宮古島のたこ焼のおっさん

宮古島のゴルフと釣りはお任せ

やっとイカ釣れたデー。

2014-01-12 18:17:53 | 日記
長い事イカ釣れませんでしたが、昨日やっと釣る事出来ました。
昨日は東風でしたが、あまりにも好い天気で朝からウキウキワクワク海に行きたくて仕方がありまあせん。
釣れなくてもともとと新しく仕入れたエギを試すため何時もの所(深江橋手前の磯)に午前10時に釣り始めました。
今迄に一番実績のある場所で釣りましたが、全く反応がありません。
そこで東に10メートル移動しました。
今日も又あかんやろうと思いながら投げていると、10メートル先でかすかなイカのようなアタリがありました。
2、3回投げていると、目の前でイカがエギを狙っているではありませんか?
それも三杯が狙っています。
まさかこんな手前の浅い所で釣れ無いと思いつつ、誘いをかけると、何と飛んでくるようにエギに乗りました。
久し振りの感触に胸が高鳴ります。
バレ無いようにいつもの神様にお願いしながら抜き上げました。
200グラムぐらいの小さなイカですが、目茶嬉しかったです。
その後すぐにもう一杯追加する事が出来ました。
もう一杯一回り大きいイカがいましたが、これは中々釣れません。
もう少し狙いたかったのですが、開店まじかの時間のため後ろ髪を引かれる思い出帰路に着きました。
でも今に生きるおっちゃんは午後2時には友達を誘い同じ場所に、立っていました。
でも朝とは、うって変わり風が強くうねりが入り全く別物です。
その後風裏を狙い二箇所場所を変わりましたが、全くイカの姿を見る事が出来ませんでした。
今日もこりずに又行きましたが、現場に着いてびっくりです。
南風に変わり全く釣りにならず、30分で終了です。
何でも人生と一緒、ワクワク楽しくなるには、苦労の後に大きな喜びが待っています。
今日も又苦しみを喜びに変換して楽しく今を過しています。
コメント

釣りもゴルフもほんま!ままなりまへんななー。

2014-01-09 15:45:39 | 日記
ゴルフ今年の打ち始めは月曜日のがんずう会(65歳以上)コンペです。
久し振りとはいえ全く芯に当りません。そうなると得意のパター?まで入りません。
結局終わってみれば114打最近に無い最悪の出だしです。
昨日は恒例の水曜会コンペ、この日は一体どんなゴルフになるのか不安でしたが、楽天家のおっちゃんは開き直るのも得意です。
何も考えず打ったら以外にあまり曲がらず飛びました。
グリーン周りのアプローチは元々下手なので仕方ありませんが、バンカーショットとパター良く90で回る事が出来ました。
元々おっちゃんは集中力を持続するのが苦手で大波が多くすぐに弟や兄が出てきて無茶苦茶になります。
でもそれも楽しくたまにバーディか取れるとほんま嬉しいでんなー。今度はホールインワンといきまっせ
それから釣りも昨日ゴルフを終わってから行きました。
夕方から雨の大荒れの予報でしたが、余りにも良い天気なので今に生きるおっちゃんは辛抱出来ずいそいそとサヨリの顔を見に行きました。
現場の新城海岸に着くと絶好の釣り日和です。
急いで仕掛けを投入すると、糸からんで巧く投げる事が出来ません。
考えてみると前回仕掛けを少し変えていました。
元に戻す事も考えましたが、ジアイや天気も気になり釣り急ぎました。
運が悪いとあきまへんなー、時折風が強く吹いたり目の前の雲が真っ黒になりだしました。
それでも執念でサヨリ1匹をゲットする事が出来ました。
その頃になると何時雨が降ってもおかしくない状態です。
急いで納竿し帰路に着きました。
やれやれ何とか雨に降られずすんだと思ったのもつかの間、雨のカーテンが押し寄せあっと言う間にびしょ濡れです。
こうなったらやけくそで神様に大声を出しながら感謝していると、元気良く走っていたゲンチャリがエンストです。
さすがにこれには、参りました。
どしゃぶりの雨の中再度神様に真摯な気持ちでお祈りしながらエンジンぺタルを必死で踏と始動する事出来ました。
こんどは、神様にエンジン止りませんように風をひきませんようにとお願いしながら帰路に着き無事に家に帰る事ができました。
この日も思い出に残る楽しい一日になりました。







