多良川うちなぁ湧き水紀行

ラジオ沖縄で放送中の湧き水紀行(月~土 午後6時10分~15分)パーソナリティの放送日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

那覇市真地(まーじ)村がー

2008年03月11日 | 那覇・浦添地区
那覇市真地(まーじ)村がー

世界遺産にも登録されている識名園の近くにある村ガー。
公民館の敷地内にあり、今も豊富な水が湧いている。
近くのクリーニング屋さんが使っているほか、目の前にある真地バス停の待合いにもこの水が使われている。

水道が敷かれる以前は、飲料水をはじめ生活すべてに使われ、更に真地は、昔から美味しい豆腐作りで有名な場所であることから、豆腐作りにも使われていたという。
現在も4件のお豆腐屋さんが営業を続けている。
豆腐づくりにかかせない「石臼」が6つほどピラミッド状に重ねられ、バス停のオブジェとなっているのがとてもステキである。
決まった時刻に村ガーの水が流れ出るようになっており、そこにはきれいな草花も植えられている。

2004年には那覇市の景観賞を受賞している。

放送では現在のカーの様子や以前の集落の人々の生活の様子などをうかがう。

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 西原町池田のカー | トップ | 今帰仁村湧川 村ガー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

那覇・浦添地区」カテゴリの最新記事