動物たちにぬくもりを!

動物愛護活動の活動経過や日々の出来事、世の中の動き等幅広く紹介します。

中国、高速道路で車にはねられバンパーに挟まった犬

2015-04-24 06:16:25 | 新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍・ブログなど

中国・湖南省 高速道路で車にはねられバンパーに挟まった犬、軽傷で助かる

2015年04月03日 新華ニュース



4月2日付の報道によると、高速道路で時速100kmで走る車にはねられた犬が生還する確率はどれくらいか?
湖南省で犬が車にはねられ、バンパーに挟まったが、軽傷を負うだけだった。
この犬はブタ、ネコらと一緒に「強者同士の連盟」を結成した。

3月26日に湖南省婁底市出身の張さんは車で鳳凰県から婁底市に帰る途中、道路を横断する犬にぶつかった。
張さんによると、スピードが速かったため犬は死んだと思い、停車して確認することなくその場を離れた。
ところが、少し走ったところで車の底から犬の声が聞こえたてら停車して車を調べてみることにした。
車の周りを2回まわった時、犬の鳴き声がし、張さんは犬がバンパーの隙間に挟まっていることを発見した。
張さんによると、犬は水タンクまで距離があり、体もぶら下がっておらず、しっかりと挟まっており、危なくないことを確認した後、引き続き道を急いだ。
たびたび停車して犬の状況を確認しながら400km走行した。
張さんは婁底市に到着すると、すぐに動物病院に行った。
検査の結果、犬は軽傷を負っただけだったので、張さんはほっとした。
張さんによると、高速道路ではねられ、車のバンパーに挟まって400kmも走行した後も死んでおらず、この犬の命は貴いものであり、この犬を飼うことにしたという。
3月30日に張さんは三輪車を借りて犬を連れて家に帰った。
(翻訳 王秋)









                                                      以 上

すごい出来事ですね。
なんと言ったらいいのか、ただただ驚くばかり。
二人には深い絆の関係があるのかもしれません。
(Fujita)


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 殺処分ゼロ達成!動物愛護行政 | トップ | 無人の町 動物と生きる »
最近の画像もっと見る

新聞記事・Webニュース・テレビ・書籍・ブログなど」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事