2021年新年・まだ試行錯誤中

『麒麟がくる』門脇麦の「駒」が不要と言われてしまう理由出演女優たちの「明と暗」

 相変わらず、だらだらとくだらんことを。文系とはこういう才能だけは有るんだよな。
 NHKの意向か脚本家の意向か、大河では必ず「架空人物」設定がありかなり多い。それも大体若手女優さんが演じる主人公の支え役みたいな位置づけだ。ワンパターン、と言っていいくらいの設定。頭の固い高学歴のNHKスタッフが考えそうなことではある。

 いずれにせよ、今回の歴史考証をあの小和田哲夫氏が務めているのに時代を逸脱した演出が多い。小和田さん文句言ってないの?無視されてるの?
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「ニュース」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
2020年
人気記事