車止めピロー:旧館

  理阿弥の 題詠blog投稿 および 選歌・鑑賞など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

引っ越します

2011年02月22日 | その他
不調のため、ブログを引っ越します。

新サイトはこちら→新しい車止めピロー

どうか、ブックマークの変更をお願いいたします。
こちらは旧館として残しておきます。
これからもどうぞよろしく。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

たてがきにしてみた。

2011年02月10日 | その他
昨年の題詠ブログの百首を縦書きにしてみました。
縦書き文庫さんで。

皆さんも自分の歌を縦書きで読んでみては?
また違ったイメージで見えてくるかも。

「月に輪ゴムを。」(題詠blog 2010投稿歌百首)
「錆の冷たさ」(題詠blog2009より六十四首)

(寂しかったのでタイトルつけました。2/13)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツイッターで歌会した。その記録。

2011年02月05日 | その他
こんにちは。理阿弥です。

題詠blog2011にも参加されている西巻真さんが催された、
「気まぐれツイッター歌会」に第一回、第二回と参加させていただきました。
(略して気まぐれ歌会 or ツイ歌会)
第二回ツイ歌会の投稿歌、および講評のログを以下にリンクします。

二十人が一首ずつメールで歌を寄せ、匿名で発表。
二十首に対し、気に入った歌を五首、各人が投票。
それから、ツイッター上にて繰り広げられる講評。

評は各々が好き勝手に歌を取り上げましたので、
バラバラに入り乱れています(第三回からやり方が工夫される見通し)。

ですので、まず「投稿歌二十首」を読んで、あなたなりの
評(好き・嫌い、疑問点、改善点など)をまとめてから「講評のまとめ」を
読まれると良いと思います。
ネット歌人(一部ですけど)が何を気にして歌を作っているのかが分かるでしょうし、
通して読めば、ご自身がどういう短歌観をもっているのかも、
少し見えてくるのではないでしょうか。
(誰がどの歌を詠んだのかは、まとめの最後に各自が明かしています)

改めて、場を設けてくださった西巻さん、まとめを作って下さった goki さんに感謝します。

投稿歌二十首
 注:各歌のあとに記されている名称は投票者のもので、作者名ではありません

講評のまとめ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参加します(理阿弥)

2011年01月25日 | その他

またお世話になります。

三度目です。

 

いつものんびりやっていましたが、今年は4月くらいに走り終えたいと思っています。

後半は鑑賞に専念できますし。(昨年は消化不良だったので…

一題につき三首ほど詠んで、そこから選べるくらいの余裕があるといいのですが。

ま、一応の目標ということで。

よろしくお願いします。

 

素晴らしい歌がたくさん集まりますように。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

懺悔

2011年01月09日 | その他
さっきのさっきまで、歴史的仮名遣いに関して重大な勘違いをしてまして…
昨年の題詠ブログの投稿歌、二首、見事に赤っ恥の間違いを犯していました。


 きゑゆけるけもののけものひとをくひひとにくはれて正義をわらへ
  ↓
 きえゆけるけもののけものひとをくひひとにくはれて正義をわらへ


 帰還後にタレットレンズを磨したれどあしたは見ゑず厚く睡りぬ
  ↓
 帰還後にタレットレンズを磨したれどあしたは見えず厚く睡りぬ


穴があったら入りたい
他にも間違いがあったらどうぞご指摘ください。よろしくお願いします。


 _______________

他にもあった・・・ ぎゃーっ
こっそり直します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとしたまとめ、&題詠ブログ2011に向けて。

2011年01月08日 | その他
完走された方の作品を、ちょうど50名まで鑑賞させていただきました。
全完走者の三分の一弱ですね。
昨年は作業が遅々として進まず、読もうと思ったら既にブログごと
削除されている完走者の方も数名いらっしゃいました。
未読の分は、これから少しずつでも目を通せたらな、と思っています。

2009とは違って、歌そのものの感想を書くというよりは、
その一首から感じたこと、思ったことを広げてだらだらと綴ってみました。
「何を言いたいんだかよくわかんねーよ」と思われた方もいらっしゃったかと思います。
すみません。
反省はいろいろありますが、次に活かしていければ。

さて、題詠blog2011ですが、すでに会場が数日前に設置されています。
また参加させていただこうと思っています。
鑑賞の方は、また違ったかたちでやろうと考えています。
完走者ごとではなく、お題ごとになるかな?
どんなお題が出てくるか、楽しみですね。

