Inspiring

スキーの中心地★東京神田★より
ワンゲルスポーツのスタッフがお届けするBlog。
現在は月曜日と金曜日更新予定です。

FT BOOTS モデル別詳細のご案内です!!

2019年06月03日 | こんな感じですよ!!


皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

今回は掲題の通り、
FT BOOTSのモデル別詳細をご案内させて頂きます。

インターナショナル↓のディーラーカタログからと、


すでに弊社に↓入荷した製品の画像も

合わせて掲載致しますので、

そこに記載されているSHELLやLINERタイプなどをご確認頂き、
先日当ブログにて「予習」して頂いた特徴を当てはめて頂ければ、
それぞれのブーツの特徴をご判断しやすいのではないかと存じます。

ではコチラ↓カタログ
  ← TOM WALLISH PRO(トム ウォリッシュ プロ)
SOUL SHELL &PRO LINER で、Last (=ブーツ幅99mm) 、FLEX 6 (硬さ)、などが表記されています。


  

↑ストラップはPOWER STRAP。
SHELLは、SOUL SHELLタイプ=(シェル内側のつま先付近に少~し余裕があるWide toe) 仕様です。

Lastとは、ブーツの幅を表しているのですが、目安です。
というのも、FTブーツの中で、同じLast幅99mm表記でも、
SOUL SHELLやORIGINAL SHELLに、さらに、組み合わされるLINERの種類により、
つま先付近の雰囲気は微妙に違いますので。

 

DROP KICK ↓

  


   

LINER(インナー)は、タングタイプの↑CLASSIC LINERなので、
履きやすく、インナーを熱加工しなくても履ける方も多いです。




↓DROP KICK PRO

 

前述のDROP KICKと、シェルの内容は同じ仕様ですが、
LINER(インナー)が違い、Overlap(巻き)式で、
 
少し硬めの質感のPRO LINER 仕様です。

  

そして↓FIRST CHAIR 6 (ファーストチェアー シックス) 
 

SHELLは、TOM WALLISH PROと同様の SOUL SHELLですが、
  
LINER は足に少し優しいPERFORMER インナーです。

 

そして↓Women'sモデルの SOUL SISTER 4 (ソウル シスター フォー)
   
SHELLはDROP KICK同様のORIGINAL シェルですが、 
FLEX(硬さ)がDROP KICK(=FLEX6)よりも柔らかいFLEX4。
   
LINERはDROP KICKと同じ形式のタング付きタイプ= CLASSIC LINERです。

 

上記の5機種を弊社は在庫展開致します。(ほんの少しですが一部入荷済み)
上記以外のモデルも、お取り寄せができる場合がございますので、
お問い合わせ下さいませ。

どのFTモデルも、なかなか機種&サイズが出揃わず、
(揃う前に売り切れのサイズが出る場合もあったりしますので)
お探しのお客様におかれましては、
お買い求めになられるタイミングが少し難しい場合もおありかもしれませんが、
いずれにいたしましても、
今年もかなり早く無くなりそうな予感が致しますので、
ご検討中の方は、どちらのショップ様でお求めになられましょうとも、
なるべくお早めにショップ様にアプローチをされますことをお奨め申し上げます。


スタッフY


PINKのスキーも、少~しですが、入荷してきていますょ。

2019年05月31日 | こんな感じですよ!!


皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。


南の地域から続々と梅雨に入っていかれつつあり、
関東も、もうすぐですね。

梅雨の後に夏、秋、と続き、すぐに冬がやってきます。
日本の四季、素敵ですね。


さてさてそのような梅雨入り直前のちょっと蒸し蒸しな東京・神田の弊社には、
掲題のSKIS↓ が入荷してまいりました。

 

PINK ,  ORANGE ,  RED , BLUE ,  BLACK/YELLOW , GREEN , ect..

弊社店内は、カラフルなカラーのSKISで、
どんどんと埋め尽くされつつあります。


よろしければぜひお越し下さいませ。

もちろん、お電話にて、簡単便利な通信販売も
お気軽にご利用下さいませ。

TEL 03-3293-0491
ワンゲルスポーツ
スタッフ一同 


'20 FT BOOTS  仕様編

2019年05月24日 | こんな感じですよ!!



皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

今回はFT BOOTS の仕様について、少々ご案内をさせて頂きます。




'20 FT BOOTSには、SHELL(シェル=外側)に、
4種類の違い↓が存在します。



「ORIGINAL」 , 「SOUL」  ,「EVOLUTION 」 , 「EVOLUTION PRO TOUR 」
の4種類です。

ORIGINAL SHELLは、30年以上前から受け継がれている、
3ピース式SHELLの代表的なSHELL 形状で、
'20 NEWモデルでは、DROP KICK PRO , DROP KICK , SOULSISTER 4 , CLASSIC PRO, 
DROP KICK S に採用されています。

そして、
SOUL SHELL↑は、ORIGINAL SHELLをベースにして生まれたモデルで、
ORIGINAL シェルよりも、つま先付近がやや広く設計されているのと、
ブーツのソール部分のラバー素材が広い範囲に施されています。
'20NEW モデルでは、TOMWALLISCH PRO やFIRST CHAIRシリーズ、
SOUL SISTER 6 に採用されています。

 

 


そして、↑EVOLUTION SHELLは、FT社で独自に製作された金型で、
ORIGINAL やSOUL SHELLタイプよりも幅が広く設計され、
なおかつ、足の脛(すね)部分のタングといわれるパーツやバックル形式も
ORIGINALやSOUL SHELLと違うので、履かれる印象はかなり違います。
'20 NEW モデルでは、B&E PRO とDESCENDANT シリーズ、
そしてPLUSH(レディース)シリーズに採用されています。

そして、EVOLUTION PRO TOURは、EVOLUTION SHELLをベースにして、
バックカントリー用に生まれたモデルで、ASCENDANT に採用されています。


以上の4種類のSHELL 形状を基に、
FLEX (硬さ)の違うバリエーションが組み合わされ、
さ・ら・に、 4種類のLINER (日本では一般的にインナーブーツと呼びますね)があり、
その組み合わせで製品化され、モデル・デザインの違いが存在する訳です。

そのLINERですが、'20 モデルは↓の画像の通り、


PRO TOUR , PRO , PERFORMER , CLASSIC、 の4種類がラインナップされています。
↑写真の上から3モデルはOverlap(巻き込み)タイプのLINERで、
下段のCLASSIC LINER は、詳細は後述させて頂きますが、巻き込みタイプではなく、
一般的なブーツに採用されているものと近いタング付きモデルです。

これらのLINERの中からチョイスされて、前述のSHELLと組み合わせて、
それぞれのモデルが製品化されます。

 
では、LINERについてのご案内ですが、
PRO TOUR LINER↓は、バックカントリーモデルの
ASCENDANT用ですね。


PRO LINER↑は、レスポンスの良さとパワーを伝えやすい造りで、
その分、足に対してのコンタクトが強めなので、
エキスパート向きの履き心地です。
弊社お取り扱い機種の中では、
TOM WALLISH PRO , DROP KICK PRO に採用されています。



PERFORMA LINER↓は、
軽さと敏捷性を併せ持ち、PRO LINERに比べてほんの少し柔らかいので、
足に対して少し優しく感じる履き心地のLINERです。
昨年までのDROP KICKや、'20 NEW モデルの弊社展開アイテムでは、
FIRST CHAIR 6 に採用されています。



そして、CLASSIC↑ LINERは、今まで上記でご案内させて頂いた
Overlap(巻き込み)タイプのLINER とは違い、
一般的なブーツに採用されているモデルのように、
脛(すね)に位置するところにタングが付いているモデルで、
お試し履きの段階で、すぐにそのブーツの感触がわかる、
とても履きやすいLINERです。

弊社お取り扱い機種の中では、
DROP KICK と SOULSISTER 4に採用されています。

 

以上のような組み合わせになっています。

それぞれのモデルの詳細につきましては、
またあらためてご案内をさせて頂く予定でございますので、
よろしければぜひご覧下さいませ。


どうぞよい週末を。


スタッフY


スキーモード全開です!

