多良川うちなぁ湧き水紀行

ラジオ沖縄で放送中の湧き水紀行(月~土 午後6時10分~15分)パーソナリティの放送日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

読谷村親志 ジムスガー

2009年10月28日 | 中部
読谷村親志 『ジムスガー』

「ナーカヌカー」「ウブガー」とも呼ばれている。
戦前の親志集落(現嘉手納弾薬庫地域、黙認耕作地内。国道58号北向け琉球村手前右折)親志事務所の近くにあった共同井戸。事務所の近くにあったので「ジムスガー」。
※親志集落は、戦後嘉手納弾薬庫地域として接収されたため、喜名と座喜味の間へ の移動を余儀なくされた経緯がある。


戦前は四角形の石積みで囲われたカー(井戸)で、水もキレイで魚もいた様子。
主に子どもが産まれた時の産水、お正月の若水、日常の飲料水として使用された。

現在は残念ながら水脈を土で埋められ水がない状態。旧道から急な斜面を下った深いくぼみになっている。
カーへの入り口の所にちょっとした拝みのスペースがあり、お賽銭が置かれていた。

今、区長さん始め区民の皆さんが頭を悩ませているのが、この場所への不法投棄の多い事!
不法投棄はやめて頂くよう立て看板をしても、近くで畑をしている方が何度となく、また、区でも年に3~4回お掃除をしてもゴミが減らない現状です!

この場所はまちがいなく親志の方々の先祖のルーツであり、神聖な場所です。
不法投棄は絶対にやめて下さい!!

親志区でも、将来的にはカーを復元しようと郷友会の方たちと話を進めていて、また、区の先輩方から昔の話を聞き取り、字誌作りにも積極的に取り組んでいます。


放送日:10/26~10/31
コメント

沖縄市安慶田 ヤマヤージガー

2009年09月05日 | 中部
『沖縄市安慶田 ヤマヤージガー』


屋号“ヤマヤ―ジ”さんの先祖が掘ったと言われるカー(井戸)。

安慶田市営住宅、くすぬち平和文化館の前の通り沿い、電気屋さんの前にひっそりと佇んでいる。

道を挟んで向かいに住む屋宜ツル子さん(今年92歳、巳の人)の夫から4代前の先祖が、移り住んだ時に掘られたとされている。

ツル子さんは18歳の時こちらに嫁いだそうだが、当時は田んぼやさとうきび畑が広がり、のどかな場所だったようだ。(後ろにはサーターヤーもあったそう)

昔ヤマヤージガーの水を利用していた頃のお話を中心にお聞きする。

(*写真は一緒に伺った島袋盛孝さん)


放送予定9/7~9/12、9/14~9/19
コメント (9)

夏休み特別企画 水辺のある風景 その3

2009年08月28日 | 中部
『NPO法人おきなわ環境塾主催・きたなか林間学校 ~水とのかかわり~』

北中城村荻堂にあるおきなわ環境塾、塾長後藤道雄さんの自宅兼、環境教育施設『ぬちゆるやー』で宿泊しながら、地域の歴史を学んだり、周辺の自然や動物、生き物たちと共に過ごす3泊4日のプログラム。


施設のすぐ近くに“タチガー”という湧き水があり、おきなわ環境塾では、余水を利用して洗濯ができるほどの池を2つつくり、(もう一つは生き物たちのビオトープ的なもの)子どもたちが体験できるスペースになっている。
林間学校のプログラムの中には、他にもタチガーの水を利用して、与那国馬“げんちゃん”の水浴びや、畑への水かけ、竹を利用してソーメン流しを行うなど、湧き水を有効利用したものも多い。

今年は7/18から4回に渡って行われたが、最終組8/15~18日(小学3年生~中学生13人が参加)の2日目の朝、湧き水を利用しての洗濯の様子、裏庭での食材採り他、午後から与那国馬げんちゃんと一緒に普天間川沿いを歩き、石平公民館で行われた「第2回普天間川 水辺のフォーラム」に参加。普段体験したことのないプログラムに取り組む子どもたちの様子をお送りする。


放送日8/24~8/29、8/31~9/5
コメント

沖縄市安慶田 中ヌカー

2009年08月03日 | 中部
沖縄市安慶田 中ヌカー

原名、安慶田原にある。
安慶田小学校正門近くフェンスの外にある。

学校内裏門(照屋門)近くにある“東ガー”、中ヌカーより西にある“西ヌカー”と共に飲料水として利用された。

形は天水用などに利用された水タンクの丸いカーだが、以前ここを利用していた時は、石積みの長方形のカーだった。
(なんと!現在はその上に水タンクをかぶせてる形で、長方形の形はそのまま残っているようだ。)
自治会長の屋宜盛英さんと島袋盛孝さんに丸い水タンクの蓋を開けてもらったところ、水タンクが2つ積まれ、更に1m50cm~2m程下に透き通った水が溜まっていました。

戦前、この辺りは田畑が広がる田園地帯で、公民館がある所も丘だったという。
役所あたりで誰かが三線を弾いている音や、泡瀬の海の波の音も聞こえるくらい静かな場所だったようだ。


放送予定日:7/27~8/1、8/3~8/8
コメント

沖縄市安慶田 東ガー

2009年07月14日 | 中部
沖縄市安慶田 東ガー
 
安慶田小学校の敷地内、理科室の入っている校舎の近くにあり、フェンスで囲われた中にある。
集落の東側にあり、昔は飲料水の他、産水、若水等に利用された。
別名“産ガー”とも呼ばれている。

