多良川うちなぁ湧き水紀行

ラジオ沖縄で放送中の湧き水紀行(月~土 午後6時10分~15分)パーソナリティの放送日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄市安慶田 東ガー

2009年07月14日 | 中部
沖縄市安慶田 東ガー
 
安慶田小学校の敷地内、理科室の入っている校舎の近くにあり、フェンスで囲われた中にある。
集落の東側にあり、昔は飲料水の他、産水、若水等に利用された。
別名“産ガー”とも呼ばれている。

戦時中この辺りは日本軍の食糧がおかれ、戦禍を免れたため、民家には県内のあちらこちらから人が集まった。
近くには東ガーの他に「西ヌカー」、「中ヌカー」があるが、限られたカーを大勢の人が利用するため、並んで水汲みをしたそうだ。

今は円形の水タンクに蓋がされているが、もともとの形は長方形で、深さ2m程のものだという。

※東ガーのある場所は戦前~安慶田小ができた頃まで?三本の松があったそうで、当時はかなり有名だったようだ。
どうりで校歌の一番最初の歌詞が“まぁ~つのみどりぃ~にいろ~はえてぇ~”(松の緑に色映えて~)なんだ。と安慶田小学校出身の私は納得したのでした。


放送日:7/13~7/18、7/20~7/25

コメント (2)

本部町 崎本部 泉ガー

2009年07月14日 | 北部
本部町崎本部 泉ガー

 泉ガー、ニシ(北)ヌカー、神ガー、(ヌールガー)、記念ガー等‥色んな呼び方がある。

“泉ガー”は集落の中組にあり、前方には以前からある古いカー、後方に昭和天皇の即位を記念して造られたカーと二つからなる。

もともと水脈は一緒で、前方のカーに塩水が混ざってしまったことで後方に飲料水専用としてS3年に新たに整備された。
前方のカーは、洗濯、水浴びに利用。さらに、傍を流れる川では芋洗いなども行われたそうである。
後方の飲料水専用のカーでは、産水、若水の他、嫁ぐ際にもサキムイ(結婚式)の時、この水を持って行ったようだ。

因みにカーのお隣の家の屋号は『カーハタヌ(カーの傍の)キンキヤー』だそうで、
戦前そこのお宅で“帽子くまー”のお仕事をして夜はカーで水浴びをしたというお話も伺えた。


放送日 6/22~6/27、6/29~7/4、7/6~7/11
※ブログ更新するのが、遅くなりました。(スミマセン。。)
コメント