映画とライフデザイン

大好きな映画の感想、おいしい食べ物、本の話、素敵な街で感じたことなどつれづれなるままに歩きます。

映画「レニングラード・カウボーイズ ゴーアメリカ」 アキ・カウリスマキ

2014-05-16 22:32:27 | 映画(洋画 89年以前)
映画「レニングラード・カウボーイズ ゴーアメリカ」は89年のアキ・カウリスマキ監督の作品
フィンランドの巨匠だが、ここでの舞台はアメリカだ。
「ブルーズブラザース」を意識したようなシベリアの地からアメリカ大陸を横断してメキシコまで旅をするロードムービーである。コメディタッチである。

ツンドラ地方を拠点に活動するレニングラード・カーボーイのマネージャー(マッティ・ペロンパー)は、彼らの演奏があまりにもひどいことを理由に、プロモーターからアメリカに行くことが唯一の希望であると助言され、ニューヨークのプロモーターを紹介してもらう。

そして彼らは、ニューヨークでそのプロモーターに会うが、与えられた仕事は、メキシコに住む彼のいとこの結婚披露宴での演奏だった。そのプロモーターから、今はやっているのはロックンロールという音楽である、と教えられた彼らは、本を買って勉強を始める。

メキシコへ向うために、巨大なキャデラックを購入した彼らは、道中田舎の農夫たちがたむろするバーで演奏をし、日銭を稼いだりする。途中、彼らは行方不明だったバンドのメンバーのいとこに偶然出合い、彼の加入で次第にアメリカ受けするバンドになってゆく。

日本でいえば氣志團のようなヘンチョコリンなリーゼント頭である。
無言で無愛想なのはブルースブラザースバンドと同じだ。
90年代半ば以降のアキ・カウリスマキ監督作品を想像するとちょっと違う。
中期まで常連のマッティ・ペロンパーがプロデューサーを演じている。彼とメンバーとの絡みが実におもしろい!



これは有名なプレスリーのデビュー曲
下手くそと作品内ではいわれるが、割とうまいと思うんだけど



受けが悪い時に、「イージーライダー」のテーマ曲でライブハウスを盛り上げる。

このアホなパフォーマンスには笑うしかない。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 映画「二郎は鮨の夢を見る」... | トップ | 映画「オンリーゴッド」 ラ... »
最近の画像もっと見る

映画(洋画 89年以前)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事