真相世界(The truth world)

201011日本シリーズロッテ優勝にみるプロ野球の終焉


別に「ロッテなんかが日本シリーズで優勝したからプロ野球が終ってしまう」という意味ではない。今回の日本シリーズでは、大方の庶民の無関心をよそに、両チームとも全力で戦った。勝利したロッテにまずは「おめでとう」と称えたい。
タイトルの意味は、「プロ野球自体が終焉を迎えつつある状況の中で行われた今回の日本シリーズを取り巻く状況が、いかにも『終焉』にふさわしい内容だった」ということである。

セ・リーグの中日だが、セ・リーグ内では第3位の集客率だが、阪神・巨人に較べればローカルな印象を免れない。

名古屋市内の5つの百貨店にプロ野球・竜V効果、売上高3.4%増--10月前年比 防寒衣料も好調

もともとプロ野球の設定自体が地域依存が条件だったので、その地域が応援する構図自体本来のものである。
現在最大人気を誇る阪神も関西を中心に基盤を置いている。
本来の設定だった地域依存性が喪失したのはマスゴミによる巨人の全国化である。本拠地が東京の巨人は、関東地方だけのファンでよかったはずだが、プロ野球機構とマスゴミが結託してことさら巨人の試合ばかり放送したので、プロ野球は巨人の人気に依存する形で発展した。セ・リーグの他チームも巨人戦に寄生して経営が成り立っていた。
人気球団を持たないパ・リーグは、事実上「半社会人野球」並みの状況に置かれ、選手も低賃金に晒され、セ・リーグへのトレード要員供給基地的存在に落ちぶれていた。

スポーツというと野球一辺倒だった構図が崩れだした昭和50年代以降、巨人の人気も下降線をたどり、それとともに国民のプロ野球全体の関心も低下していった。

ところで、中日は名古屋だが、ロッテはどこの誰が応援しているのだろうか?
「『千葉ロッテ』というくらいだから、千葉の連中が応援しているのでは?」と考えるのが常識だが、千葉県人に一番人気があるのは阪神である。次は巨人だろう。
しかし、実はロッテは阪神・巨人に並ぶ全国的ファンがいるチームなのである。それどころか、外国にまでファンが存在する日本唯一のチームといっていい。

<野球>李承、3打点大活躍…千葉ロッテ日本シリーズ優勝

≪「国民バッター」李承(イ・スンヨップ、29、千葉ロッテマリーンズ)が日本シリーズの英雄的活躍をした。≫

これは2005年の韓国中央日報の記事。韓国ではいつもロッテの試合を熱心に報道している

<野球>金泰均「日本シリーズで優勝し、アジア大会の金メダルも取る」

これは今年である。ロッテは韓国系企業なだけに、在日韓国人や韓国での人気が根強い。韓国にはロッテ・ジャイアンツもある。ロッテは日本プロ野球の「国際化」に最も貢献した球団と言える。

ロッテ

株式会社ロッテ (LOTTE) は、1948年(昭和23年)に重光武雄(辛格浩)氏によって創業された菓子メーカーである。ガム・チョコレートなどの菓子製品の製造と販売をしていることで知られているが、世界各地にグループを展開しており、韓国においては国内第6位の財閥企業である。

≪ロッテの創業者で在日韓国人一世である重光武雄(韓国名: 辛格浩、韓国慶尚南道蔚山郡出身)が、ロッテの収益を資金にして、1965年の日韓国交正常化を期に、母国の韓国に韓国ロッテグループを発足させ、日本以上の巨大企業グループに成長させたからである。韓国でのホテル業の開業については、日本の帝国ホテルをモデルにしたとも明らかにしている。ロッテグループの関係者はこのことについて、「韓国ロッテ設立時から日本で稼201011いだ金を韓国に投資し始めたが、韓国で稼いだ金は一度も日本に持って行くことはなかった」と語っている。≫

ということで、日本で成功した資金を元に更に韓国で発展させた企業なのである。

≪韓国では日本製品の模倣品が多く見られるが、ロッテも例外ではなく日本製品を模倣している。ただし、食品においては特許が成立しないので、商標を犯さない限り模倣品は違法ではない。