2019年03月22日 | こんな感じですよ!!

皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

東京は少し暖かい陽気ですが・・・。


ワンゲルスポーツはまだまだスキーモード全開です!

主要なスキー場のゲレンデコンディションも良好みたいですよ。

雪ある限り、とことん滑りましょう!

スキー用品のご要望はお気軽にワンゲルスポーツまで
TEL 03-3293-0491

STAFF masa

 


SMITHゴーグル「新モデル」!

2018年04月23日 | こんな感じですよ!!

皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

来シーズンSMITHより発売される

「I/O MAG」ご紹介いたします。

マグネット方式でレンズが固定されていて脱着は慣れると数秒で可能です!

 

 ↑ カラーラインナップはこちら
「THE NORTH FACE」とのコラボモデルもあります。

現地でもテストしてみましたが特殊なマグネットでフレームにレンズが勝手に誘導されとても脱着し易かったですよ!
また、フィット感や視界もとても良好でした!
皆様も是非候補の一つに入れてみてはいかがですか?

STAFF masa


来期新登場のモーグルスキー、その②

2018年03月21日 | こんな感じですよ!!



皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

今日はここ東京・神田でも雪が降りました~。


さてさて本日は、
先日ご案内させて頂きました FISCHER 社に続きまして、
来年度新たに発売される予定の ROSSIGNOL社 MOGUL SKISのご案内です。

2種類のモデルが発売される予定です。




↑ 選手仕様の HERO " ATHRETE " MOGUL ACCELERE  
展開サイズ166cmと177cmで、メーカーさんの推定小売価格¥95,000(税別)

と、

↓ソフトバージョンのHERO MOGUL ACCELERE 
展開サイズ158cmのみで、メーカーさんの推定小売価格¥75,000(税別)
 


ともに生産台数はすごく少数です。

 

以上、ご参考までに。



スタッフY


セパレート金具の定番・売切れ間近!

2017年11月10日 | こんな感じですよ!!
皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

本日は、コチラの製品の案内です。


↑LOOK P12 DUAL WTR

↑MARKER GRIFFON 13 ID

↑TYROLIA LX12 BK/YL

どれも2017「旧」モデル、モーグル板やフリースタイル板にお取付けする事が多いセパレート金具の定番品です。

※残りあとわずかとなります・・・。

ご注文・お問い合わせはお気軽にお電話にて!
ワンゲルスポーツ→03-3293-0491

STAFF masa

ウッカリです・・・。

2017年08月28日 | こんな感じですよ!!
皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

暑さも落ち着いた東京・神田です。

本日は、少々マズいお知らせです!

コチラの製品が残りあとわずか・・・!

2017モデル「SALOMON X-MAX X12」
大変お得な旧モデル!
私達もウッカリしていたら在庫があと数本に・・・。
購入をご検討の方はとにかくお早目に!
※売り切れの際にはご了承くださいませ。

ご注文・お問い合わせはお気軽にお電話にて!
ワンゲルスポーツ→03-3293-0491

STAFF masa

本日の弊社。

2017年05月22日 | こんな感じですよ!!


皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。


東京・神田は今日もとても気温が高いですが、
気持ちのよいお天気です。


さてさて本日月曜日は、
週末にご販売させていただいたSKISや、
TUNE UPでお預かりさせて頂いていたSKISなどの
梱包・発送業務で朝からとっても忙しくさせて頂いております!

    



↑本日発送作業第一便の一部です。

まだまだ発送作業は続きますぅ~


ご利用下さりました皆様、
たいへんありがとうございました。


クロネコヤマトさんが、
まもなく御手許にお届け致します!!


スタッフ Y

“9シーズン目…”の巻-2017/2018 フォルクル-

2017年05月08日 | こんな感じですよ!!
ゴールデンウィーク終了。

“お休み疲れ”、、、大丈夫ですか?

遠路遥々ご来店いただきましたお客様、痛み入ります。

GW期間中、
普通にお仕事だった方はこれからお休みを取られるのでしょうか?


