淡路島の一期幾会(旅館若潮ブログ)

活魚料理旅館 若潮 で日々のお仕事を通じて”淡路島の魅力”を伝えていきます

炎と戯る

2011-05-23 22:11:18 | 旅館のお仕事

 昨日は午後より美観味のイベント‘炎と戯る’に参加してきました。

樂久登窯さんにてこの日の為に作られたピザ窯、釜戸、炭火窯の炎と向き合い

料理人たちが島の食材を使ってお料理を仕上げていきます。

 

 

 

スタート前に熾された炎に触発されるように一気にスタッフの動きも引き締まります。

 

わたしがご用意したのは地元の郷土料理‘宝楽焼き’をいつもと雰囲気を変えて、

島のサザエをこのグループのなかで知り合った basilplus の青木さんよりいただいたバジルを使って

釜戸の炎で‘サザエの宝楽焼き バジル味噌田楽’として提供させていただきました。

 

普段、コックをひねると安定して熾る炎とは一味も二味も違って生き物のように立ち昇る炎に

みなさん、個性溢れるお料理でゲストをお迎えします。

 

お料理の楽しみの他にも・・・

今宵限りの料理人同士のセッション・・・こんな光景も会場のあちらこちらで。

 

頬に感じる炎の感触・・・ゲストの方には間近でフランクに調理風景を楽しんでいただきました。

 

そして、このイベントの醍醐味・・・ライブ感!!

 

センターテーブルで取り分けられる技を見ながら対話を愉しみます。

このお客様との距離感はおもてなしをする側としてもとても新鮮で楽しいものです。

 

お料理も終盤の頃には西浦特有の夕日が差し、柔らかい雰囲気のなか

 心地よい風が流れるなか、ゲストと島の素材に感謝を込めてメンバー一同整列して

西村さんの言葉でフィナーレを迎えました。

 

普段とは全く違った炎とゲストとの距離感を楽しみながら意味のある時間を過ごす事ができました。

 

さて、イベント後のお楽しみはゲスト、スタッフ合わせての交流パーティーです(楽しかった~!)

パーティーでは今回協賛していただきました岩屋漁協より高橋さんがさばきました旬のすずきを

王道の宝楽焼、そして荒炊きにしてお出しさせていただきました。

 

当日お越しいただいたお客様、このイベントにお提供いただきました生産者のみなさま、

そして、お手伝いいただきましたスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

 

この経験もまたひとつの自分の財産にして明日の糧にしたいと思います。

 

   special thanks

 

Fisherman 岩屋漁業共同組合のみなさま

Farmer   倭文土井農園 橘さん

Farmer     basilplus   青木さん

Farmer   アスパラ栽培 塩道さん

 

 

Producer               ヒラマツグミ 平松さん

Graphic designer      chikker´s cafe 溝尾さん

Fire  keeper             風の絵 前田さん

MC                        大栄窯業 道上さん

Cameraman        ノマド村 茂木さん

Host  ceramist        樂久登窯 西村さん

chefs                   正寿司 高橋さん

chefs             割烹はと 吉田さん

chefs             スフィーダ 真野さん

chefs             南海荘 竹中さん

chefs                   料理研究家 堀田さん

boulanger         chikker´s cafe 針山さん   

Sommelier        プラザ淡路島 奈良さん

atendant             樂久登窯cafe  Mihokoさん

Hall staff             協力していただいたみなさま

 ありがとうございました

今日も応援クリックよろしくお願いします。 

にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
にほんブログ村

今日も読んでくれてほんとにありがとうございます

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慶事の膳 | トップ | ひとのためにすることのよろこび »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (amachan)
2011-05-23 23:17:31
このイベントもある意味、

新しいことへの挑戦ちゃいます?


何かを変えれば
新しいモノが見える的な・・・

会場に居なかったから雰囲気や臨場感からだけど・・・

自分を試す舞台
踏み出す勇気って必要だな~。

そして、なにより仲間だね~。
Unknown (瓦人)
2011-05-23 23:27:20
キセキの空に感謝でしたね~☆
それにしても何なんでしょう・・・この高揚感。
ゲストへのもてなしよりも何よりも、自分たちが高められていることがなんといっても心地よい時間でしたね~。
やっぱ、仕事にはこの野心があってこそ、向上するというものです☆
さてさてお次はどんな楽しみが・・・?
とりあえず、打ち上げですね(*^_^*)
Unknown (じゅんべー)
2011-05-24 11:19:34
蘇りますねぇ~~^^
しかし、今回も企画段階から本当にいい経験をさせていただきました!
回を重ねるごとに、ほんと身の引き締まる思いで、参加させていただいておりますが、
そんな中、頼りにしてますケータローさん!
今回もヘルプ助かりました!
お陰で、お客様にも楽しんでいただけましたね!
また次回も!参加できるよう互いに日々頑張りましょう!よろしくです!
Unknown (ケータロー)
2011-05-24 14:03:32
amachanさんへ
ほんとその通りですね、普段の仕事にどっぷり浸かって
そのことを忘れてしまいがちなこの歳頃。
このイベントを通じていろんなヒントを得られたような気がします。
料理人さんもみな、自分をしっかり持った良い方たちばかり。。
そんな人たちからも刺激をもらってがんばらないといけませんね。
Unknown (ケータロー)
2011-05-24 14:09:55
瓦人さんへ
前日の杞憂が嘘のように夕暮れには温かい光まで・・。
僕は信じてましたけどね~(笑)

今回で痛感したのは段取りや進行の大切さ。
芯がしっかりしてないといくら個性が強いメンバーが集まっても
全体がボヤけてしまう可能性がありましたよね。
瓦人さんやヒラマツさん、そしていろいろセッティングして頂いた方々に感謝です。

そうそう、打ち上げ~、楽しみですね~。
Unknown (ケータロー)
2011-05-24 14:15:22
じゅんべーさんへ
いろんな意味で勉強になりました。
普段の仕事をしているとこういった全体のバランスを
忘れてしまいがちになります。
そんななか、いろいろアドバイスをしてもらえる仲間がいること、
本当にありがたいことです。

料理もこうしてセッションすると楽しいね~。
ヘルプなんてとんでもない、これが楽しいんだからね~。
Unknown (高橋)
2011-05-24 19:56:08
ケータローさん。お疲れ様でした~!

岩屋のスズキも宝楽焼やアラ炊きのシンプルで最高の調理でした!(b^_゜)

ありがとうございました。。。

余韻のあるうちに打ち上げで盛り上がりましょうね~!!!
Unknown (mihoko)
2011-05-24 22:00:10
先日はお疲れ様でした。
こんなに素敵なみなさんと並んで載せていただいて、恐縮しています・・・
ありがとうございます。
準備の段階からみなさんの熱い真剣な想いを、
当日はたくさんの方の笑顔を近くで見ることができて、
とっても素敵な時間をすごさせていただきました。
ありがとうございました♪
Unknown (陶工246)
2011-05-24 22:52:50
お疲れ様でした!
前回のホールの優しい表情の航太郎さんとは別人の、料理人としての厳しい表情の航太郎さん!
めっちゃカッコ良かったです!!
打ち上げも釜に火を付けてお待ちしていますね。^^

みんなでもう一度、炎と戯れましょう!!
Unknown (チッカーズカフェ chika)
2011-05-25 09:38:42
航太郎さんの料理に対する心意気、素敵です。
「食堂かたつむり」を見て、食材に感謝したり、料理に向き合う丁寧さに感動したのを思い出しました。
職人さんの仕事を間近に見ることができるなんて、本当に貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございました!

コメントを投稿

関連するみんなの記事