2021年新年・まだ試行錯誤中

過大視されるリスク、過小視されるリスク歯磨き感染から考える、本当に注意すべきコロナ対策

 『人が過剰に怖がる場面と無頓着な場面が混在している。いわばリスクの過大視と過小視が起きている。 』
 まさに、ほぼ同意。でも、長いな、文章。
 こういう『リスクの差』を専門家が正しく伝えるべきだ。『3密』をひとくくりに言うのは僕も反対。密集密閉密接でも黙っていれば大丈夫(突っ込みたがりは「完全密閉でもか?」なんていうだろうが、まあ映画館位の密閉だよ}。交通機関もリスク低い。1人ランチ、1人ディナーはOK。
 合言葉は『飛沫を出すな』だ。これで7.8割は防げる。これに集中すべき。これが頭にない奴が多すぎる。残り2割3割に気が行って「飛沫を出すな」がおろそかになれば意味がない。
 ただ、この記事の「歯磨き感染」は、それこそ過剰な恐がりだろ、運転士という複数が使う場面なので、単に消毒不足。
 
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「ニュース」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2021年
2020年
人気記事