いつもInspiringをご覧いただき、誠にありがとうございます。


長い連休中、かなり多くの“ラス1”が旅立ってしまいました。

せっかくお越しいただいたのにタッチの差で完売。。。

“旧モデル”を狙っている方はお気をつけ下さいませ。
お値段が落ちる前に、モノがどんどんなくなっていきますので…。


さてさて、

「旧モデルには全く興味がないんだよね」という方がいるのも事実。

というところからの本日のタイトル。


『“9シーズン目…”の巻』


…だそうですよ。

気がつけば、もう9シーズン目に突入なんですねぇ。

不思議だなぁ、色褪せない。

あっ!! サブタイトルどおり、

⇒こちらのブランドからのご案内ね。


まずは前置きとして、歴史を少し振り返ってみる。

シーズン

フォルクルが
をデビューさせました。

いやぁ、覚えていますか?

鮮烈な登場だったなぁ。
何と言っても“ジャパンモデル”の投入でしたからねぇ。







そんでもって、

2017/2018シーズンに向けて、

この【JAPAN SELECTION】がどうなったかといえば、、、


その前に、

ロゴマークをFreeSki系で使用していたモノのイメージに全面的に統一。

これにより、
“あるところ”に大きな変化がもたらされることになりました。

では、本題に戻りつつ…
9シーズン目に突入!!

おめでとうございまぁす!!!!!(??)

ラインナップは、
⇒こんな感じ?!

各モデルの2017モデルからの“変化”をたったの一言で表してみますと、

【SD】…やや難しくなったかな。本来の姿かもしれない。
【CD】…これは乗りやすくなった!!今までで一番良いかも。
【SW】…ヤバい、すごくイイぞ。これは乗った方がいい!!


※上記3機種に関してはサイドカットなど基本構造の変更はないけど、
 現実的にはトップシート素材変更の影響を受けて乗り味が変わってるよ。

【SC】…確実に上級者へステップアップしたい方はこれに乗ればいい!!
【SRC】…想定外のポテンシャルの高さに技術が引き上げられる。


※上記2機種もサイドカットなどの変更はないけど、vMOTIONプレートに
 載せ替えられたことでスキーセンター部分の捉え感がワンランクアップ!!

で、

???

気づいちゃいましたね。

【PLATINUM GD】
と、
【PLATINUM TRS】
は、シリーズより消えてなくなります。

人気がなかった…というワケではなく、
ただ単に増えすぎてしまったラインナップを見直して、
カブッてるところは整理したということなのです。

お話が行ったり来たりで申し訳ありませんが、
Newデザインに注目!!

前季までは、
スキートップからビンディングトゥピースにかけて、
思いきり「Volkl」ってデザインされていましたが、
来季からは、
ロゴーマークをトップ部分にチョコンと載せ、
“プラチナム”というシリーズ名をメインにデザインしています。


カッコいいよね?? こっちの方が断然いいと思う。

で、またお話を戻しますが、

【GD】というロングターン系のモデルがなくなってどうする?

ガツンとやる人は、

⇒rMOTION2プレートが搭載されている“やさしめ”のGSモデルがあるので、
 それに乗ればいいだけのこと。

それと、オマケのお話としては、

【PLATINUM SD】で我慢できない人(?)は、
 これもまたrMOTION2プレートVer.の【RACETIGER SL WC D】
 乗ればいいんだよ。


とまあ、
ザックリとご案内さし上げたしだいではございますが、
いかにワタクシがこの【JAPAN SELECTION】を高く評価しているのかを
お分かりいただけたかと思います。

来るシーズンに向けまして、何をチョイスすべきか…ぜひともご相談下さい!!


『5機種全てが、オススメです!!』

Staff TETSU

サクラは散っても綺麗でした!

2017年04月26日 | こんな感じですよ!!
皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

今朝の事ですが浅草の友人から頂戴しました!

1年に1度の光景だそうです!
普段は普通の公園の池ですが・・・。
散ったサクラにこんなチカラがあるとは素晴らしい事ですね!

STAFF masa

ブーツ選びには最適です!