訪れてくださった方々、どうもありがとうございました。
今年もまたよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じわじわと、年末が近づいております。

2010年11月06日 | その他
あと数カ月で、新しい題詠blogのお題が発表されるんですねぇ。
この一年で自分が成せたことの少なさを思うと、時の速さに気が遠くなりますが…

時間が取れず(時間の使い方が下手なもので)、
鑑賞記事も滞っていますが、なんとか五十名の方の作品までは、と思っています。


now playing: Glory Box / John Martyn
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっちまったな、俺。

2010年09月20日 | その他
あわわ・・・

文語の動詞の活用形について、今の今まで
根本的な勘違いをしてたことに、先程気づきました・・・

間違い含みの歌、たくさん投稿してきたんだろうなぁ。
恥ずかしいです。

とにかく見直さねば。


 ---------


とりあえず題詠2010、2009への投稿歌を見直してみましたが、
間違いは見当たりませんでした。今のところですけど…

それにしても、これまでに詠んだ数百首にどれだけ誤りが
あるだろうと考えると、気が遠くなりますわ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんで季節は四つなのだ

2010年09月17日 | その他
急に寒くなって、風邪を引いてしまった。

「今年は秋が無い」と言われていて、
じゃあ逆に、なんで季節は四つなのだろう、
三つでも五つでもいいのに、なんて考えた。
南国は知らないが、世界のどの国でも春夏秋冬に分けている気がする。

基本的には「暑い!」と「寒い!」がまずある。
言葉を喋り始めた、大昔の人間にとって、
これは生存するのに非常に厳しい時期で、とにかくこの二つを区別する。
「夏」と「冬」ができた。
で、それぞれに挟まれた穏やかな過ごしやすい時期を待ち望む。
そうして「春」と「秋」ができる。

そんなことを熱のある頭でつらつら考えていたら、
オフコースの曲『僕の贈りもの』(1973) を思い出した。

冬と夏のあいだに 春をおきました
だから春はすこしだけ
中途半端なのです
この頃はなんとなく こころたのしくて
知らないうちに 誰かを
好きになったりします
それでも好きなひとが
できなかったひとのために
この歌は僕からあなたへの贈りものです  

夏と冬のあいだに 秋をおきました
だから秋はすこしだけ
中途半端なのです
この頃はなんとなく こころさみしくて
知らないうちに 誰かと
すきまができたりします
それで好きなひとと
別れたひとのために
この歌は僕からあなたへの贈りものです

 作詞 小田和正

なーんだ。
みんな同じ結論に至るのだなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完走報告(理阿弥)

2010年08月15日 | その他
ありがとうございました。

初参加の前回よりは、落ち着いて走れたと思います。
百首の平均点は上げられたのではないかと思う一方、
冒険が減って、無難な歌ばかりになったかもしれません。
遊びが無いというか…。

手ごわかったお題は、あとがき、指紋、交差、南北、まぐれ。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

おわび

2010年05月18日 | その他
昨年の記事のなかで、選ばせていただいた皆様のお歌に、
不要な記号などが混入したものが数首あり、先程訂正しました。
以前、いちど気付いたのですが、そのときにチェック漏れがあったようです。
申し訳ありません。

去年は同一記事をWindowsで編集したり、Macで編集したりしていたので、
おそらくコピペした際に、行末の改行コードが化けてしまったのだと思います。

作品が改変されるなど、あってはならないことです。すみません。
間違いのないよう更新していきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。


ref.テキストの改行コード
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

参加します(理阿弥)

2010年02月13日 | その他
題詠blog2010に参加します。
二回目になります。よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一首を見つける

2010年01月14日 | その他
短歌を詠んでいるとき、どうしても初句だけが決まらない、というような時があります。
あれでもない、これでもない、と悩んだ末にひとつの表現にたどり着きます。
ああ、これだったのか、と。

それは、創作というより、「発見」の感触に近い。
当然そこにあるべきことば。
どうして見つけられなかったのだろう、これ以外に解は無いのに。

 彫像は既に石の中にあった。私はそれを掘り起こしたにすぎない

あまりに有名なミケランジェロの言葉ですが、
考えてみれば、理想像は頭の中にあるわけですから、
それを対象に見出そうとするのが創作者の当然であって、
それが実現できたとき、「当たり前にそこにあるべきものを見つけ出した」
という感覚が得られるのも納得がいくことです。