戦時中この辺りは日本軍の食糧がおかれ、戦禍を免れたため、民家には県内のあちらこちらから人が集まった。
近くには東ガーの他に「西ヌカー」、「中ヌカー」があるが、限られたカーを大勢の人が利用するため、並んで水汲みをしたそうだ。

今は円形の水タンクに蓋がされているが、もともとの形は長方形で、深さ2m程のものだという。

※東ガーのある場所は戦前~安慶田小ができた頃まで?三本の松があったそうで、当時はかなり有名だったようだ。
どうりで校歌の一番最初の歌詞が“まぁ~つのみどりぃ~にいろ~はえてぇ~”(松の緑に色映えて~)なんだ。と安慶田小学校出身の私は納得したのでした。


放送日:7/13~7/18、7/20~7/25

コメント (2)

うるま市上江洲 ウフ井

2009年06月05日 | 中部
うるま市上江洲 ウフ井(ウフガー)

上江洲集落の東側 小字名“東原”(アガリバル)にある。
ヌーリガーと共に上江洲集落における重要な生活用水として利用されてきた。

高さ2m程の屋根付きで、横4m、縦1.5mの長方形のカーとなっている。
今は危険防止のための柵がされているが、昔は水汲みをする人、また、カーの前の広場ではお洗濯や水浴びをする人で賑わった。

更に、お正月の若水汲み、子どもが産まれた時の産水、人が亡くなった際、お葬式の帰りはウフ井の水で体を清めた。
行事や人生儀礼においても重要なカーだった。


※写真は左から、上江洲自治会長の上江洲安俊さん、高江洲良夫さん、名護トキ子さん、潮平アキ子さんです。ありがとうございました。


放送予定:6/8~6/13、6/15~6/20

コメント

うるま市上江洲 ヌーリガー

2009年06月02日 | 中部
うるま市上江洲 ヌーリガー

上江洲公民館から東に200m程行った左側にある。

名前の由来は、昔から海苔のような水苔が生えていることから“ヌーリ(のり)ガー”、また、祝女専用のカーだったのではないかと言う説もあり、“ヌール(ノロ)ガー”とも呼ばれている。

ヌーリガーの水は飲料水をはじめ、お洗濯、水浴びに利用された。
カーの前庭の先、草むらの中にセメントの水ためがあったが、かつてはヌーリガーからの水を溜めるようになっていて、その周りはお洗濯をする人、水浴びをする人で賑わっていた。
飲料水用のカーの前で洗濯や水浴びをすると怒られたそうである。

カーの中は今でも清水が湧き、手長エビも多く生息している。この水は近くの用水路を通り、天願川に注いでいる。

※写真は左から、高江洲美江さん、自治会長の上江洲安俊さん。


放送予定:5/25~5/30、6/1~6/6

コメント (4)

うるま市川田 与那原小のカー  イージ小ヌカー小

2009年04月22日 | 中部
うるま市川田 与那原小ぬカー 上江洲小ヌカー小

与那原小ぬカー:小字名田佐原、畑の中にある昔ながらの石積みのカー。
この土地の所有者上江洲さんの屋号“与那原小”(ヨナバルグヮー)に由来。やはり、上江洲さん一門が利用したと思われる。
※写真は与那原小ぬカー

イージグヮーヌカーグヮー(上江洲小ぬカーグァー):上江洲文子さん(90代)宅にあるカー。上江洲さんが嫁ぐ際に作ったカー。主婦にとって“水仕事”は毎日欠かさない日課。当時は嫁ぎ先にカーがあるかないかは重要で井戸が無いなら嫁には来ないと言った所、翌日には作ってくれたというお話。文子さんはとても愛(カナサ)されていたんですね。

放送予定日:4/20~4/25
コメント

うるま市川田 与那原ガー 知名ガー

2009年04月22日 | 中部
うるま市川田 与那原ガー 知名ガー

与那原ガー:小字名与那原に位置し、大田集落にほど近い高台の、現在照間まで結ぶ道路工事の橋げたの下にありました。
以前は与那原に住んでた方々に利用されていたカーのようだが、形がなくなっていた為、近年、前区長が拝所として現在の場所に復元した。
今でも訪れる人は多いようで、取材した際もお賽銭が残されていた。
※写真は与那原ガー

知名ガー:小字名田佐原に位置し、県道16号線沿い、川田向け知名商店近くにありました。
以前この辺りに住んでいた知名一門が使ったとされている。戦前は周りは畑で、知名ガーの水はいつでも溜まっていたようです。

放送日:4/13~4/18
コメント

うるま市川田 イジュンダガー

2009年04月22日 | 中部
うるま市川田 イジュンダガー

川田集落は旧具志川市の中城湾に面した下原(シチャバル)にあり、元々はお隣の大田集落に属していましたが、S16年小字名与那原と田佐原が分離して、“川田”集落が誕生しました。
(※集落内を流れる“与那川”の川と“田佐原”の田をとって“川田”と命名されたようです)
集落内を東西に県道16号線、南北に県道33号線が走り、33号線を挟んで西側が与那原、東側を田佐原と呼んでいます。

イジュンダガーは高さ50㎝、直径70㎝程のセメントの水タンクで、県道16号線、勝連南風原向け川田バス停横にひっそりと佇んでいました。
以前は道路の真ん中辺りにあったようだが、県道16号線の整備に伴い現在の場所に移動。

戦前は近くの方の生活用水に利用された他、戦時中は兵隊に行った方の家族が一日、十五日に無事を祈って拝みに来た場所でもあるそうです。
現在も近くの方の畑の水に利用されている。

放送日4/6~4/11



コメント