わらべうたとえんげきの広場はちみつ

こどもたちに
生きていく力になる
物語を伝えたい。

東日本大震災 勿忘の会

2017年02月13日 | 演劇

2017年 3月5日(日) 午後2時 ~ 午後5時 


「忘れないで欲しい」

被災地に赴くと必ず出会う声です。この声は、私に「忘れつつあること」「忘れてしまっていること」はないかと問いかけてきます。そして、「忘れないとはどういうことなんだろう」と、そのたびに自らに問いかけます。

この声に真向かう時と場所を、皆さんと一緒に持ちたいと思います。

 

 


<場所> 真宗大谷派金沢別院真宗会館ホール  金沢市安江町15-52

会場駐車場あり/JR金沢駅東口より徒歩7分/北鉄バス「リファーレ前」より徒歩1分

<料金> 入場無料

<内 容>

・お勤め (真宗大谷派の儀式作法に則って) 正信偈草四句目下 同朋奉讃

・紙芝居 「フクシマ・レジェンド」

            福島の鬼子母神伝説と震災をつないで描く

・お話  奈良井伸子 

              北陸避難者の会事務局 保養「夏休みこども演劇合宿inこまつ」事務局

    やべみゆき

               福島県に生まれ育つ。福島大学卒。福島県立医科大学博士課程修了。
             「お話を聴く時の子どもの脳活動」の研究で学位取得(医学博士)。
     語りを故・櫻井美紀氏(語り手・口承文芸研究者)に師事。郡山市在住。   

・交流  茶話会の様な形で、みなさんと思いを語りあえればと思います。

「小さき声のカノン」DVD販売あり 鎌仲ひとみ監督も来られます。

                    

【問い合わせ先】真宗大谷派金沢災害支援ネットワーク事務局 乙丸 唯

石川県金沢市大浦町へ90 TEL:090-4287-5632  PC:sin.3.sound.7@gmail.com

【主催】真宗大谷派金沢災害支援ネットワーク


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島の語り部による民話語り... | トップ | 「さよなら、めくらども」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇」カテゴリの最新記事