多良川うちなぁ湧き水紀行

ラジオ沖縄で放送中の湧き水紀行(月~土 午後6時10分~15分)パーソナリティの放送日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

取材日記

2007年10月22日 | 那覇・浦添地区
先週の金曜日、10月19日は、旧暦の9月9日 重陽の節句。沖縄でも「菊酒の日」として、菊の葉にお酒を注いでお供えし、無病息災を願う行事が今も続いている。古くは中国から伝来していたものだという。

沖縄では、地域によってこの日に「カーウガミ」をするところが多くある。

浦添市伊祖は、かつての琉球国王『英祖王』のゆかりの土地として今も、古い伝統が息づいている。

その日は、地域の村ガーや拝所を拝むために、自治会役員や地域の代表の方々が午後3時からあつまり、2時間近くかけて拝みが行われた。

写真は、前のカーといって、地域で最も大きな村ガー。
神妙な面持ちでカーに向かって、果物や米、塩、線香等と菊酒をお供えして拝みを行っているところ。

(放送は11月を予定)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那覇市安里 カンラガー

2007年10月15日 | 那覇・浦添地区
那覇市安里 カンラガー

那覇新都心と隣接する集落の北側にあるかつての村ガー。
国際通りからほどちかい又吉通り(通称 崇元寺通り)から新都心に向けて工事中の道路の道沿いに、ひっそりと残されている。

歴史は古く、今から400年以上前に中国から持ち帰った芋のかずらを、首里城へ献上する途中、萎えてしまった芋のかずらを、この池の水に浸したことから、カーの名前がついたという。

水道が入る以前は近くの方々の飲料水や生活用水に使われ、昭和30年代頃まで、お正月の若水にも利用していたようだ。

今もカーの横には小さな芋畑がある。

(放送は10月15日~11月3日の予定)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取材日記

2007年10月07日 | 那覇・浦添地区
久しぶりの取材は、台風で一日おくれたものの午後からはほとんど風もおさまり、お散歩気分で♪
今日の取材は、那覇市安里。訪れた『カンラガー』のすぐ後ろは、那覇新都心。
連休のさなか、案内して下さったのは、空手家の玉井栄良さん。玉井さんはお仕事の傍ら子どもたちに空手を教え、字誌の編集にも取り組んでいらっしゃる。

国際通りから少し入ったところなのに、昔の集落の趣が残る安里集落。道が狭く一方通行がとても多い所だが、それだけに歩いてまわるのはとても楽しい。

この辺りは、20年ほど前、個人的に思い出のある場所。
私が短大に通っていた頃、この近くの保育園に実習で通ったことがあるが、こんなに都心に近いのに集落内には緑が残り、園の屋上で畑を作りジャガイモを植えたり、山羊を飼ったりと子どもたちに自然体験をさせていた。その話を玉井さんにすると、彼もその保育園の出身だとか。

地域の歴史や自然がとても大切にされているこの地域。
新都心への道路が開通されるために、カーの移動を余儀なくされた所もあるそうだが、「カンラガー」だけは、カーの保存を考慮した上で道路の設計がなされ形をそのまま残すことができたようだ。

「温故知新」

古い町を大事にしつつ、生活に便利な新しい街に生まれ変わるその時、大事な物を後世に伝えるためにも、玉井さん等の活動がとても重要になると感じた。

(放送は10月15日~予定)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加