山好き ojisan の ひねもすだいありー 

あの山この山、山行の備忘録。♪憧れの山に旅して、登って、食べて、飲んで…♪ 心地よい生き方を探しましょ♪

東北遠征!! 初見山、岩手山!! 編

2020年07月23日 14時49分41秒 | 東北

さて、いまだ梅雨の明けない日本列島です。(7/22時点)

山を始めてから10年以上、天気図や天気予報をじっくり眺める機会の増えた隊長、

お蔭さまでなんとなく 見るべきポイント、押さえるべきポイントみたいなものを

肌感覚で身につけてしまいました。(←って、ほんとかよ?!)

その一つを 今回 特別に披露いたしますと…

『列島に 西から東にかけて長く前線が停滞する時は

 案外とその北側 (稀に南側) に 晴れ間の広がる地域、或いは雨を回避できるエリアが出来る!!』

という法則!!

 

えーっ?!  そうかな~、という疑念を抱いたあなた!! 

一昨年の我隊の東北遠征を思い出してみてください!! (そんなの覚えてる訳無いじゃん)

 

まだ梅雨明け宣言の出される前の、

タイミングとしては ほぼ同じ日取りだったと思いますが

列島全域がほぼ雨雲の下に覆われていた時、それでも隊長は

大丈夫、新潟北部から秋田、岩手以北は けっこう晴れ間ものぞく天気になる、

とにらみ、東北遠征を実施!! 

もちろん見込みもばっちりだったんですが、

なんと、鳥海山を登って下りてきたその朝から

関東甲信以北の梅雨明けも発表されたのでした。

 

今回は、梅雨明け山行を想定して せっかく土日を前倒しして押さえた連休、

無駄にはしたくありません。

天気図はといえば、 まさに“隊長法則”にズバリ、

よし、いけるぜ 東北!!

 

盛岡市内からの岩手山イメージ

ここでスマホアプリ『ヤマテン』を駆使、目指す山は、 『岩手山』に決定!!

所在する都道府県名と山名が一致する唯一の山にして、日本百名山、東北の雄であります!!

そして その前進基地となるのが盛岡!!

文化の薫り高い、これまた東北のキラ星たる 街です。

う~ん、一気に気分が盛り上がってきました!!

 

ただ、気になる点が幾つか…

①岩手県って、まだ新型コロナウイルス感染者が出ていない唯一の県なんだよねぇ~

②登山口、登山ルートは幾つもあるようだけど、そこへのアクセス、

 つまり そこへたどり着く術が 調べても見つけられない…

②については…

先ずは時間節約の為(交通費もだけど)夜行バスで盛岡入り。

そこから先は、しょうがない、最悪タクシー か…  (市内から最寄りの登山口まで30分らしい)

でもお金が勿体ないしなぁ

そうだ、駅前からレンタカー借りてしまえ!! エコノミークラスなら タクシー代の半分で

 借りられるっしょ!?

①については…

 こればっかりは、自分が万が一 無症状でも罹っていた場合を想定して

 極力 人と接触しない事を心掛けるしかない

 山に入ってしまえば 日帰りだし、恐らく 感染を心配させる場面はほぼ無いはず…

 

 夜行バス車内は、当然ながら 乗客もまばらで、 適度な間隔(ソーシャルディスタンス)もあって

 仕切り的なカーテンもあって、うん、これなら大丈夫

 

てな事で、翌朝6過ぎには、盛岡にいる我隊なのでした。

 

レンタカー会社の8時の始業を待つ間、朝食をとって、トイレを済まし、

車に置いていく荷物も仕分け完了、これで用意万端っす!!

レッツゴー!! 

