車止めピロー:旧館

  理阿弥の 題詠blog投稿 および 選歌・鑑賞など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

完走された方々の「勝手に代表作」 1/3

2009年12月19日 | 八首選 - 題詠2009
前半の60人の歌人の方々。


松木秀さん         日本語でみんながさけぶアンコールやや民謡のリズムを帯びて
jonnyさん         見せたくて見せたくなくて見せたくて半透明のビニール袋
鳥羽省三さん         カタカナで書けば<ステキナワタシ>だが鏡を見ても素敵な私
アンタレスさん         山路来て地を這う藤を起こし来ぬ支え無くとも藤は咲きおり
西中眞二郎さん         若き娘(こ)に引かれて午後の道を行く犬のふぐりの左右に揺れる
みずきさん         少年を眼に残したる警官の過ぎて短日あすは浅草
麦太朗さん         食卓塩の瓶のかたちは脳内の決められた場所に焼き付いている
船坂圭之介さん         影長く寄らしめて樹は蒼空へ 我執とは斯くゆるがざるもの
庭鳥さん         水気ない我の掌ふわふわの赤子の頬を躊躇いなでる
八朔さん         逢坂は爪先あがりわたくしの色づくものが喘いでのぼる
梅田啓子さん         梅のもやうの湯のみ茶碗に嫉妬したこんなに小さき茶碗もちし掌(て)に
森山あかりさん         話し終え靄がかかった夕暮れをやり過ごすためシチュー煮てみる
小早川忠義さん         太陽も何光年の彼方から星屑などと貶さるるらし
みつきさん         祝い膳朗らかなりしひとときの天ぷらのえび尾は赤くあり
じゅじゅ。さん         再会のシャルル・ド・ゴール空港のキスなら平気 恥ずかしくない
迦里迦さん         姑(かあ)さんの煮物の味などしらへんわ おあがりやすこのだいこの炊いたん
チッピッピさん         妊娠を夫へ何と告げようか メールの件名「パパへ」と入力
ジテンふみおさん         片笑みで佇むままの灯台もたまには発射すればいいのに
木下奏さん         コンビ二に出入りするとき鳴る音がむしょうに好きなのアナタが好きなの
柴田匡志さん         カタカナの用語が並ぶパンフレット テレビは二倍美しいらしい
穴井苑子さん         コンビニが明るい理由を何度でも聞かせてくれてよかったのにな
mintoさん         順路には迷ふことなく→(矢印)が使はれてをり言葉のかはりに
理阿弥         吾が胸をひとりで抱く態をして肩の後ろの寂し毛を抜く
マトイテイさん         空見上げ佇んでいる街角で涙は重力次第だと知る
はこべさん         亡きひとが過ぎにし春に我がやどに 植えし藤波今朝咲きにけり
行方祐美さん         ふっとりと茄子横たわる含め煮の大鉢のあり帰り来たれよ
陸王さん         肩触れることより明日の雪のこと話弾んで雨の日は好き
うたまろさん         返らないメールのアドレスそらんじる 雨降りの窓を眺めるように
伊藤夏人さん         後出しのジャンケンくらいで笑ったりするから君に油断できない
畠山拓郎さん         大雨で早月川に水が増すワゴンRも流されてゆく
ふみまろさん         帯広の妻に戻りしかの人の便りは来ずや馬鈴薯を買ふ
Yoshさん         Tシャツを取っ替え引っ替えするように 満足のない幸福さがし
佐藤紀子さん         母は母 その役割に引退も休暇もなくて太郎を思ふ
のびのびさん         どうしても越えられそうにない壁の前に絵筆を持って座ろう
羽うさぎさん         七夕の飾りを子供が見上げれば竹ざわめいて天に落ちゆく
フウさん         傾斜ある坂を上る地元人いつまで雲は続くのだろう
野州さん         何日ぶりだらうか髭を剃る朝は負ける選挙の投票に行く
龍庵さん         まだ遠い台風の位置聞くような気持ちで知った君の妊娠
ゆきさん         地にとどく長きしなひの藤の花娘心はときに重たし
ひいらぎさん         たんぽぽが咲いただけでも嬉しくて魔法使いじゃなくて良かった
新井蜜さん         球根を買って並べたヒヤシンス格差だなんて 紅い花房
KARI-RINGさん         母の編む味もそっけもないセーター 今着たいんだよ雨ばかり降る今
tafotsさん         思ったよりCD-ROMは割りにくく恨みが根深いみたいに力む
秋月あまねさん         斎場の人群の中の人となるいずくをみても既視の華やぎ
天野ねいさん         わさびとかからしがだめなおこさまのくちであなたのくちとふれあう
すいこさん         街灯の夜警白昼みる夢に昇るだろうか陽や星や月
こうめさん         我知らぬ世界はやさしい 妊娠を経てゆっくりとしゃべる友達
西野明日香さん         しなやかに落ちてゆく葉の一枚になりたく探す東南角部屋
中村成志さん         振り向かぬ(助けて)きみの体臭が(助けて)微妙に変わる(助けて)
七十路ばばさん         飛火野の藤の紫変わらねど疾く旅立ちぬ二人の友は
藻上旅人さん         冬眠から覚めた熊はまず気づく白雪姫ではなかった事を
EXYさん         金鯱(きんこ)型 海老をそり上げ 揚げてみる これぞ名付けて シャチホコフリャァ~♪
藤野唯さん         沈黙が大丈夫になり始めててふたりでまっすぐ夕焼けをみる
nnoteさん         アカシアの天ぷら揚がる春に病む君を連れ出すための口実
木下一さん         広場には君のパンティだけ落ちて みんながみんな誰かの子供
髭彦さん         鉢植ゑのすみれの花とわが職の共に終りて春の深まる
イマイさん         静電気指の先から放たれて冬の昼間をひとりにさせる
冥亭さん         肌黒きプレジデントの誕生はブルーノートが廃れたるのち
新田瑛さん         嘘をついたピノキオは鼻が伸びました わたしは豆を煮込んでいます
さかいたつろうさん         アラスカのコンビニにある最新号のジャンプはいつも先週号です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 久野はすみさんのうた | トップ | 完走された方々の「勝手に代... »

コメントを投稿

八首選 - 題詠2009」カテゴリの最新記事