女優奮闘記~日本伝統文化と東洋医学

こころの日記です。いつも心に太陽を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

尺八作り

2017年12月22日 22時26分04秒 | 日記
今日は、千駄木のコムソーコヤさんへ行き、
尺八を作ってきました。
え!と思われますよね。
私自身も「まさか」です。



千駄木から歩いて3~4分。
柳通りをちょっと入ったところにお寺があって、



この尺八が目印です。

夫にアーミン・ローベックさんのところに尺八を習いに行ってもらって1年。
夫がしばらくお稽古に行けないので、
ローベックさんにお願いして
12月から夫が復帰するまで
お稽古に通わせていただくことになりました。

夫の尺八を使うのもなあ…と思って
ネットで尺八を探したら、
コムソーコヤさんのサイトに出会いました。

尺八のお稽古は12月17日の1回だけ。
サイトを見て、
ぜひ作りたい!と思ってメールしました。
そして、今日伺ったというわけです。



入口に竹がいっぱいありました。

中に入って、すぐに作りました。
「はい、切ってください」
のお義理を苦勝ったことがほとんどない私は
へたくそながら、竹を切ります。

「はい、この鉄棒で、中の節を抜いてください」
とん、とん・・・

「中を削ってください。時間かかりますよ」
 
「どちらを前にしますか?」

「これが安定します」
「そうですね、こちらを前にしましょう。」

「これで削ってください。」
(口のところを斜めに削ります。緊張~~~)

土屋さんが吹かれました。ふ~~~~
ロ音が出ます。
「ちょっと吹いてみてください」
ふ~~~~
「よく出ますね」(なかなか出ないらしい)

「下から12センチに印をしてください。
あとは5センチ1ミリで印をしてください」

そうして穴をあけていきます。

緊張~~~緊張~~~~

まさかまさか全部自分でやるとは思っていなかったので
緊張の連続でした。
最後の穴をあけた時、
疲れがど~~~~!



「音、大丈夫ですね」



私の尺八作り初体験でした。

また作りに行きます。
土屋さんはすごい!

24日に、お稽古があるので、
この尺八をローベックさんに見てもらおうと思います。
OKをいただけたら
この尺八でお稽古します。
うちのかっちゃんもびっくりしていました。

のこぎりもやすりも穴あけも
初めて尽くしの3時間でした。




『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 弁護士さん | トップ | 女子フィギア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事