燕たちの憂鬱

ここ神宮の杜では、今宵も燕たちの溜息まじりの歓声がこだまする!

4連敗で連覇の夢断たれる!

2022-10-30 23:45:37 | プロ野球
昨日の敗戦で窮地に立たされたスワローズ、形勢再逆転ならず、4連敗で連覇を逃し、今シーズンの終戦を迎えた。



初戦、幸先よく、オリックス=日本のエース・山本を攻略し先勝。第2戦は、9回、内山の奇跡の同点3ランで追いつき、引き分け。第3戦は、そこまで不調だった山田哲人の3ランで快勝と、ここまではスワローズの流れ。だが、正直うまく行き過ぎで、いやな予感は有った。予感的中!第4戦以降、形勢が一変。バファローズの投手陣に連日きりきり舞いで、なかなか得点を奪えず、スワローズの投手陣もそこそこ踏ん張るも勝てない展開の連続。それでも勝つチャンスの有る試合は有った。第5戦、接戦を1点リードで9回を迎え、満を持して抑えのマクガフ投入。そのマクガフ、先頭フォアボール~送りバントの後、ピッチャーへの強い打球をはじき、慌てた1塁への送球が大暴投で、ノーヒット(記録上は1安打)で同点。こうなると、流れは一気に相手に傾くはなぁ。最も警戒していた、4番の吉田にものの見事にサヨナラ2ランを浴び、痛恨の逆転サヨナラ負け。4番の一振りで勝利したバファローズの勢いを止めることはできず、神宮に戻ってからは、防戦一方の印象だった。
このシリーズ、直接の敗因はマクガフの背信だが、今年は鳴りを潜めていたが、元々コントロールに不安が有って、昨年の初戦もそうだったが、先頭フォアボールの後は大概失点につながるピッチャー。抑えとしては、守護神と言うには不安いっぱいってとこが有り、それが大事な場面で出た形。あの試合勝っとけば、まだ3勝3敗で、最終戦、こっちは今一番信頼できる高橋奎二が控えてたから、充分勝機は有ったはず。それより、打撃陣が山本以外のピッチャーにあそこまで抑えられたのが大誤算だった。頼りの村上が、シーズン55本目のホームラン以降崩した調子を取り戻すには至っていなかった印象だし、山田に至っては3戦目の3ラン以降ノーヒットの有様!それだけバファローズ投手陣が良かったとも言えるが、いくらなんでもやられ過ぎでしょ。

惜しくも2年連続日本一とはならなかったが、今年もここまでプロ野球を満喫させてくれた選手・首脳陣に拍手!来年は、球団史上初の3連覇だ!!!

東京ヤクルトスワローズランキング

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大一番に完勝 | トップ | 優勝の最終関門は宿敵・早稲田 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