多良川うちなぁ湧き水紀行

ラジオ沖縄で放送中の湧き水紀行(月~土 午後6時10分~15分)パーソナリティの放送日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ショックな出来事

2007年11月12日 | 北部
週末の休みに、のんびり北部に遊びに行った。
久しぶりに本部町具志堅のウプガーを訪れてみようと集落の中に入ると、なにやら工事をしている。

写真は以前にとったウプガーの様子で、大きな水溜の前に、かつての洗濯場や水汲み場の残るまさに生活史の一部として、ずっと残しておきたいと思うとてもいい湧き水だった。

番組でも最初のほうで紹介しており、北部の湧き水ツアーでも訪れ、みなさん感激をされたところである。

が、しかし、昨日、現場を訪れた私は、目を疑い、言葉を失った。

全面の水汲み場が、全部なくなっていた。
大きな馬の形をした水溜は、新しい真っ白な石で同じような形で改めて整備されていたのである。(あまりのショックに写真はとれませんでした)
なんで、あんな素晴らしい、もう、2度とつくれないものを壊してしまったのだろう。。。理由はわからないが、とても残念である。
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 取材日記 | トップ | 浦添市経塚 夫婦(ミートゥ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文化財なのに (kenbo)
2007-11-13 00:26:50
沖縄の湧水は庶民の身近な文化財なのに、簡単に壊してしまいますね。もっと、地域の生活や文化に誇りを持ってほしいですね。この湧水は昔見に行ったことがありますが、残念です。
Unknown (ジョイス)
2007-11-13 01:01:58
ショックが伝わります。
ホントに残念です。
自然が造った色やコケなど、時を感じるのを壊してまで、新しくした理由をぜひ知りたくなりましたので調べてみることにします。
Unknown (ぐしともこ)
2007-11-13 21:21:31
kenboさんへ

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
壊してしまったら、もう、どんな手段でも作り直すことができないことをとても残念に思うのですが、価値観の違いでしょうか。本当に残念の一言です。


ジョイスさんへ

コメントどうもありがとうございます。
私もよっぽど近くにいたお年寄りに聞こうかと思いましたが、あまりのショックでそのままその場を後にしでしました。何かわかれば、是非、お知らせ下さい。
田を (干瀬のまれびと)
2007-12-20 13:47:25
9月にここを訪れました。
その時にうかがいましたが、カーの北側にひろがる土地を、国の支援だったか(?)を受けて、田を復元するのだそうで、そのための工事などのため、カーを移動すると区長さんから伺いました。
ノートをとらなかったので、曖昧な話ではありますが、カーそのものへの部落の人たちの想いや信仰が変容したわけではないと私は理解しています。
ご参考まで。
Unknown (ぐしともこ)
2007-12-23 10:59:26
干瀬のまれびと様

コメントありがとうございます。
田園空間整備事業というらしいのですが、すでに玉城も整備が終わっています。
もちろんきれいになっていいところもありますが、昔使った様子が目に浮かぶようなあの洗い場など、風雨や時に洗われたあの姿がとてもよかっただけにすごく残念に思いました。

コメントを投稿

北部」カテゴリの最新記事