松永和紀blog

科学情報の提供、時々私事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

津村さんの誠実

2009-05-31 23:52:44 | Weblog
 5月6日付で、「津村ゆかりさんの著書はお勧め」と紹介した。
 その津村さんから、ご連絡いただいた。正誤表を作ったとのこと。

津村さんのウェブサイトの正誤表掲載のお知らせとお詫び

 原稿と図版がそろってからの制作期間が短すぎ、十分な精査ができないまま最終版組みとなってしまったとのこと。津村さんにとってこれが初の単著。最初の本は、いろいろと勝手がわからず、やっぱり大変なのだ。

 お詫びの文面から、津村さんが正誤表を出さねばならなくなった事態に対して、とても苦しんでいることがうかがえる。津村さんが住んでいる「分析化学」の世界は、出したデータが関係者の運命を大きく変えることもあり、世の中でもっとも、間違いが許されない世界かもしれない。そんな日常を送っているが故に、苦しさも人一倍、ではないか。

 でも、世の中の本は意外に間違い、誤植が多い。知らん顔して大幅改訂、増刷することなど日常茶飯事である。私も最初の増刷の時に、大幅ではないけれどちょこちょこ間違いを直してもらう。十分気をつけて目を通し、その分野の専門家に査読もお願いするけれど、どうしてもチェック漏れは出てしまう。完璧はやっぱり無理なのだ。

 だから私は、津村さんの姿勢にむしろ、誠実さを感じた。普通は、「恥ずかしい」とか「ミスを表面化させたくない」という感情が先にたつし、「みんな知らん顔して直しているじゃないか」という言い訳もあって、わざわざウェブサイトで公表することなどしない。
 でも、津村さんは「正しい情報を、読者に届けなければ」という思いで正誤表を出し、私にも「ブログで取り上げて」と連絡してきてくれた。私はますます、津村さんのファンになった。

 正誤表を見る限り、致命的な問題ではないように思う。本の価値が落ちることはない。やっぱり、いい本だ。近々改訂、増刷になるでしょう。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 遺伝子組み換えサル誕生で、... | トップ | オールゼロのオールってなんだ? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思い出しました (瀬戸晶成)
2009-06-01 13:47:04
今日の記事を読んで...
学生時代に言われたこと言葉。

(その1)
有機化学の授業で、講義内容と自分が参考にしていた書籍の内容の記述に矛盾があることに悩み、担当教授に質問に行きました。その教授は書籍をちょっとみて言った一言。
「あ、こりゃ本が間違ってるよ。本は間違っていることが多いから気をつけなくちゃね。」

(その2)
出された課題をこなした後に解答を聞きに後に恩師となる教授を訪ねたときに言われた一言。
「目の前にある答が、文献で得た結論だろうが自分で得た結論だろうが、合っているか間違っているか、君自身で判断できないようなら、そりゃ君、まだまだ勉強が足りないんだよ。(僕に聞きに来るのはお門違いだよ)」

メディアには間違ったものが多くあります。しかしながら記事にあるように、訂正されるものは少ないように感じます。
それは専門者向けだからといって変わらない気がします。

津村さんの真摯な行為は情報を出す側として重要だと思います。
しかし、情報を受ける側も自己責任で是非を判断することも重要だと思います。
第2刷が出ました (松永 和紀)
2009-07-30 04:44:00
7月1日付で第1版第2刷が出ました。もちろん、津村さんがウェブサイトで出していた正誤表が反映されています。立派ですねえ。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事