宮古島のたこ焼のおっさん

宮古島のゴルフと釣りはお任せ

釣ったぞー

2017-10-27 15:02:57 | 日記
昨日又釣りにでかけました。
二日前に、ハリスが切られたのが悔しくて釣り馬鹿のおじいはいってもたってもおれず店ほったらかしていきました。
この日も好調で、釣り始めてすぐにアタリが有り、最初に釣れたのは、30センチ級のテングハギです。
この魚は結構美味しく刺身用です。
次に釣れたのは、40センチのアイゴです。
これは煮つけです。ここで又強烈なアタリでハリス切れです。
前回は太いハリスに変え釣りましたが、アタリが無くなり魚にまけました。
今回は、針を倍ほど大きく変え釣ることにしました。
これが良かったのか、その後アイゴとイスズミを追加することが出来ました。
ハリス切れの原因は、たぶん大きなアイゴが針を飲み込む事で起こったのではないかと思います。
又釣れそうな日に再度大きな針を使って挑戦します。
果たして結果は、ワクワクします。
コメント

久し振りにアイゴ釣れました。

2017-10-25 16:56:54 | 日記
昨日久し振りに北風が吹いたので、何時の所(栗間大橋手前の磯)に釣りに行きました。
この前行った時はハリスをブチブチ切られたので、何とか正体を確かめたい思いがあったので一匹釣りたい一心で釣り始めました。
一番良く釣れる満潮一時間後の午前11時頃から投げていると、早くもアタリが有り、合わせると確かな手ごたえ
ええ引きです。慎重に寄せましたが、痛恨のバラシです。
魚の顔を見れず残念です。
そのあとすぐアタリがあり釣り上げると40センチ級のアイゴです。
先日ハリスを切られた時とは、感触が少し違うような気がします。
そのあともすぐアタリがあり同一サイズのアイゴゲットです。
そのあともすぐアタリが有り今度は30センチ級のガーラの幼魚が連れました。
今日は、入れ掛りの日やとテンション上がった所で、無常の携帯の呼び出し音です。
商売(たこ焼き屋)をほったらかして出てきたので神様が怒ったのでしょう。
ありがたいお好み焼きの注文です。
すぐに竿をかたずけ帰路につきました。
心残り明日又神さんに怒られるの覚悟に、馬鹿なおじさんはワクワク魚釣りいきまっさ。
コメント

宮古毎日新聞親睦ゴルフ大会

2017-10-09 09:20:46 | 日記
毎年恒例のゴルフ大会、今年も早くもやってきました。
月日の経つの本当に早いものです。
年をとればとるほど我がの寿命と駆けっこするのでよけい早く感じるのか知れません。
去年はベストスコアーを出して思いもかけず優勝すること出来ました。
今年も連覇を目指しスタートしました。
この日は生憎風が10メートル近く吹き厳しいコンデションです。
条件は皆同じインの10番ホールkらスタートです。
メンバーは何時ものゴルフ仲間です。
わーわー言いもってティショット。最初のわりには、ナイスショット、セカンドも5番ウッドでナイスショットです。
このホールロングで第三打残り100ヤードピッチングでピン横3メートルのバーデーチャンスにつきました。
今日も調子良さそうと心の中でつぶやきながらバーデーパット惜しくもはずれパー発信です。
今日は風強いけど何とかなるなーと思いながら11番ここもアゲンストの中思ったところにナイスショット
ここも5メートルにパーオンしました。
今日は絶好調なと思いながらバデーパット。
やっぱり人間は謙虚な気持ちが大事だんなー、強気に打ち過ぎスリーパットのボギーです。
こうなって来るとおっちゃんのパターンです。ちょっと冷静になれば良いのですが、強気強気の攻めが裏目に出てスリーパットの山
ハーフ終わってみれば最初のパー一つの47、線香花火もよい所です。
後半戦気を取り戻し1番ホール
ここも距離の短いロングホールです。
ここは追い風思い切り振ったらナイスショット、ピンまで130ヤード打ち上げ8番アイアンでピン横5メートルです。
惜しくもイーグルを外しナイスバーデーです。
よし今度こそは30台で回るぞと思ったとたんショット力が入り曲がりだしました。
パットも入れたい気持ちが強くスリーパットが、多くスコアーになりません
後半も線香花火最初のバーデーだけに終わり46。
やっぱりゴルフはメンタルなスポーツでんなー、自分では分かっているつもりたけど中々思うようにはいきません。
でも神様が、たまに素敵な贈り物下さるので、くさらずに楽しくゴルフをしまっさ。
コメント

久し振りに釣りに行ったでー

2017-10-07 11:54:04 | 日記
久し振りに北風が吹いたので、思い切って釣りに出かけました。
場所は良くいく来間大橋手前の磯です。
五月頃はアイゴが良く釣れました。
この場所は何か釣れるのでこの日も期待し胸躍らせながら釣り始めました。
しばらく手返し良くコマセを撒いて魚を寄せていると突然のアタリです。
普通なら掛かっててもよいはずですが、何の抵抗もなく巻き上げてみると綺麗に針が無くなっています。
ふぐが掛かったのかと思いましたが宮古ではあまりふぐは掛かりません。
そこでハリスを3号に変え釣り始めると全くアタリが出ません。
魚も賢いものですそこで元の1.5号に戻し釣り始めました。
すぐにアタリがありましたがやっぱりハリス切れです。
何とか正体見なければ納まりません。
今度は飲み込むまえに、早合わせすることにしました。
この作戦が見事にはまりばっちり口掛りです。
魚の走りはかなりの大物です。
慎重に波打ち際まで寄せてくると最後の抵抗です。
そのまま強引に寄せたら良かったのですが慎重になりすぎほん手前でコーラルの入られ痛恨のバラシです。
今回は惜しくも魚の顔を見ること出来ませんでしたが、近い内に必ずリベンジします。
魚くん待っとれやー!
コメント