韓国のロッテ製菓は、グリコの「ポッキー」(1966年発売)の模倣品である「ペペロ」(1983年発売)を販売している。同社はペペロに関する取材を拒否している。
毎年11月11日は「ペペロデー」とされている。これは、友達同士でペペロを交換し合うというイベントであり、韓国国内において広く認知されている。しかし、平成11年に制定された記念日であるグリコの「ポッキー&プリッツの日」も同じ11月11日である。
グループ会社ではないが、社長の弟の辛春浩が独立して設立した食品会社である「農心」(ノンシム)は、カルビーの「かっぱえびせん」の模倣商品「セウカン」を販売している。
ナビスコの「リッツクラッカー」を模倣した商品が韓国ロッテにて製造されていて、「ゼック」という商品名で販売されている。また、日本にもパッケージを日本語にしたものが輸入されたことがある。≫

韓国式のなりふりかまわぬ経営姿勢が成功の秘訣だったようだ。

≪2005年、日韓間で領土問題となっている「竹島(韓国名は独島)問題」が韓国で社会的な関心を集め、流通業界でも独島マーケティングが広がる中、韓国ロッテグループも、ロッテ百貨店が独島の写真入りタオルを先着20人に無料配布、ロッテマートが「独島を愛するTシャツ」を販売、ロッテドットコムが鬱陵島と独島を周回するツアーを販売、といった独島マーケティングを韓国で展開した。≫

韓国ではなかなか愛国的な企業としても信頼されている。

重光武雄氏の韓国での業績については朝鮮日報が詳細に報道している。

辛格浩 朝鮮日報

韓国系選手が活躍しているのは、勿論ロッテだけではない。ただし、ロッテは会社ぐるみ韓国系なので、韓国系選手にとっては居心地がいいことは言うまでもない。

えっ、「ソフトバンクはどうした?」ですか?

ソフトバンク

孫正義氏は在日韓国人だが、会社の経営法はさほど韓国色が色濃くはない。

NHKには、国民的スポーツのプロ野球の日本シリーズを中継する義務がある

国民的スポーツと言いながら活躍しているのは外人系が目立つのは昔からである。巨人依存体質・外人助っ人依存体質が一時プロ野球を興隆させたが、衰退したのもそれが原因だったことは明らかである。大相撲そっくりのパターンである。

フジテレビが中継した日本シリーズで23時以降のCMが消滅 3000万円の損失か

マスゴミも経営努力を怠っていた。漫然と巨人戦を垂れ流していればそこそこに視聴率を稼いでスポンサーが付いた大昔の体質のまんまで、経営努力の様子もうかがえない。今回の間抜けな対応ぶりもそれに起因している。

高齢化が進む野球ファン…プロ野球中継の視聴者は「50歳以上の男性」が中心!

視聴率の低下は若者離れが原因だ。勿論「50歳以上の男性」も以前ほど熱心に観てはくれない。

日本シリーズ第1&2戦、地上波の全国中継なしでダフ屋がホクホク顔「他府県からお客さんが来て買ってくれた」

中には熱心な御仁もいるが…。

【プロ野球】視聴率悪化で地上波中継が激減…このままでは野球に親近感を抱く層が少なくなる

プロ野球もCSの有料放送だけで観る時代が来そうである。

米国も日本も野球の視聴率低下が止まらない…特に日本のプロ野球はこのままだと存続の危機

アメリカがくしゃみをすると風邪を引くお国柄だから、これが低迷の最大原因かもしれない。

【プロ野球/コラム】野球は日本の国技であり文化だ! 巨人戦の視聴率だけでプロ野球の価値を判断するな

もはや時代遅れのジジイの妄言にしか聞こえてこない。

【アジア大会】「野球」など8種目に除外の可能性…2014年仁川大会では7種目削減へ

結局野球はアメリカの影響で国際化したのである。本家が撤退すればかくのごとし。日本の都合など世界が考えてくれるわけがない。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「極右閣下の独り言」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事