 

6時過ぎに盛岡にいながら、

結局 登山口の「馬返しキャンプ場」をスタートできたのは9時過ぎ…

朝の1、2時間が勿体なかったけど、帰りも車があるっていうのは 気が楽だねぇ~

バスみたいに、時間が決まっていたら ちょっと気が焦るけど…、これは今回の新たな発見だね。

到着したキャンプ場の駐車場には、全部で20台くらいの車。

関東近辺の山で、天気もまずまずの予報だったら さすがにこうはいかないよね、

これなら気兼ねなく 登っていける、いひひ

ここが、キャンプ場?

きれいなトイレ棟と東屋、その脇には岩手山からの

きれいな水が勢いよく溢れ出している湧水口があります…

晴れていれば ここから その山容の全貌が間近に見てとれるのだろうけど

まだ 山頂は雲に隠れていて見えません。

全体にのんびりと、ゆったりとした雰囲気に満ちていて

東北の山のたおやかさが 感じられるスタートです。

ならし物には目ざとい おサル隊員、鐘をならしてスタート!!

コースガイドを見ると、ほぼほぼ 一直線の直登

8合目から上、避難小屋を過ぎてからは その上にもう一段、

山頂墳丘(外輪山)が乗っているような二段山容の山。

基本、日帰りの山らしいから

まぁ、楽しみながら、ゆったり登ろうっと。

深い森の中、進んでいきます。

鳥の声、ハルゼミの声、隊長と おサル隊員の息遣い

静かです…

陽が出ていない分、思いのほか快適に足が進んでいるはずなんだけど

時折 現れる標識で、今 何合目を歩いているかが判り、

これが案外と曲者で、歩いた割にちっとも増えていかない。

前から思っていたんだけど

山によって、この表記の仕方が違っているのがややこしい。

例えば富士山だったら 10合目がゴール、頂上ってわかる。

ところが別の山では 〇丁目、って表記。

これは決してゴールが10丁目ってことではないので、

予めゴールが何丁目か知っていないと、あまり登る為の目安や励みにならなかったりする。

そもそも合目表記って、距離をベースにしたものなの?

標高をベースにしたものなの?

隊長達が知らないだけなのか、ほんとは何かルールが有るのだろうか?

この岩手山は、多分 標高がベースみたいで、

かなり歩いたはずなのに ご親切に「0.5合目」なんて表記してくれるもんだから

却ってモチベーションが上がらないばかりか、 度々心が折れかかる。(笑)

「□□□まで、〇キロ」って表記も、そこに勾配は一切考慮されていないから

時として悪態をつきたくなる。

ヘロヘロになって歩いている時に、目的地までの距離が案外と短くて喜んでいると

とんでもない上りが そこから待ち構えていたりする。(笑)

それもこれも全部ひっくるめて、山の楽しさなのかもしれないけどね…

2合目に差し掛かったところで、先行していた 老夫婦が一休みしているところに出くわす。

老夫婦には さぞかしきついだろうなぁ~ なんて思いながら

我隊も汗を拭き 一休みしていると、お先に~ と 出発していく。

ほどなく、我隊も再び歩き出すんだけれど

いや、この老夫婦の歩きの早いのなんの。

一向に追いつけない。 

3合目を過ぎると、ガレ場に。

やっと老夫婦の姿を視界にとらえる。

4号目で一休みしているところで どうにか追いつき、今度は我隊が先行。

きつい勾配のガレ場で 頑張って差を広げたと思ったら それも束の間、

7合目の前であっさり追いつかれ抜かされる。

いや、感服です。

どうやら奥様の方が とても健脚のよう。

 

このあたりからやっと眼下の雲もとれ、

頭上も眼下もきれいな蒼と碧に溢れてきます。

あ、スタート地点の東屋が ちょうど真下に!! (←矢印のところ)

 

しっかし、東北の山、侮れません。

岩手山、激レアさん風に ラベリングするなら、さしずめ

“地味な名前に隠した、タフな山”ってとこでしょうか(笑)

 

 

 

 

 

ひーひー 言いながら、8号目の避難小屋までやってきました。

ホントは頂上で食べるつもりだったおにぎりを、前倒しでいただいちゃいましょう

 

避難小屋と呼ぶには立派過ぎる、がっしりとした造りです。

雪解け水でしょうか、冷たく清らかな水場。

避難小屋の後ろにそびえる雄大な外輪山を前にして、

予定通り登れるかなぁ、と一瞬不安になりますが

まぁ、一歩一歩行くしかないね

朝一から登り始めていたと思しき人たちが、この辺りで次々と下ってきます。

バテバテだった おサル隊員は、ここで更にザックをデポして、小ザック一つになり復活!!

