先輩、私が蹴りました。

サンフレッチェ広島を応援しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

俺たちの闘争人

2010年11月04日 | 代表
更新が途絶えている間に広島関連の話題は山ほどあった。
カズが戻って来たり、寿人が負傷したり、復帰したり、忠成がブレイクしたり、高萩が受賞したり、槙野が全国区の人気者になったり、服部が地味にフェイドアウトしていっている感じがしたり、タコがN杯の勝敗を予想したり、その予想が外れたり、決勝で先制されて、追い付いて、突き放して、残り数分で追い付かれ、延長で立て続けに2失点して、1点返して、また突き放されて、最後に貰ったPKを止められ、こぼれたボールを押し込もうとしても枠から外れたり、本当に色々あった。
ナビスコは旬ではあるけれど、旬の話題を逃し続けておいて、今更ナビスコに食い付くのもどうかと思う。
ということで、ここらでちょいと代表に注目しておきたい。

日本人で過去最高のセンターバックは誰だと思いますか。
井原ですか。
中澤ですか。
小村ですか。
色々な意見があるとは思うけれど、個人的には松田だと思っています。
長身で体も気持ちも強くてスピードもあって頭が悪い。
こんなに面白い選手はそういないのだけれど、代表で活躍していたのはトルシエ監督の頃まで。
実に勿体ない。

スポーツを観ていて「この選手があと6歳若かったら」と思うのはよくあること。
三浦知より得点力のある選手はいても、キングと呼ばれる選手は他にいません。
だからW杯の度に「カズを代表に」とかいう訳のわからない話が出るんですよ。
でも今更そんなの無理だし、キングが若返るのも無理。
いつまでも「もしフランス大会のメンバーに入っていれば」とグダグダ言うしか無いんです。
キングの後にキングはいないのですから。

しかし、松田には適任な後継者がいます。
長身で体が強くてスピードもあって頭が悪い、新たな闘争人が。
「松田があと6歳若かったら」という僕らの夢を叶えてくれそうな闘争人が。
キングカズの後にキングカズはいませんが、松田直樹の後には栗原勇蔵がいるのです。

そんな彼も気付けばもう27歳。
まだ若手っぽい気がしていたけれど、もう完全に中堅。
そろそろベテランに差し掛かりそうなくらいの微妙な年頃です。
これまでの彼は代表では常に5、6番手くらいの扱いで、ジーコには相手にされず、オシムや岡田にはちょっと使われた程度。
しかしザッケローニは割と気に入っている様子。
このまま定着してくれたらと心から願っています。
代表に呼ばれても勝手に帰国してやればいいんですよ。
子どもができたとか言って。
コメント

気付いてしまったかも知れない

2010年07月05日 | その他
私、毎回優勝候補に挙げられるドイツが憎いんです。
あいつら元々強いのに、トーナメントになると6割増しくらいでまた強くなる。
だから憎いんです。
見てて全然面白くないから、ドイツが勝ち進むと「ああ、またこいつらか」って気持ちになる。

高校生の頃、友達にベッケンバウアーのビデオを見せられてからサッカーを観るようになったのだけれど、クソつまらないドイツよりも、オランダの方が圧倒的に面白かった。
私にとって初めてのワールドカップ、フランス大会でも一番面白かったのはオランダだった。
この当時のオランダ代表ほど面白いチームを私は知らない。
一方、ドイツの面白さは全くわからなかった。
個人的に大して盛り上がらなかったドイツ大会でも特別面白くなかったのはドイツ。
イタリアよりフランスよりドイツがつまらなかった。
唯一の例外は韓日大会準決勝の韓国戦で、この時だけはドイツを、サッカーを心から応援していた。
ユーロは2000年からしか観ていないのだけれど、このクソ面白かった大会でドイツがグループリーグ敗退というのは私にとって歓迎すべきことだった。
2004年もドイツがさっさと姿を消してくれて、決勝トーナメントもオランダとポルトガルがいた方の組が激戦続きでクソ面白かったのだけれど、逆の組にいたギリシャがひょっこり優勝。
せっかくドイツがいなかったのに、新たな悪役の登場にゲンナリ消沈。
2008年はオランダにそれほど魅力を感じていなかったので、私にとって主役不在の大会。
何だかんだでドイツが勝ち進み、本当いい加減にして下さいって思ってたらまさかのスペイン優勝。
ドイツざま見よ。

