楽しく遍路

四国遍路のアルバム

高瀬から 弥谷寺へ

2020-02-19 | 四国遍路

 
この記事の末尾へ 新しいアルバムの目次へ  古いアルバムの目次へ  神々を訪ねて目次へ

申し訳ありません。またまたスキップです。
前号は本山寺奥の院・妙音寺で終わったのでしたが、今号は高瀬から始まります。
妙音寺-高瀬間は、次回遍路で歩き直す計画を温めていることもあり、今号では、あえてスキップさせていただきました。煩雑ではありますが、ご了解ください。



予讃線高瀬駅(三豊市)近くの宿に泊まり、弥谷寺→海岸寺へ向かいます。海岸寺へのルートは、朝の段階では海沿い道としていましたが、いくつかの出会いがあった後、天霧峠から下る道へと変更することになります。
距離は短いのですが、あまりゆっくりとはできません。というのも明日の行程のため、詫間まで移動しなければならないからです。


高瀬川 葛ノ山
高瀬川です。大麻山を源流とし、三豊市を北西に貫流。(明日歩く)詫間港に注ぎます。
写真奥は葛ノ山(くずの山)です。


瓦谷
県道221号・宮尾高瀬線 からの景色です。ガードレール沿いに高瀬川が流れています。
右端の山が(前出の)葛ノ山94㍍。中央やや左の、富士山型の山は山条山(やまじょう山・186㍍)。地元ではトンギリ山と通称される山です。とがっている山、ということでしょうか。
左端は爺神山(とかみ山・214㍍)。高瀬富士とも呼ばれていますが、残念ながら採石(安山岩の砕石をとる)で、山体に段ができてしまいました。今でも見る角度によっては、富士山型ですが。


爺神山と宗吉瓦窯跡
山条山と爺神山の間の谷は、瓦谷と呼ばれています。7C中-8C初、 瓦の生産が行われていたことから付いた名前です。当時の、最大級の瓦産地で、窯跡が24基も、今に残っています。
瓦谷周辺は、宗吉瓦窯跡史跡公園として整備されており、宗吉かわらの里展示館もあります。私は H25(2013) に訪れました。


宗吉瓦窯跡
本山寺の奥の院である妙音寺は、出土した瓦を鑑定した結果、7世紀後半の創建とされ、( 現存する中では )四国最古級の古寺とされています。
(少なからずビックリしましたが)藤原京跡から、妙音寺の古瓦と同范の瓦が見つかったのだそうです。宗吉瓦窯産の瓦で、妙音寺瓦と同じ粘土を使って作られ、同じ文様が刻まれているといいます。
とすると、藤原京が営まれていたのは694年-710年ですから、妙音寺の創建も、その時期・・7世紀後半・・だろう、ということになります。


宗吉瓦窯跡
重くて割れやすい瓦の運搬は、どのようにして行われたのでしょう。宗吉窯は、藤原京で使う瓦の、最も遠隔の産地だったと考えられています。陸送は無理です。
(見にくいと思いますが)次の地図で、古代の海岸線をご覧ください。(地図は、宗吉かわらの里展示館でいただいたものです)。


地図
予讃線みの駅の辺りは、この頃は海(古三野湾)です。海が、(前出の)葛ノ山の北裾まで迫っており、当然、高瀬川も葛ノ山の東を河口としていました。現在の河口である詫間港からは、直線距離で4キロ余も手前です。
宗吉瓦窯は、当時は海の側にあり、瓦は窯近くの湊から、瀬戸内海→大和川→飛鳥川を経て、藤原京に運ばれたとのことです。


海岸線
近くを歩くと、かつての海岸線と思われる、土地の高低が見られました。


窯跡からの景色
かわらの里が広がっています。手前が山条山、奥が爺神山です。


窯跡からの景色
窯跡から見た景色です。手前に、宗吉瓦窯跡史跡公園の施設が見えています。
奥の山は、右端のピークが天霧山。その左、鞍部を挟んで弥谷山→黒戸山と連なっています。左の富士山型の山は、貴峰山(きみね山222㍍)です。


窯跡からの景色
さて、遍路道に戻ります。
札所71番から73番の山々が、一望できます。左は(前出の)弥谷山系。右は、火上山-中山-我拝師山。


分岐
川下(地名)を過ぎると、道がY字に分岐し、道標が建っています。遍路道は左です。右は、今では国道11号に合流します。


道標
  これより、いやだに寺 三十九丁 / 打越へ 屏風ヶ浦 六十九丁
とあります。
「打越」の意味は不明ですが、あるいは「一点からある点を越えて測る長さ」を意味するかもしれません。とすると道標の意味は、・・ここから(弥谷寺を越えて)屏風ヶ浦 まで 六十九丁・・となります。この場合、屏風ヶ浦は(善通寺ではなく)、海岸寺を指しています。


