つれづれなるままに

日記を書きます。
目標は毎日続けること!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「近代化と世間」

2006年12月17日 | 歴史
「近代化と世間」  (阿部謹也 著/朝日新書) 先日、阿部謹也が亡くなったというニュースを聞いた。 網野善彦も近年亡くなっており、日本中世史と西洋中世史に大巨頭が相次いで亡くなったことになる。 私が大学の時(もう10年も前のことだが)の恩師が「西洋中世は以前黒っぽいイメージでしたが、最近の研究ではオレンジ色に評価が変わりつつある。」という言葉に興味を持ったことを覚えている。 恩師の恩師が阿部謹 . . . 本文を読む
コメント

「スターリングラード ~運命の攻囲線 1942-1943~」

2006年12月10日 | 歴史
「スターリングラード ~運命の攻囲線 1942-1943~」  (アントニー・ビーヴァー 著) 本日より念願のブログ開設。 意外に簡単にできてしまって拍子抜けです。 さて、このブログは私個人の読書の感想を書こうと思っています。 というのも、私、結構本を読むのですが、いや、読むときは読むが読まないときは読まないので、波があると申しておきましょう、それで読んでも本の内容を後で思い出そうとしても全然思い出せないということが多々ありまして、まあこのブログを個人的な読書感想文倉庫にしようと思ったわけです。 . . . 本文を読む
コメント (1)