つれづれなるままに

日記を書きます。
目標は毎日続けること!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「環境問題の杞憂」

2006年12月31日 | 科学
「環境問題の杞憂」  (藤倉 良 著/新潮新書) 「杞の国の人が、天が落ちてこないか憂いた」というこの故事成語は私の好きな言葉の一つである。 何故ならば、私自身が「杞の国」の住人だからであり、いつも些細なこと心配をしているからである。 温暖化や電磁波等にももちろん心配性な私は、迷わずこの本を手に取り、積読してある本より先に読んでしまった。 結論的には、「環境問題」はマスコミが過剰に取り上げる傾 . . . 本文を読む
コメント (3)