ササめがね~運動あそび塾しらさん家ササのブログ~

しらさんちでの外遊び・運動遊び・自然体験活動
親子ふれあい運動『キズナビクス』
子ども達を取り巻く社会へのメッセージ

茂木さんの著書「挑戦する脳」

2012-08-14 09:13:53 | 感じたコト
「脳トレやら脳活性やら、そんなことはどうでもいい。
世間がブームに乗って騒いだだけのこと。
脳や人生というものはそんな浅いものじゃない。」


新潟市への帰省途中の車内で、たまたまFMラジオから流れてきた、
茂木健一郎さんの対談。


「子どもたちに大切にしてほしいことは“まずは自分でやってみる”ということ」

「“自分の人生を自分で決めて生きていく”力をつけていくことになる」

「養老孟司先生曰く“日本人は外国人から見ると生きていないように見える”」

「“リヴァイヤサン”」


琴線に触れるコメントの数々に、思わず手元にあったレシートに書きなぐった。


どうやら『挑戦する脳』という書籍の出版記念出演であったようだ。

この休み中の読本は決まった。
ジャンル:
子供
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 第3回チャレンジコース『ワイ... | トップ | 秘密の磯遊びin鯨波① »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
言ってる事とやってる事 (ケビン南)
2012-08-15 13:26:13
そんな茂木氏は脱税しましたけどね

そして言い訳「忙しかったから忘れてた」

そんな人間がよくこんな偉そうな事言えますな

子供は「言ってる事とやってる事がちがうじゃないか!?」と一番良く見ています

>言ってる事とやってる事 (ササ)
2012-08-16 07:30:23
あちゃ~、そうだったんだね。批判的コメントをありがとう(笑)
注目される人は余計に注意しないとね。

まだ読み途中だけど、今の世の中どう生きていくのかということを脳から迫るおもしろい内容だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感じたコト」カテゴリの最新記事