という訳で、15年前からドイツを憎んでオランダを愛してきたのだけれど、今大会はどちらもベスト4に残っていて決勝で対戦する可能性がある。
高校生の頃、友達に見せられた74年の西ドイツ大会と同じ組み合わせじゃないか。
よーし、今度こそオランダが勝つ!
なんて実はこれっぽっちも思っていなくて、今のオランダってそんなに興味が無いし、ドイツの方がよっぽど面白いと感じている。
初めてですよこんなこと。
見ていて楽しいチームにドイツが渋く勝つのは、これまでも何度か見てきた。
今回の準々決勝アルゼンチン戦も「はいはい、どうせドイツが渋く勝つんでしょ」と思っていたけれど、意外なことになかなか面白かった。
相変わらずクソつまらないのだけれど、不思議と気になる何かがある。
羽生みたいなのがいるからだろうか?
確かにクソつまらなさの象徴だったバラックよりずっと魅力的だけれど、可愛いメッシやイニエスタがいるからってアルゼンチンやスペインを応援しているということはない。
何なんだろう。
朝青龍とか読売巨人が強すぎて気に入らないと言いながら、実はファンと同じくらい注目しちゃってるみたいな感じ?
でもドイツは朝青龍くらい圧倒的に強い訳じゃないし、どうしてこんなにドイツが気になるのかよくわからない。
何これ気持ち悪い。
幼馴染みの女の子が二人いて、そのうち一人と長い間恋人同士だったのだけれど最近あまりうまくいってなくて、いつも喧嘩ばかりしていたもう一人を異性として意識し始めてるみたいで気持ち悪い。
どうしようどうしよう。
私、素直になれるかな?
コメント (2)

とりあえずBSでも

2010年07月04日 | その他
前の記事にいくつかコメントが付いていたので、てっきり「WBC効果で野球ファンは増えた!ろくに調べもしないでいい加減なことを書くな!」とか怒られたのかと思ったけれど、違っててホッとした。
ということで、コメントへの返答も兼ねて追記。

もし戦う気持ちすら見られない3戦全敗だったとしたら「サッカーなんて面白くない」と切り捨てられていたかも知れませんが、僕らの日本代表は多くの国民に感動を与え、ベスト16という結果を残しました。
「面白かったから、もっと観たいな」と思っている人も結構いるんじゃないですか?
これまで代表戦をTVでしか観てなかったけれど、これからは交通費とチケット代を払って移動に時間を掛けてでもJリーグを観てみようって人もいると思います。
でも、そうじゃない人もいるんですよ。
そうじゃない人がどうしたら今後もサッカーを見続けるかと考えてる訳ですよ。
身近にサッカー好きの人がいれば「今度一緒にJリーグ観に行こうよ」と誘われるかも知れませんが、友達がいなければ誘われないし、あなたが友達だと思っていた人からあなただけ誘われないかも知れません。
彼等がスタジアムで熱くなっているその時、あなたは部屋で「モヤモヤさま~ず2」や「ケロロ軍曹」を観ているかも知れません。
それはさておき、今回盛り上がっていたのはワールドカップの日本代表であって、Jリーグとなると話は別な気もします。

Jリーグは四年に一度のお祭りではなく、春から秋までほぼ毎週続く日常の一部。
TVや新聞で取り上げられる有名な選手ばかりがプレーしている訳でもありません。
普段からJリーグを観ている人にとっては「お馴染みの選手達による楽しいイベント」だったりするのかも知れませんが、そうでない人もたくさんいるんです。
その「そうでない人」が、そうでない人でなくなるチャンスが四年に一度やって来て、今回のチャンスは四年前よりもっと大きいと感じています。
それなのに入口が現地観戦とBS・CSくらいしか無いというのは残念なんですよ。
地上波で放送があれば、適当にチャンネルを変えていてたまたまやってた試合を観ることだってあるでしょう。
でも、たまたまスタジアムの近くを通ったら、たまたまJリーグの試合をやってて、たまたま財布に余裕があったから試合を観ていったってことはそんなに無いんじゃないですか?
スカパーでJリーグを観るには、ほぼサッカーしか観られないくせに月額料金が高いJリーグなんとかセット的なやつを申し込まないといけないので、TBSチャンネル加入者以外はTV見てたらたまたまやってたってことが無いはず。
ということで、「たまたま」を狙うなら地上波が最も効果的だと思うのですが、週末のゴールデンタイムにJリーグの放送をする局なんて無いだろうし、今さらそんなことを嘆いても仕方ない。
そこで、比較的お手軽なBSをもっと推してみるのはどうかと思うんです。

ここ数年間で地上デジタル・BS・CS共用アンテナを取り付けている家庭は増えているはず。
e2のJリーグ何とかセット的なものに加入するのはハードルが高いけれど、チャンネルを合わせるだけで観られるBSはとても魅力的です。
でも、BSでJリーグの放送があることを知っている人はどれだけいるでしょうか。
今こそJリーグを盛り上げるチャンスだと思うので、遠藤と阿部の顔を並べた映像を使って「我がTBSは7/18(日)の18時からBS-TBSでガンバとレッズの試合を放送しますよ」的なコマーシャルを地上波で流したりしてくれないかな。
興味があっても放送があることを知らないだけで、知っていれば観るって人は結構いると思うんです。
TBSはここぞとばかりにガンガン告知してもらいたいものですね。