道標など
先の道標に従って左に進むと、すぐ、いくつかの石造物に出会いました。散在していたものを集めたと思われます。
石柱には、光明真言一億万遍とあり、土台に左手差しが浮き彫りされています。
大師像の台座石には、沓(くつ)と水瓶が浮き彫りされ、その下、土台には、「左へんろみち 是ヨリいや谷 三十九丁」などと刻まれています。三十九丁は、前の道標と同じ距離です。


天霧山 弥谷山
’屏風ヶ浦 六十九丁’ 海岸寺への道は、弥谷山と小ピークの間の天霧峠を、向こう側(=北方向=海方向)へ降ります。
この道については後述します。


コスモス
もう12月ですが、コスモスが頑張っていました。この花、見かけによらず根性があると、私は一目置いています。


常夜灯
石造物に、続々と出会います。これは、出井集落の常夜灯です。
道標の正面は、左手差し弥谷寺・・と読めます。小祠は、土地の神さまでしょう。


落合大師堂
落合集落の大師堂です。スワンが、かわいいアクセントになっています。
右には集落の集会所があり、左には神社があります。鳥居の扁額には、ただ「神社」とのみ書かれています。なんの神さまか、もうわからないのでしょうか。とにかく、神さまがいらっしゃる社です。
左、木のポールの下に大師像の道標がありますが、文字は不明です。 右の高い石柱は、弘法大師千百年御遠忌と記されています。およそ百年前のものです。


道標など
落合大師堂から百㍍弱先、民家の前に、道標などがを集められています。
いちばん手前の小さな道標は、左指差しの下に、・・右 丸が免(め) / 左 いや谷 みち とあります。
延命地蔵さんでしょうか、半跏踏み下げ地蔵尊の座像があり、台座石正面には、袖付きの左指差し 右 丸か免道 左 へんろ道、と刻まれています。


九免明
金常夜灯の「金」は、金毘羅の略です。金毘羅様に奉献された常夜灯、ということでしょう。「金」の他にも、「八」で八幡様を表したり、「蛭」で蛭子様を表したりもするようです。
奥の小祠は、土地神さまでしょう。九免明は地名で、「くめんみょう」と読みます。


門柱
弥谷寺の門柱です。右 弘法大師御修行之遺跡、 左 四国第七十一番弥谷寺、とあります。


八丁大師
道標に、従是本堂江八丁 とあります。もはや「これより弥谷寺へ」ではありません。


足跡
何者かがここを歩きました。蹄が二つ、偶蹄の持ち主です。イノさんでしょうか。



へんろ道は様相をかえました。この道は、基本的には車は走りません。


俳句茶屋
懐かしの俳句茶屋です。同郷の歩き遍路お二人との、出会いの場所です。
あの時は、ここに荷物を置かせてもらって参拝したのでしたが、残念ながら、・・老朽化による倒壊の危険が心配される為、修繕計画中です、・・とのことでした。


山門へ
俳句茶屋のすぐ先に、山門につづく石段があります。
弥谷寺の参拝導線は、今は石段になっており、これより本堂まで、10本ほどの石段を上り継がねばなりません。段数の計は、山門から540段だそうです。(この石段は含まれていません)。


山門
  剣五山  弘法大師御修行道場  真言宗大本山弥谷寺 
幼き頃の弘法大師・真魚は、7才から12才まで(781-786)、現・大師堂の奥にある「獅子の岩屋」で、勉学に励まれたそうです。また唐より帰国後も、再度窟に籠もり、千座の護摩を修されたといいます。このことに因み、弥谷寺は「弘法大師御修行道場」とされています。


仁王像 阿
ただし当時の寺名は弥谷寺ではなく、八国寺(やこく寺)と号したそうです。四国遍礼霊場記(寂本)は、・・此峰にのぼりぬれば、八国を一望するが故に、八国寺といひける・・と記しています。
そして、・・何れの時よりか、・・八国寺(やこく寺)を弥谷寺(やこく寺)と書くようになった、としています。霊場記の頃、弥谷寺(いやだに寺)は、「やこく寺」と読まれていたようです。


