多良川うちなぁ湧き水紀行

ラジオ沖縄で放送中の湧き水紀行(月~土 午後6時10分~15分)パーソナリティの放送日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

読谷村親志 ジムスガー

2009年10月28日 | 中部
読谷村親志 『ジムスガー』

「ナーカヌカー」「ウブガー」とも呼ばれている。
戦前の親志集落(現嘉手納弾薬庫地域、黙認耕作地内。国道58号北向け琉球村手前右折)親志事務所の近くにあった共同井戸。事務所の近くにあったので「ジムスガー」。
※親志集落は、戦後嘉手納弾薬庫地域として接収されたため、喜名と座喜味の間へ の移動を余儀なくされた経緯がある。


戦前は四角形の石積みで囲われたカー(井戸)で、水もキレイで魚もいた様子。
主に子どもが産まれた時の産水、お正月の若水、日常の飲料水として使用された。

現在は残念ながら水脈を土で埋められ水がない状態。旧道から急な斜面を下った深いくぼみになっている。
カーへの入り口の所にちょっとした拝みのスペースがあり、お賽銭が置かれていた。

今、区長さん始め区民の皆さんが頭を悩ませているのが、この場所への不法投棄の多い事!
不法投棄はやめて頂くよう立て看板をしても、近くで畑をしている方が何度となく、また、区でも年に3~4回お掃除をしてもゴミが減らない現状です!

この場所はまちがいなく親志の方々の先祖のルーツであり、神聖な場所です。
不法投棄は絶対にやめて下さい!!

親志区でも、将来的にはカーを復元しようと郷友会の方たちと話を進めていて、また、区の先輩方から昔の話を聞き取り、字誌作りにも積極的に取り組んでいます。


放送日:10/26~10/31
『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恩納村前兼久のカー その2 | トップ | 15年間ありがとうございました! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中部」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事