隊長は我慢して、このまま行きますが、歩き出した途端 脚を攣りそうになり、ペースダウン。

 

『北の国から』の黒板五郎が建てた家みたいな 不動平避難小屋を過ぎると

いよいよ 富士山のような、細かい砂礫の急勾配

一歩 一歩、息を整え、進みます。

まったく、タフな山です。

この綿毛みたいなのが、たくさん舞っていました。

急斜面に、コマクサの群落が

爆裂火口を取り巻くような墳丘を廻り込みながら登り詰めると頂上です!!

あと少し、頑張れ!! 

とうちゃこ~!!

360度、さえぎる物の無い眺望、東北の雄、岩手山、やりました~

ちょうど雲海もところどころキレ、下界も望めます。

これで、何気に百名山 また一座 ゲットです、いひひ

 

富士山みたいな山影が見えていたけど、どこの山だろう…

山頂では、てんとう虫がたくさん舞っていました。つぶす気にはなれないので そっとつまんで放してあげます

眺望を十分楽しんだら、あとはほぼ同じ道を ひたすら下るだけ

最後まで怪我の無いように、気を付けていきましょう

 

帰りは、気を抜くと 脚をとられかねないガレ場の下り、

集中を切らさないように 歩いたので、あとで気付いたらほとんど写真も撮っていなかった…

 

 

 

あの上から 一気に下りて来たんだねぇ…   我ながら感心

 

朝は 山全体を見ることができなかったけど、改めて、雄大な山容です

たわしも備えられていたんで、靴の泥もきれいに落とせました~ いひひ

 

レンタカーも返却したし、

せっかく盛岡まで来たんで、一泊していきます、

もちろん手洗い、マスク、自分たちの為 というか 盛岡の人の為に 怠りません

いかにも 地元らしい居酒屋さんを 見つけました

 

この「ももどり」、絶品でした!!

三陸も近いんで、「ほや」、いっときましょう!!

「ほや」鮮度が命なんです、

“とれたての ほやほや”って言葉は そこからきているんですよ (嘘です)

↑ ↑ 今回の発見!!  いったいなんだと思います?

聞いてびっくり!!  ビスケットの天ぷら なんです!!

食べてみたら、案外いけるんで、二度びっくり!!

翌日 わざわざお土産用に また買いに来ちゃいました(笑)

 

翌日は 市内をぶらぶらしてから、帰ります

歴史ある盛岡銀行の建物も、いがっだなぁ~

 

お昼はといえば、やっぱり一度は これでしょう

おサル君30杯ちょっと、隊長71杯、惨敗っす… 後ろのカップルなんて、二人で200杯クリアしてました

 

これが、有名な『石割桜』か!!  ほんとに 真っ二つに割った中に生えてた!!

 

やっぱり 宮沢賢治先生にも ご挨拶しておかないとね… いひひ

 

『光原社』も、やっぱり押さえておかないといけんね

 

 

極めつけのお土産は、盛岡市民 というか 岩手県民のソウルフード

『福田パン』で決まりっしょ!!

盛岡、楽しかった!!   またいつか来ないとね!!

新型コロナウイルス騒ぎが おさまったら、また来るよ!!

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 梅雨真っ只中、尾瀬縦断!! 後編 | トップ | やっとこさ 夏山到来!! 北ア... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

東北」カテゴリの最新記事