仁王像 吽
なお弥谷寺HPが記す寺名由来は、次のようです。
改号は大師ご帰国の大同2(807)のことで、・・再度獅子窟に籠り千座の護摩を修し、満願の日、蔵王権現のお告げをきき、五柄の剣と唐にて恵果和尚より授かった金銅の五鈷鈴(国重文)を納め、山号を剣五山、寺名を神仏の谷の寺(神仏の坐す弥山の谷にある寺)として弥谷寺に改めたと伝わります。


船石名号  
この船形石は、「船石名号」と呼ばれています。山門の側にあります。
左行には、五輪塔のような浮き彫りが見えています。しかし右行は、何かの名号が掘られていると思われますが、風化で、ほとんど読みとれません。南無阿弥陀仏でしょうか。


四国遍礼名所図会の弥谷寺図部分  
「船形名号」はよく知られていたらしく、四国遍礼名所図会の弥谷寺図には、山門の左側に、それらしきものが描かれています。
なお、後述しますが、三途の川と、それに架かる法雲橋も描かれています。


賽の河原
山門から始まる二本目の石段付近は、「賽の河原」に擬せられています。
死出の山を越えた死者は、賽の河原を六日間歩きつづけます。そして七日目、三途の川を渡ります。


四国遍礼霊場記の弥谷寺図
とはいえ、石段の道から賽の河原をイメージするのは、難しいと思います。
そこで四国遍礼霊場記から弥谷寺図をお借りし、載せてみました。弥谷寺の原初の姿が視えてくるような、そんな気がする絵です。
五輪仏塔が、・・幾千といふ事をしらず(霊場記)・・描かれ、まさに弥谷寺は山中他界。死者の霊が帰る所、と見えます。


四国遍礼名所図会の弥谷寺図 
二つの絵を見比べてみてください。名所図会からお借りした絵ですが、こちらからは、どちらかといえば、現在に近い姿が見えてくるのではないでしょうか。
霊場記の発刊は元禄2(1689)。名所図会は、それより111年後の、寛政12(1800)と考えられています。二枚の絵は、この間の弥谷寺の変化を、写しているのだと思います。


賽の河原  
賽の河原には、親に先立った不孝の故に、三途の川を渡れずにいる子たちがいます。
子たちは、先立つ不孝を詫びつつ石を積みますが、・・日も入相のその頃は 地獄の鬼が現れて やれ汝らは何をする・・くろがねの棒をのべ 積みたる塔を押し崩す・・(賽河原地蔵和讃)
鬼に追い立てられる子たちを救うのは、 能化の地蔵尊です。そんなわけで石段の両側には、多くの地蔵尊が並んでいます。


お手かけ岩
二本目の石段を上がると、道の両側に巨岩があります。あたかも関門のように見えるこの岩は、「お手かけ岩」だそうです。
手を岩に掛け、こじ開け、途(みち)を通してくださったのは、お大師さんでしょうか。


法雲橋
お手かけ岩を抜けると、その先が法雲橋です。この橋は三途の川に架かる橋ですが、善人にのみ、渡ることが許される橋です。
法雲橋を渡る善人にとっては、下を流れる川は、けっして恐ろしい川ではないので、橋柱には、その名も潅頂川と刻まれています。


法雲橋  
しかし、罪ある人が渡ろうとするとき、潅頂川はたちまちにして怖い川へと変じます。罪深き場合、その罪人は、むろん法雲橋は渡れず、下流の強深瀬(ごうしん瀬)を渡らねばなりません。そこは波逆巻く激流で、水中には五体を引き裂く大きな石が転がり、肉を食らう大蛇が棲んでいるといいます。
罪浅き場合は、上流の浅水瀬を渡りますが、それでも水深は膝下くらいあるそうです。けっして楽々とは渡れません。


三途の川
法雲橋から覗くと、(水は涸れていましたが)三途の川の川筋が見えました。
三途の川の川幅は、(見た目には1メートルほどでも)、実際には!幅4000キロにもなんなんとする、大河だそうです。なにせ、彼岸と此岸を隔てる川ですから。


お迎え観音菩薩
おかげさまで法雲橋を渡ることができた私たちは、金剛拳菩薩のお迎えを受けることが出来ます。
この菩薩像は、江戸時代の元禄年間の作だそうです。


岩塊
さて、ちょっと話題が変わります。
この辺に点在する岩塊ですが、これらは凝灰角礫岩の崩落岩塊で、かつて弥谷山の南斜面が大崩壊したとき、上から落ちてきたものだそうです。


岩塊
弥谷寺はその崩落跡に、凝灰岩類の岩壁を利用しつつ、建てられているそうです。例えば大師堂奥の獅子の岩屋は、凝灰岩を掘削した洞穴に、阿弥陀如来、弥勒菩薩、大師像を安置したものだといいます。また数多の磨崖仏は、凝灰岩壁に刻まれています。(香川大学工学部安全システム建設工学科作製「讃岐ジオサイト27」より)


