女優奮闘記~日本伝統文化と東洋医学

こころの日記です。いつも心に太陽を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

保育園での演奏会

2018年03月20日 20時34分15秒 | 日記
今日は最高に楽しい1日でした。
アーミン・ローベックさんと砂田直規さんに、
船橋の夏見第一保育園の園児たちへ
チェロと尺八と歌の演奏会をプレゼントできたのです。

2才から6才の園児たち約100名が、
どんな反応をするのか、
とても楽しみでした。

きっと集中してくれ、楽しんでくれると思っていました。

予想以上でした。

チェロのバッハの「無伴奏」が終わると拍手してくれ、
サンサーンスの「白鳥」も集中して聞いてくれ
ベートーベンの「メヌエット」で思いがけない
忘れられない反応が!
スタッカートの早いテンポになったとたん、
みんながきゃっきゃと笑います。
なんどもなんども笑いました。

う~~ん、ベートーベンはすごい!
幼児たちの心をも、あんなにワクワクさせたのですから。

尺八はジブリから「もののけ姫」「千とちひろの神隠し」より「いつでも何度でも」。
知っている子も多く、ゲゲゲの鬼太郎でもよくきいてくれた。
そして
砂田さんのあのバリトンの声の迫力!
みんなびっくりしたね。
でもうれしそうだったね。

みんなで一緒に
メリーさんのひつじと、キラキラ星と、どんぐりころころを歌った。

30分間の素晴らしいステージ。

この演奏会で、音楽のすばらしさを
感じてくれる子たちがいてくれたら
うれしいな。
みんなとっても楽しそうに帰っていった。

一翔が卒園まであと4年。
4年は続けたい。ローベックさん、砂田さん頼みますよ~(^0^)V

篠田先生の写真が楽しみだ。

園長先生はじめ、先生方のご協力のおかげで
素晴らしい演奏会になったこと、あらためてお礼を申し上げたい。

4人で、祐ちゃんちへいき、
祐ちゃんは懐石料理をだしてくれた。
いやぁ、私までご相伴させてもらい
心のこもったおいしいお料理に
最高に楽しい会話、
ローベックさんに会いたがっていた砂田さんはご満悦。
わたしも至福の時間を過ごさせていただいた。

人生の珠玉の喜びは
心がワクワクする時間を
すごすことだ。

これからも
楽しいワクワクする時間を
持ちたいと思う。

明日は
佐倉。

ありがたいね。

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マリーナ先生が! | トップ | のえちゃんおめでとうさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事