一方でミケランジェロは

 熟達の域に達するまで、私がいかに一生懸命働いたかを知ったら、
 人々は私の仕事を素晴らしい仕事とは思えなくなるだろう。


とも言っていますので、頭の中の理想像をそのままそこに
見つけ出せるようになるには、不断の努力が必要であるということでしょう。
…当たり前か。凡人であれば特に、ですね。

短歌は彫刻と違ってやり直しが効きます。何度も。
だからこそドツボに嵌ることも多いですが、
研鑽を積めば、理想を発見する速度と精度は上がるはず。
万事に当てはまること、でしょうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本語入力

2010年01月11日 | その他
GoogleIME(Google日本語入力)を、今更ながらインストールしてみました。
巷の評判も落ち着いたようなので。
(この文章もGoogleIMEで書いています)

使用感などは、私が書くまでもないと思うので他に譲りますが、
やはり便利なのが固有名詞の変換効率です。
例えば歌人の名前など。
短歌は日本に誇る文学形式ですが、歌人となると、
超超超有名でないと変換候補にあがってこないのが普通です。
ペンネームに読みにくそうな文字を使ってたりしますし…

そこでやってみました。変換しにくそうな人を中心に。

與謝野晶子
道浦母都子
斉藤斎藤
長塚節
前登志夫
佐佐木信綱/佐佐木幸綱
土屋文明
佐藤佐太郎
宮柊二
釈迢空/釋迢空
木俣修
窪田空穂
島木赤彦
前田夕暮
田中槐
水原紫苑
太田水穂
高橋睦郎
奥村晃作
前川佐美雄


うっほほーい。でるわでるわ、変換候補に。
姓+名前の一文字目を入れた時点で、ほとんど一発目に出てきますね。
これで
「サイトウサイトウって、前と後ろ、どっちがどっちだったっけ」
とか、
「シャクチョウクウのちょうって、変換で出すの面倒くさいんだよなー」
とか、悩まなくて済みますし、
自分で辞書登録する手間も省けるわけです。
こりゃありがたい。

しばらく使ってみて他に便利な点があれば、また書きますね。


※追記(2010.1.12)
 GoogleIMEをインストールすると、ブラウザのGoogleChromeを入れた時と同様、
 googleupdate.exe が常駐してしまうようです。
 オフの仕方は下記のサイトを参考にしてみてください。
  【RealPlayerの再来】Google Chromeの「GoogleUpdate.exe」を取り除く方法

※追記(2010.2.8)
 アンインストールしました。
 挙動が重いのと、けっこうな頻度で落ちるので。
 洗練されるまでにはもう少し時間がかかるのかもしれませんね。
 半年くらいしたら、また試してみます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨年の反省と、一年の計。ちょっと遅めの。

2010年01月05日 | その他
2009年は題詠ブログに出逢えた、とても意義深い年でした。
たくさんの歌人の作品を、一年を通して鑑賞できたことは、
絶対に良い経験になったはず。

しかし、自身の歌作はというと・・・

短歌を詠み始めた一昨年は、一首を物するのに
大学ノート4~5頁を費やしていたのですが、
昨年からはPC上でちょこちょこと。
改稿の履歴すら残さないような有様。
時間をかけることが、作品の良し悪しに直結するとは限りませんが、
粘りが無くなったのは確かです。

五月頃に題詠百首の投稿を終えたのですが、
秋が来る頃に文法の間違いを見つけて、激しく後悔。
これは走り急ぎと、やはり詠みが荒くなったのが原因でしょうか。
創作をナメていたつもりはないのですが、「詠み慣れ」て、
ふわふわしたところがあったのだと思います。

とりあえず今年は、創作・推敲をノートでやろうと思っています。
推敲の変遷がわかるように。
題詠はゆっくりと、夏くらいまでに完走できればいいな、と思います。

目標は、完走後に後悔の言葉を口にしないこと、言い訳しないこと。
昨年は引っ込めたい歌がありましたので・・・ (←これが言い訳

初心、忘るべからず。

 ◆

題詠blog2010のお題は、あと十日くらいで発表が始まるそうです。
それでは皆様、今年もよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加