108段石段
閑話休題。
煩悩の数と同じ、108段の石段を上ります。一段上がるごと、煩悩を一個、捨てます。
しかし私はと言えば、海岸寺に参る道を如何せんか、降りてくるお坊さんとの短い立ち話から、迷い始めることになります。この話は次号で。


大師堂へ
大師堂へ上がる石段です。
前述しましたが、大師堂の奥には、獅子の岩屋と呼ばれる岩窟があります。お大師さんが真魚の頃、勉学に励んだところです。ここで祈れば、背負った罪を獅子が食い尽くしてくれるので、獅子の岩屋なのだと言われます。また一説には、洞窟が、口を開けた獅子のように見えることから来る、とも。


多宝塔
多宝塔を経て本堂へ向かう道もありますが、私はこの道はとりません。


香川氏代々の墓
香川県の名の興りともなった、天霧城主・香川氏代々の墓です。弥谷寺山のもっと上部に在ったものを、こちらに降ろし、供養しているそうです。
香川氏(讃岐香川氏)は、秀吉の四国攻め(天正の陣)で改易となり、滅びました。


修行大師像
修行大師に励まされ、次なる石段に向かいます。


十王堂
石段の途中に十王堂が、在るべくしてありました。三途の川を渡った死者達は、十王による審問を受けねばならないからです。
殺生、盗み、不貞、虚言など、生前の悪行が順次問いただされ、閻魔帳に記載されます。噓をついても、浄玻璃鏡(じょうはりの鏡)に真実が映し出されますから、すぐバレてしまいます。こうして35日目には閻魔大王から審判が下り、49日目には、六道のいずれに行くかが決まります。


護摩堂
石段を上がりきると護摩堂があります。中は洞窟で、護摩壇が設えられているので、護摩窟ともいうそうです。窟にある石の坐像は、道範阿閣梨とおっしゃいます。
ここを右に進むと、天霧峠から天霧城跡、あるいは天霧峠から海岸寺に至ります。左は、水場を経て本堂です。私は当面、左に進みます。


水場の窟
身内に死者が出ると、家族はその魂を背負い(背負う格好をし)、この水場までやって来ます。水場の窟は、あの世への入り口だと信じられているからです。


水経木
家族は魂をここに降ろして、死者が未練を残さぬよう、けっしてふり返ることなく、帰るのだそうです。
ここにたくさんの位牌や経木が見られるのは、水場の窟からあの世に渡った死者達を、供養してのことです。


本堂へ
本堂へ上がります。弥谷寺の核心部です。


本堂
大師堂や護摩堂がそうであったように、本堂もまた、岩穴につながって建てられています。創建時から、本尊・千手観世音菩薩が祀られてきた、岩穴だそうです。
五来重さんは「四国遍路の寺」に、・・洞窟が多いところはたくさんの行者が集まります。山岳修行をする人たちは洞窟を探して、洞窟に籠もって修行をしました。
そしてそこに、山岳寺院が発祥しました。


磨崖仏
水場窟から本堂にかけての凝灰岩壁には、多数の五輪塔が陽刻されて残っています。
かつては、霊場記の弥谷寺図ででも見たように、この辺のみならず全山、数多といっていい数の納骨五輪塔がありましたが、残念ながらその多くは、今は失われています。


磨崖仏
五来重さんは、・・かつては死者の霊が山に帰るという信仰がありましたから、山岳寺院が死者供養の場となりました。・・と記しています。


磨崖仏
五輪塔の真ん中に穴を穿ち、骨を納め、四角の石で蓋をしていました。


支え
壁に掘られた穴には、足場や建物を支えるために掘られた穴もあります。


三尊像
中央に阿弥陀如来、左右に観音菩薩、勢至菩薩が陽刻されています。平安から鎌倉にかけてのものではないかと言われており、あるいは大師の作かとも言われているそうです。


三尊像
左右には、六字名号・南無阿弥陀仏が、ここに葬られた数多の死者への回向として、陰刻されています。(風化で見えにくくなっていますが)、9行にわたっているそうです。


景色
ご覧いただきまして、ありがとうございました。
高瀬→弥谷寺→海岸寺を予定して書き始めた今号ですが、すみません、弥谷寺で止まってしまいました。弥谷寺→海岸寺は、次号廻しとなります。更新は3月19日の予定です。

 この記事のトップへ 新しいアルバムの目次へ  古いアルバムの目次へ  神々を訪ねて目次へ

コメント