Inspiring

スキーの中心地★東京神田★より
ワンゲルスポーツのスタッフがお届けするBlog。
現在は月曜日と金曜日更新予定です。

“穴、開けてみますか?”の巻

2011年08月23日 | お知らせでございます。

フゥ~。。。

30℃超えでございますねぇ。

ここしばらくはかなり涼しかったので、体が対応しきれており
ません。

ボヤァ~っとしておりますよ。

明日もお天気は良さそうでございます。

ワンゲルスポーツは定休日でございますので、残り少ない
夏を満喫するために、ワタクシ、何をしようかと思案中で
ございます。

いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、本日も先日に続きまして、目立った新入荷情報などが
ございませんので、またまた“細かぁ~い”ところをチョロッと
ご案内さし上げます。

本日のタイトルは、

『“穴、開けてみますか?”の巻』

ということでございますが、まああまり時間もございません
ので、前置きなしで即本題突入でございます。

Rex01 《 REXXAM 》です。

あれっ? もう飽き飽きですか?

まあそう言わず、ちょっとの間お付き合い下さいませ。

Rex02 Rex03 Rex04

【 DATA Line 】【 FORTE Line 】【 XX Line 】
アッパーシェル背面部(Rex05は除く)をご覧いた
だきますと、

Rex06

こんな感じになっております。

さらに、クローズ・アップすると…

Rex07

こんなモノが装着されております。

このシルバーのパーツ、お買い上げいただいた時点では
下段はビスで固定されておりますが、上段にはビスが
入っておりません。

これをさらにクローズ・アップ。

Rex08

上段のビスを入れる穴の部分に関しては、シェル本体に
穴は開いていません。

何を申し上げたいのかと言えば…。

このパーツ、【 ACプレート 】と申しまして、上段のビスを
入れて上下2箇所で固定することにより、よりいっそう
シェルの持つ素早いレスポンスを引き出すことが可能と
なり、加えてバックサポートを強化することができる
のです。

※“フレックス”を硬くするためではなく、あくまでもブーツの
 “返り”をサポートするためのシステムでございます。

Rex09

固定するための【 ACボルトナットセット 】なんですが、

【DATA-93・83、FORTE-93・87】には付属していません。

別売となりますので、お問い合わせ下さい。

また、この【 ACプレート 】にはもう一つの役割がござい
ます。

【 DATA・FORTE・XX Line(XX-7.0を除く) 】の標準前傾
角度は“13.5度”なんですが、
別売【 +2°ACプレート 】2ac1に変更すること
で、前傾角度を深くすることが可能なのです。

☆レクザムさんの〔 Version-UP Parts 〕を拝見。
http://www.rexxam.com/ACCESSORY/parts.html#ac


ちなみに、余談ですが…

先シーズンモデルの標準前傾角度は14度でございました。

レクザムさん以外にも、ここに来て前傾角度を“起こす”
ブーツメーカーさんがチラホラ。

なぜ…?

“起こす”ことで得られるメリットをここで語り始めてしまい
ますと、ワタクシ、泊まり込みになってしまいますので…。

とにもかくにも、標準搭載の【 ACプレート 】をフル活用して
みてはいかがでしょうか!!

せっかく付いている機能を試さないのはもったいないですze。

ここまでのご案内で、

「よぉ~し、穴開けてみっかぁ」と

盛り上がってしまった方、いらっしゃいますか?

誠にすみません。。。

シェルへの“穴あけ”は、あくまでも“加工”になりますので、
有料
となりますdesu。
(詳細は店頭もしくはお電話でお問い合わせ下さい。)

『何でも試してみる!!
         上達の秘訣だったりします。。。』

Staff TETSU


※明日8/24(水)、
  ワンゲルスポーツは定休日でございます。