長くなかったのかもしれない。

一緒に行く友達の分まで5人分、すぐ買いに行った。一仕事終わった感じでホッとしている。

ではまた、お会いしましょう

 

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

やはり春なのね

2018-03-10 16:53:46 | 独り言

 

陽気に誘われ、かねてと違う路地を歩いていると、そこかしこに美しい色の花々を見つけることがある。今日もそうだった。

イワツツジは青い空を背景に咲き誇っていた。

数軒行くとまた木物の花。草花と違って、その季節にしか咲かない。草花はハウスなどで調節されたりで、最近はいつでも見られたりする。

季節になってみるのが、やはりうれしい。

コメント欄は閉じますね。

ではまた、お会いしましょう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加