多良川うちなぁ湧き水紀行

ラジオ沖縄で放送中の湧き水紀行(月~土 午後6時10分~15分)パーソナリティの放送日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄市安慶田 ヤマヤージガー

2009年09月05日 | 中部
『沖縄市安慶田 ヤマヤージガー』


屋号“ヤマヤ―ジ”さんの先祖が掘ったと言われるカー(井戸)。

安慶田市営住宅、くすぬち平和文化館の前の通り沿い、電気屋さんの前にひっそりと佇んでいる。

道を挟んで向かいに住む屋宜ツル子さん(今年92歳、巳の人)の夫から4代前の先祖が、移り住んだ時に掘られたとされている。

ツル子さんは18歳の時こちらに嫁いだそうだが、当時は田んぼやさとうきび畑が広がり、のどかな場所だったようだ。(後ろにはサーターヤーもあったそう)

昔ヤマヤージガーの水を利用していた頃のお話を中心にお聞きする。

(*写真は一緒に伺った島袋盛孝さん)


放送予定9/7~9/12、9/14~9/19
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 夏休み特別企画 水辺のある... | トップ | 金武町屋嘉 屋嘉のウフカー »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Shanty)
2009-09-05 20:22:20
はじめまして。

私の実家の近所です。
私の実家にも敷地内に井戸があります。

安慶田もだんだん寂れてきましたがこんな歴史的な生活様式がまだあるんですね。
懐かしいです。 紹介してくれてありがとう!
Shantyさんへ♪ (ごやかずえ)
2009-09-05 21:45:48
コメントありがとうございます!
安慶田小出身の私も2?年振りに(笑)この近くにお邪魔しました! 確か330号の山之端時計店につながる道だよね。途中にさしみ屋さんがある。。とワクワクしながら。

月曜日からのラジオも楽しんで下さいね♪
はじめまして (11番)
2009-09-11 14:02:57
僕も安慶田出身です。
学生の頃は、そこに井戸があるのをなんとも
思わなかったのですが、
今になって、あのころを思い出しながら
ヤマヤージガー、東ガー、中ヌカーの写真を見ると
懐かしく思います。
子供達の将来の為にも、このような歴史も受け継ぎながらずっと残していきたいですね。
11番さんへ♪ (ごやかずえ)
2009-09-12 21:04:23
コメントありがとうございます~。
ほんとそうですね。実は私も在学中はこのカー(井戸)の存在に全く気付かず、えっ?こんな所にあったの?とビックリしました!

カー一つとってもその時代の風景や、生活の知恵、地域のつながりが見えてきます。現代の私たちも学ぶ所が多いですね♪
Unknown (安慶田ファン)
2009-09-22 18:46:12
ラジオ楽しませてもらいました。ありがとうございます。
以前、もうひとつのカーの存在をきかされました。
水辺(親水)公園の座間味人形店近くにあるカーですが、安慶田と関連するとききました。その一帯も公図では安慶田原というらしいのですが・・。それがウブガーでは?教えて下さい!
安慶田ファンさんへ♪ (ごやかずえ)
2009-09-26 20:58:51
コメントありがとうございます!ラジオも聴いて頂き嬉しいです! さて、質問のカーですが、銀天街の近くですよね。もしかしてそちらのカーは住所は城前町ですか?

もともと安慶田集落は越来城の南東の傾斜地にあったようですが、土地が狭く生活用水を汲む泉も遠い、台風の被害も多い等の理由から1763年に現在の場所に移動してきたようです。
移動する以前に使ってたカーは、現在の城前町にあるクシバルガーなんだそうです。ですから、もともとのウブガーはクシバルガーになります。

今回、私は行くことはできませんでしたが、安慶田ファンさんがおっしゃってるカーのことかもしれないですね♪
(長くなりましてゴメンナサイ!)
去年まで住んでいた所でした (ちはやー)
2009-09-28 08:58:44
こーんな近くにカーがあるとは存じませんでした。近くの市営住宅に旦那さんの両親が住んでいて、私たち夫婦は去年まで向の理容室のあるアパートに住んでました。
確かポストが近くにあったような気がします。
今は週に一度しか見ないけど歴史を実感する場なのだと思いました。
ちはやーさんへ (ごやかずえ)
2009-10-01 20:43:10
こちらこそ、はじめまして♪
コメントありがとうございます!

そうなんですよね~今は水道の蛇口をひねればすぐお水が出てきますし、そこを生活の場として使ってなければその存在すら分からないですよね。

集落の中には、集落の方々を支えてきたカー(井戸、湧き水等)まだまだあると思います。

宝物は足元にあるのかもしれないですね♪
かずえさんへ (安慶田ファン)
2009-10-03 16:27:36
良かったです。やはり、あれがウブガーなのですね。その土地で生まれた者、住んでいる感謝拝みはそのクシバルガーが原点と最近聞きました。時代とともに忘れ去られてはいけませんね。周囲へも教えてあげます。ありがとうございました!

コメントを投稿

中部」カテゴリの最新記事