成子天神社のマンション化に抗して

西新宿の成子天神が境内に大型マンション2つを造ろうとしている。これをやめさせ、残されてきた自然と緑をなんとか残したい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遷座式

2011-11-28 17:40:00 | 日記
 「成子天神社のマンション化に抗して」の全体像を把握していただくためには、ウィキペディアの「成子天神社」の項目をご覧いただくのが手っとり早いです。初めての方は、そちらをまずご覧ください(「成子天神社」でご検索ください)。
 このブログは、日々新しい事実が起きているわけではないので、新しい書込みが減ってしまっています。ご覧頂いておられる方々には申し訳ありません。かといって、日々変化する天神建物の解体状況・着工状況をドキュメントするのがこのブログの目的ではありません・・。

 26日夜、ご神体に今までの本社殿から新しく小さい仮社殿にお移りいただく、遷座の式をやったようです。当初は25日に計画されていたはずですが、何の準備が間に合わなかったのか、26日で、それも夜になってから「遷座式」をやったようです。どんな遷座式だったのか(私は病気の父を看るため、24~26日に長野県に行っておりました。26日夕方には帰京していましたが、遷座式の予定がそれまで延びていたとは知りませんでした)
 27日までは、本社殿の拝所に上がることができました。しかし、28日には手前の部分に高い工事用の塀を立ててしまいました。今日からは、境内のほとんどの部分に立ち入れなくなりました。入れるのは仮社殿の周囲だけです。
 ご遷座前から、本社殿には、畏れ多くも、東側と北側に足場が組まれていました。でも、今日28日には、足場組みが進みませんでした。
 代わりに、チェンソーによる木の伐採が進んでいたようです。わが家は、建物の陰になっており音がまったく響きません。しかし、Aさんは不快な音がお宅に響いて困ると嘆かれていました。
 そういえば、境内入口にあった紅白の梅の木は、もう初期に伐り払われました。盆踊りをする南側にあった梅も、とっくになくなっています。
 「力石」の所にあったツツジは、植えかえてもらえるかと思ったら、しばらく前に無残な切り株になっていました。チェンソーの音が響いたら、私には身を切られる辛さに感じそうです。
 ともあれ、今週には、本社殿に足場と覆いがかけられ、神域の取り壊しが始まるのでしょうか。

 ところで、私が記述していたウィキペディアの「成子天神社」に、11月16日に「独自研究」なるタグが貼られました(ますます「私」が誰なのか、わかってしまいますが、もともとそれは承知のことなので、あの記述者が私であることを明示しておきます)。
 ウイキペディアのページに「独自研究とは、信頼できる媒体において未だ発表されたことがないものを指すウィキペディア用語です」と述べられています。ウィキペディアの「成子天神社」に書いた「再生プロジェクト(高層マンション計画)」全体の内容は、まだ出版物などの形で発表されたものではありません。そういうことから言えば、ウィキペディアの定義に言う「独自研究」に当てはまるでしょう。ただし、独自研究であることを避ける手段として、ウィキペディアでは「出典を明記することの必要」が挙げられています。ウィキペディアの「成子天神社」項目では、記述された内容の出典を脚注として10項目を出しています。「独自研究」のタグをつけた「多摩に暇人」さんは、「入手できない資料、テレビ、発言を出典としてる文章が多くあ」るとしています。しかし、もともと情報・データーは少ないのです。どのような事業なのかを説明するために、「説明会資料」を掲げています。これも、他地域の方が入手しようとしても「簡単」には入手できないでしょう。でもそれだからと言って「入手できない資料」と決めつけるのはいかがなものか。こんなはっきりした資料を「入手できない」とされては、出典の出しようがありません。また、「多摩に暇人」さんは「反対派の意見に偏っている」とお書きですが、明らかな「賛成派」は宮司の家族だけなのです。賛成派の意見がないのです。今年9月4日に、「人数限定、質問は許さず」で、宮司親子の「説明会」がありました。反対派(と言えるほどの「組織」はまったくありませんが)の重鎮と町内会長が根回しをして準備を進めた説明会でした。その重鎮は、「宮司親子は皆の前に出てこないから、出て来るように慣れさせるための説明会をやらせた」と言っていたほどです。その説明会での宮司親子の話は、焦点のぼやけたもので、事業の根拠を訴えるようなものにはなっていませんでした。にもかかわらず、ウィキペディアの「成子天神社」項目では、9月4日の説明会での宮司親子の発言を、精一杯書き込んであります。出て来た「賛成派の意見」を目一杯紹介してあるのです。事情を知らずに、十分に読み込んでいない批判ですが、突っ張るわけにもいきません。放置します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 神社本庁 | トップ | 敗北しました »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2011-12-11 18:25:54
ウィキペディアの独自研究って「自分が聞いた」「自分が知ってる」は公平な情報ではないって意味なんですけど…

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事