コメント

又サヨリ釣れたでー。

2014-01-04 18:29:41 | 日記
昨日久し振りに南風が吹きました。
気温も24度とこの時期はめったにない気候です。
でも昼から雨模様の予報です。
釣り好きのおっちゃんは、今が大切です。
雨にも負けずカッパを持って出かけました。
もちろん目指すは新城海岸です。
干潮3時間まえの午前11時に現場到着しました。
水面は凪にちかく絶好です。
はやる気持ちを抑え第1投目しばらく浮きを見つめると早くもサヨリの集まる気配です。
途端に浮きが横に走ります、すかさずバッシと合わせました。
よしやったと確かな手ごたえ、サヨリが2度ほど水面を跳ねましたが痛恨のバラシです。
サヨリはほんまバラシが多いでんな、でも今日は大漁の予感です。
その後投げるたびに、アタリがあります。
でも中々乗りません。その内に凄いアタリがあり竿先を引ったくります。
これは大物です。カジキマグロかスズキのエラ洗いのように水面を跳ね飛びます。
無理に引っ張ったらバレそうです。
ここでおっちゃんの真骨頂神頼み、これが通じたのか見事にゲットする事出来ました。
陸に上がるとほんまサンマでんな、見事な魚体口ばしが綺麗なブルーで全体が淡いブルーです。
中骨がブルーなのでこんなに宮古のサヨリは綺麗なんでしゃろなー。
また食べてもほんまに旨いです。おっちゃんはサヨリが一番好きです。
この日は、アタリが途切れる事ないほど魚影が多かったのですが、途中でモンガラに邪魔をされ結局4匹に終わりました。
もう少し粘ったらまだ釣れたかも知れませんが、空模様も怪しくなり納竿しました。(体力も怪しくなりました)
本当に今日は神様に大感謝の満足の一日でした。
コメント

元旦、2日の釣行。

2014-01-02 17:28:36 | 日記
12月はほとんど太陽が出ず梅雨のような天気が続きました。おまけに風も強く全く釣りに行く事が出来ませんでした。
所が元旦、2日は、神様の計らいで最高の天気です。
元旦は北風、今日は東風です。風速も宮古にしては弱く絶好の釣り日和です。
風向は悪かったのですが、サヨリが食べたくて新城海岸に師匠と行きました。
元旦は干潮3時間前の午前11時から釣り始めました。
15分経つ頃からアタリが、出始めサヨリ独特の浮きが横に飛びます。
すかさず合わすのですが、少しタイミングが早いのか痛恨のバラシ2回です。
向かい風の北風ですが、釣れる事が分ったので俄然やる気満々です。
その内向こう合わせのようなアタリ引き上げると立派なサンマサヨリです。
その後師匠もたて続に2匹ゲットです。
元旦そうそう幸先よいと喜びましたが、兄弟船を歌い終わったとたんに潮止まり。
ぴたとアタリが止りザエンドです。ほんま釣りは微妙でんなー。
2日は昨日のリベンジ、今日は東風ですが絶好の釣り日和です。
又師匠を誘って今日は干潮4時間前の午前10時から釣り始めました。
さすがに少し早かったのか、コーラルがまだ水の中です。
最初は砂浜から投げていましたが、大潮なので見る見る潮が引き始めました。
20分ぐらいするとアタリが出始めました。
おっちゃんのせっかちな性格がこの日も出て1匹目は早合わせのためバラシ先行です。
でもその後は順調に4匹ゲットです。師匠はこの日は不調でバラシが続き2匹だけです。
今日は少し早い時間に来ているのでもう少し釣れてもよいはずですが、12時前にアタリが止りました。
魚釣りは中々奥が深く面白いもんでんなー、魚ちゃんには悪いですが釣りはやめられまへんな。
コメント