でも、お金にも時間にも余裕があってサッカーに興味があるのにTV観戦ってのは勿体ない。
暇そうな誰かを誘ってスタジアムへ行ってみればきっと楽しいし、サッカーが好きなら一人で行ってもきっと楽しめるはずです。
「その日は用事があるから」と誘いを断った連中とばったり出会い、おとなしく部屋で「ケロロ軍曹」を観ていれば良かったと落ち込んだとしても、きっと後悔はしないはず。
もしかすると帰りは新しい仲間と一緒かも知れませんよ?
上辺だけの付き合いではない、本物の仲間と。
さあ、ケロロのフィギュアを捨ててスタジアムへ行こう。
1試合で本物の仲間が見つからなかったら、またもう1試合行けばいい。
それでも見つからなければもう1試合。
そうやって何度もスタジアムへ通ううちにサッカーが楽しくて仕方なくなるはずです。
本物の仲間とやらもそのうち見つかるんじゃないんスか?
コメント

浮かれすぎてた

2010年06月30日 | 代表
パラグアイ戦について書かれた個人ブログをいくつか読ませてもらっているのだけれど、長谷部のインタビューに感動した人も結構多いみたい。
でも、残念ながらそのほとんどが元々Jリーグが好きだった人達。
代表が面白かったからJリーグも見てみようという人は1人しか見つからなかった。
これまでTVで代表の試合を観ていた人って、多分JリーグもTVで観ようとするんじゃないですか?
でもJリーグは地上波で放送されないんですよ。
Jリーグを観るにはスカパー等の有料放送に加入するか、スタジアムへ行かなければならないんです。
ちょっくら興味があるからちょっくら観てみるか、ってことができないんです。
今のJリーグの扱いってそんなものです。

でも、WBCで日本が優勝した後ってプロ野球の観客は増えたのかな。
視聴率は上がったのかな。
毎日のように地上波で放送していても観ないものは観ないよね。
そういうもんだろう。
代表が盛り上がったからJリーグも、なんて夢を見ても仕方ない。
仮にしばらく各会場の観客数が増えたとしても、そんなのがいつまでも続くとは思えない。
今回浮かれてスタジアムまで行っちゃった人のうちの何人かが定着して、年々ちょっとずつ増えていけばいいんだよ。
代表も、Jリーグも、日本のサッカーはまだまだこれからです。
コメント (3)

よくやったし、よく言った

2010年06月30日 | 代表
PK負けは仕方ない。
駒野も他の選手も誰も責められない。
素晴らしい試合だったと思う。

試合後に長谷部が「Jリーグの方も是非、足を運んで盛り上げてもらいたい」と話してくれたのが本当に嬉しかった。
せっかくこんなに盛り上がっているのだから、このままサッカーから離れてしまうのは勿体ないですよね。
自分がJリーグを観るようになったきっかけもジョホールバルで中田が同じことを言ったからで、あれから12年経って中田は随分変わってしまったけれど、私は相変わらずJリーグを毎年楽しみに観ています。
もしかすると「Jリーグはレベルが低いから面白くない」と思われているかも知れないけれど、ワールドカップの日本代表も決して高度なサッカーをしていた訳じゃない。
観ていて胸が熱くなるかどうかに上手い下手なんて関係無いと思うんです。
海外でプレーしている本田、長谷部、松井の活躍は素晴らしかったけれど、彼等に比べて他の選手達のどこが劣っていただろう。
Jリーグにもいい選手はたくさんいるんですよ。
もちろん今回選ばれなかった中にも素晴らしい選手はいくらでもいます。
ここ五年間の得点数を比べると、岡崎と玉田を足しても磐田の前田より少ないんですよ。
広島の寿人が四年間(一年はJ2でプレーしていた)で取った得点数は今回選ばれたどの選手より多いです。
巧さだけなら清水の小野、鹿島の小笠原なんかは代表に入ってもトップクラスだと思います。
ホラいるんですよ、他にもゴロゴロと。
優秀な外国籍選手だってチラホラと。

日本にとって格上との対戦が続くワールドカップでは、どうしても守備的な戦い方を強いられることが多いですが、実力差がそれほど大きくないJリーグでは点の取り合いもよく見られます。
今大会で活躍したGK川島の所属する川崎は現在J1で22得点(2位)20失点(ワースト2位)、遠藤の所属するG大阪は21得点(3位)18失点(ワースト4位)という、点を取るわ取られるわのいかにも面白そうな試合をやっていそうな成績を残しています。
カメルーン戦のように1点を守り切る緊張感も良いものですが、どんどん点が入る試合も面白いですよね。

自分が生まれた国を応援するように、自分が生まれた土地のクラブを応援してみるのも楽しいものです。
私は自分が生まれた名古屋ではなく、何の縁もない広島を応援しているのですが、それはそれで楽しいものです。
楽しければ何でもいいんです。
ワールドカップでサッカー観るの楽しかったでしょう?
実はですね、ほぼ毎週末サッカーやってるんですよ。
遠い南アフリカじゃなく、日本国内で。
コメント