2017年04月15日 | こんな感じですよ!!
皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

とても暖かい週末を迎えた東京・神田です。
来月中旬には2年に一度の神田祭が店舗周辺にて行われます。

!!とっても重要なアイテム!!
スキーブーツ選びには最適な今日この頃です!



”厳選”かつ豊富な品揃えでお客様に最適な1足をご案内致します。


↑お試し履きはコチラの長椅子にてゆっくりどうぞ


↑お滑りにとっても重要なインソールもお気軽にお試しいただけます。

さあ!皆様「買い時は今ですよ!!」

STAFF 一同

カレーの町!

2016年11月06日 | こんな感じですよ!!

皆様こんにちは。
いつもInspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

本日、弊社店舗すぐ近くの広場にて、以前からテレビやラジオでもとりあげられている
2016 神田カレーグランプリ決定戦が開催されています。



まだまだ(14時現在)食べれます!
詳しくはコチラにてご確認下さい!


※もちろん当店にもお立ち寄り下さいネ!!

~STAFF masa~

それには、「訳」があるんです。

2016年09月04日 | こんな感じですよ!!
皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。

台風12号の影響を受けそうな地域の皆様、
どうぞ十分にご用心のほどを。



さてさて本日のご案内はコチラ↓のコーナーの



コチラ↓です。

GIRO社のヘルメットです。

と申しますか、
今回はこのGIRO 社ヘルメットのストラップ(あごの下から押さえるベルト)
についてご案内をさせて頂きます。

(↑写真のモデルは、GIRO '16 NINE.10 という機種ですが、
GIRO社のNEW モデルも含め、他のモデルも概ね共通の構造です。)

このストラップには、
ベルト状のひもに、
「ふかふかしたクッション」性のものが
覆うように装着されていまして、
そのクッションは、
ヘルメットを被った人からすると右端
(ヘルメットを被らず正面から見ると左端)部分で、
ストラップに縫い付けたように固定されています。



(以前はこのクッション部分が
マジックテープ式で覆ってあり、
左右にスライドできるものもありました。)


ですが、現在のGIRO社モデルのほとんどが、
このクッション部分を動かすことができません。

ですので、ストラップを長めに調整するご必要のある方は、
↓のようになります。


それには、「理由」があるんですょ。

そもそもGIRO社のこのクッション部分は、
その長さの三分の一の面積部分があごの下にあれば
良いそうなのです。



であれば、その長さを今ついている製品より
三分の一の長さにして、左右に動かせるように
すれば良いのでは?
っと、思う方もいらっしゃるかと思うのですが、
(私もその一人でした)

その場合、
横にスライドしてしまったり、
被るごとに良い位置に調整をしなくては
ならなかったりすることが多くあります。

ですが、
GIRO社ヘルメットのストラップは、
ヘルメットを被ってストラップをバックルで留めてしまえば、
いつも必要最小限のクッション部分があごの下回りに位置するように
出来ているそうなのです。

そのため、調整サイズによっては、
ビジュアル(外見)的に、かたよって見えますが、
GIRO社さんとしては↓の考えがあり(取り扱い説明書に赤い線を引いてみました。)

より安全に使っていただくための工夫のようなのです。


ですので、かぶる方により
クッション部分が↓のような位置
 
になりすが、
クッション部分の三分の一があごの下に位置していれば、
より安全・快適にお使いいただくことができるのだそうです。

弊社ホームページ→ ヘルメットコーナー


ご参考までに。


スタッフY

本日、午前の部。

2016年05月30日 | こんな感じですよ!!


皆様こんにちは。
Inspiringをご覧下さり誠にありがとうございます。


朝から雨で、
ちょっと肌寒い本日の東京・神田です。


さてさて本日の午前中は、
朝一番からTUNE UP 仕上がりSKIや店頭にてご購入頂いた
SKI & BOOTS などの発送業務で忙しくさせて頂いております。




そして午後からは
通信販売にてご購入頂いたSKIやPOLE、GOGGLEなどの発送業務で
またまた忙しくさせて頂いております!!



ご利用下さりました皆様、
たいへんありがとうございました。


スタッフY